REX CARD(レックスカード)のポイント還元率は?

レックスカードREX CARD(レックスカード)は、カカクコムグループのクレジットカードです。カード発行元はJACCSとなります。

レックスカードの最大の特徴は、ポイント還元率が非常に高いという点です。通常クレジットカードのポイント還元率は、おおむね0.5%前後となりますので、クレジットカード10,000円の利用で50円分のポイントが付与されます。

しかし、REX CARD(レックスカード)は、ポイント還元率が1.75%となりますので、10,000円の利用で175円分のポイントが還元されるのです。

REX CARD(レックスカード)のポイント還元率

REX CARD(レックスカード)は、カカクコムグループとJACCSが提携して発行しているクレジットカードとなりますが、レックスカードの最大の特徴は、ポイント還元率が他のクレジットカードの約3倍となっている点です。

通常クレジットカードのポイント還元率は0.5%前後で、一般的にポイント還元率が高いとされるクレジットカードでも、還元率は1.0%前後となります。しかし、レックスカードのポイント還元率は1.75%ですから、日本国内で発行されているクレジットカードの中でも、かなりポイント還元率が高いクレジットカードなのです。

しかもレックスカードは、どのお店で使っても、どのネットショップを利用しても、ポイント還元率が1.75%となりますので、お店や店舗ごとに使い分ける必要がありません。クレジットカードを使うたびに、ポイントが1.75%で付与されますので、非常にお得なクレジットカードなのです。

REX CARDとREX CARD Liteの違い

REX CARD(レックスカード)は、どこのお店で使っても、ポイント還元率が1.75%のクレジットカードです。

ただし、年間の利用金額によっては年会費がかかりますので、1年間に利用する金額に応じて、REX CARD(レックスカード)とREX CARD Lite(レックスカード ライト)のどちらかを選ぶこととなります。

REX CARD(レックスカード)

ポイント還元率:1.75%
カード発行の初年度は年会費無料
翌年以降は、年会費2,500円+消費税がかかります。
※年間50万円以上のクレジットカード利用で年会費が無料になります。

REX CARD Lite(レックスカード ライト)

ポイント還元率:1.25%
初年度も翌年以降も年会費が無料です。

レックスカードには、通常の「レックスカード」と、年会費無料の「レックスカード ライト」の2つがありますが、レックスカードとライトの違いは、「ポイント還元率」「年会費」となります。また、レックスカードでは、旅行保険の代わりにショッピングプロテクションを選ぶことができます。

それ以外については同一となりますので、レックスカードとライトはどちらがお得なのか?については、1年間のクレジットカード利用金額によって異なるようになります。

REX CARD(レックスカード)を利用した場合

10万円の利用:1,750円-2,500円=-750円
20万円の利用:3,500円-2,500円=1,000円
30万円の利用:5,250円-2,500円=2,750円
40万円の利用:7,000円-2,500円=4,500円
50万円の利用:8,750円-0円=8,750円

REX CARD Lite(レックスカード ライト)を利用した場合

10万円の利用:1,250円
20万円の利用:2,500円
30万円の利用:3,750円
40万円の利用:5,000円
50万円の利用:6,250円

REX CARD(レックスカード)を利用する場合には、通常の買い物以外にも、毎月の光熱費や携帯電話の料金などをまとめて支払うことで、翌年以降も年会費を無料にすることができます。

クレジットカードのポイントは、カードの利用が多くなればなるほど得をするものとなりますので、ポイント還元率が高いクレジットカードのほうが、利用するメリットが大きくなるのです。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ