航空機遅延保険とは?請求方法は?海外旅行・国内旅行時の補償内容は?

航空機遅延保険航空機遅延保険とは、飛行機の遅延や欠航による損害が補償される保険です。

また、航空機遅延保険は手荷物が届かなかった場合や紛失などでも補償を受けることができますので、航空機遅延保険は非常に便利で安心な保険です。

そこで、航空機遅延保険について、航空機遅延保険の請求の仕方や海外旅行・国内旅行時の補償内容についてまとめました。

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

航空機遅延保険とは?

航空機遅延保険とは?航空機遅延保険は、飛行機の遅延や欠航があった際に、余分にかかった宿泊代や食事代を補償する保険です。

航空機遅延保険は旅行に出発する前に保険会社で個別に契約することも可能ですが、航空機遅延保険はゴールドカードやプラチナカードといったステータス系のクレジットカードにも付帯されている保険となりますので、クレジットカードに入会することで航空機遅延保険を利用することができるようになります。

ただし、クレジットカードの航空機遅延保険は、補償内容や保険金額などはカードごとに異なりますので、航空機遅延保険を利用する際には補償内容を確認した上で利用することが重要です。

航空便遅延保険の補償内容は?

航空便遅延保険の補償内容は?航空便遅延保険の補償内容は、クレジットカードの種類ごとにそれぞれ異なりますが、おおむね2万円~4万円を限度に補償が受けられるようになります。

また、クレジットカードによっては、海外旅行時の航空便遅延保険も国内旅行時の航空便遅延保険も、どちらも自動的に付帯される自動付帯のクレジットカードもあれば、海外旅行時のみ自動付帯で国内旅行時は利用付帯というクレジットカードもあります。

ゴールドカードとプラチナカードでも航空便遅延保険の補償内容が異なる場合がありますので、保有しているクレジットカードでは、何がいくら補償されるのかを1度確認されることをおすすめします。

航空機遅延保険の補償例

JCBゴールドの航空機遅延保険

JCBゴールドは、海外旅行・国内旅行共に航空機遅延保険が付帯されているゴールドカードです。また、JCBゴールドの航空機遅延保険は、海外旅行も国内旅行もどちらも自動付帯の航空機遅延保険になります。

・海外航空機遅延保険

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円限度
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円限度

・国内航空機遅延保険

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円限度
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円限度
JCBプラチナの航空機遅延保険

JCBプラチナは、海外旅行・国内旅行共に航空機遅延保険が付帯されているプラチナカードです。また、JCBプラチナの航空機遅延保険は、海外旅行・国内旅行共に自動付帯の航空機遅延保険となります。

・海外航空機遅延保険

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円限度
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円限度

・国内航空機遅延保険

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円限度
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円限度
三井住友VISAゴールドカードの航空機遅延保険

三井住友VISAゴールドカードは、海外旅行・国内旅行共に航空機遅延保険が付帯されているゴールドカードです。また、三井住友VISAゴールドカードの航空機遅延保険は、海外旅行時が自動付帯、国内旅行時が利用付帯の航空機遅延保険になりますので、国内旅行に出掛ける際には事前に旅行代金を支払ってから出発されることをおすすめします。

・海外航空機遅延保険

乗継遅延費用2万円限度
出航遅延・欠航・搭乗不能費用1万円限度
手荷物遅延費用1万円限度
手荷物紛失費用2万円限度

・国内航空機遅延保険

乗継遅延費用2万円限度
出航遅延・欠航・搭乗不能費用1万円限度
手荷物遅延費用1万円限度
手荷物紛失費用2万円限度
Orico Card THE PLATINUMの航空機遅延保険

OricoCard THE PLATINUM(オリコカードザプラチナ)は、海外旅行・国内旅行共に航空機遅延保険が付帯されているプラチナカードです。また、Orico Card THE PLATINUMの航空機遅延保険は、海外旅行・国内旅行共に自動付帯で、家族特約も付帯されている航空機遅延保険となります。

・海外・国内航空機遅延保険

乗継遅延3万円
欠航・出航遅延・搭乗不能3万円
受託手荷物遅延3万円
受託手荷物紛失10万円

・航空機遅延保険の家族特約

乗継遅延3万円
欠航・出航遅延・搭乗不能3万円
受託手荷物遅延3万円
受託手荷物紛失10万円
dカード GOLDの航空機遅延保険

NTTドコモ dカード GOLDは、海外旅行・国内旅行共に航空機遅延保険が付帯されているゴールドカードです。また、dカード GOLDの航空機遅延保険は、海外旅行も国内旅行もどちらも自動付帯の航空機遅延保険になります。

・海外航空便遅延費用特約

乗継遅延による宿泊・食事費用2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円
出航遅延・欠航による食事費用1万円

・国内航空便遅延費用特約

乗継遅延による宿泊・食事費用2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円
出航遅延・欠航による食事費用1万円

航空機遅延保険の請求の仕方は?

航空機遅延保険の請求の仕方は?航空機遅延保険の請求の仕方は、クレジットカードによって若干異なりますが、必要書類として航空会社が発行した欠航証明書、又は遅延証明書、何にいくら使ったのかがわかる領収書や明細書が必要です。

また、航空機遅延保険の請求には搭乗券やパスポートのコピーも必要となりますので、事前に用意されることをおすすめします。

航空機遅延保険は、飛行機の遅延や欠航によって余分にかかった費用が補償される保険です。請求から1ヶ月程度で実費分を保険金として受け取ることができますので、忘れずに手続きを行うことが重要です。

航空機遅延保険は必要?

航空機遅延保険は必要?航空機遅延保険は、飛行機の遅延や欠航があった場合に食事代や宿泊費用を補償してもらえる保険です。

では、旅行に出発する際に航空機遅延保険は必要なのかとなりますが、何も補償がない場合と比較すると、航空機遅延保険が付帯されているほうが何倍も安心できます。

航空機遅延保険は万が一の場合に備えた保険ですから、旅行をするたびに毎回利用するというものではありません。しかし、飛行機はその日の気候に大きく影響を受けますので、仮に旅行中の時に台風や大雨、大雪などがあった場合には、予定通りに飛ぶことができず、飛行機の遅延や欠航が頻繁に起こります。

航空機遅延保険は1万円~2万円、あるいは2万円~4万円ほどの補償ではありますが、JCBゴールド三井住友VISAゴールドカードを保有していれば、どなたでも無料で利用することができますので、たとえ数万円でも補償が受けられるのは非常にお得です。

特に海外旅行では日本国内とは事情が違いますので、航空機遅延保険が付帯されているクレジットカードを持っていないと、かなり苦労をすることになります。旅行に出掛ける際には、航空機遅延保険が付帯されているゴールドカード以上のクレジットカードを取得してから出発されることをおすすめします。

JCBゴールドは最上級のステータスと充実した付帯サービス

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ