三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友カード デビュープラス三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)は、どちらも三井住友カードを代表するクレジットカードとなりますが、三井住友カード デビュープラスも三井住友カード(旧クラシックカード)も非常に人気の高いクレジットカードです。

また、三井住友カード デビュープラスはポイント還元率が非常に高く、三井住友カード(旧クラシックカード)は充実した旅行傷害保険やショッピング補償がありますので、年齢や属性に合わせて申し込みを行うことが重要です。

では、三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)の違いは何でしょうか。三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)は、どちらがおすすめのクレジットカードなのでしょうか。

18歳~25歳限定!いつでもポイント2倍の三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)の違いは?

三井住友カード デビュープラス三井住友カード(旧クラシックカード)は、どちらも三井住友カード(旧三井住友VISAカード)のクレジットカードではありますが、三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)は、申し込み条件やポイント還元率、優待特典などが大幅に異なるクレジットカードです。

申し込み条件の違い

三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)では、申し込み条件が異なります。特に三井住友カード デビュープラスは、新社会人や学生向けのクレジットカードということもあり、申し込み条件に年齢制限があります。

三井住友カード(旧クラシックカード)でも、18歳~19歳の未成年の方や大学生・専門学生といった学生の方でも、通常どおり申し込みを行うことができますが、三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳の方に特化したクレジットカードとなりますので、年齢条件を満たしている方は三井住友カード デビュープラスに申し込みされるほうが良いでしょう。

三井住友カード デビュープラスの年齢条件高校生を除く18歳~25歳の方
三井住友カード(旧クラシックカード)の年齢条件高校生を除く18歳以上の方

年会費の違い

三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)の年会費は、どちらも初年度の年会費が無料で、翌年以降は1,250円+消費税となります。ただし、三井住友カード デビュープラスも三井住友カード(旧クラシックカード)も、どちらも年会費を無料にすることができる条件がありますので、実質年会費無料で利用することができます。

三井住友カード デビュープラスの年会費オンライン入会で初年度の年会費無料、翌年以降は1,250円+消費税
三井住友カード(旧クラシックカード)の年会費オンライン入会で初年度の年会費無料、翌年以降は1,250円+消費税
(クラシックカードAは翌年以降の年会費が1,500円+消費税です)

年会費無料の条件の違い

三井住友カード デビュープラスも三井住友カード(旧クラシックカード)も、どちらのクレジットカードも条件を満たすことで年会費を無料にすることができます。年会費無料の条件も、それほど難しい条件ではありませんので、どなたでも実質年会費無料で利用することができるでしょう。

三井住友カード デビュープラスの年会費無料の条件1年間に1回以上のカード利用で翌年の年会費が無料
三井住友カード(旧クラシックカード)の年会費無料の条件マイ・ペイすリボに登録後、1年間に1回以上のリボ払い手数料の支払いで翌年の年会費が無料、又は1年間のカード利用が300万円以上の場合は翌年の年会費が無料(どちらかの条件を満たすと年会費が無料になります)

ポイント還元率の違い

三井住友カード デビュープラスのポイント還元は、いつでもポイント2倍(ポイント還元率1.0%)で、カード入会後の3ヶ月間はポイントが5倍(ポイント還元率2.5%)になるクレジットカードです。三井住友カード(旧クラシックカード)のポイントは200円に付き1ポイントとなりますので、基本となるポイント還元率は0.5%です。

三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)のポイント還元率は、三井住友カード デビュープラスのほうが圧倒的にお得なクレジットカードとなります。特に三井住友カード デビュープラスは、カード入会後の3ヶ月間はポイントが5倍ですから、かなりお得に活用することができるクレジットカードと言えるでしょう。

三井住友カード デビュープラスのポイント還元率通常時1.0%、入会後3ヶ月間2.5%
三井住友カード(旧クラシックカード)のポイント還元率0.5%~2.5%

旅行傷害保険の違い

三井住友カード(旧クラシックカード)の旅行傷害保険は、最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。また、三井住友カード Aでは、海外旅行傷害保険の他に国内旅行傷害保険も付帯されています。ただし、三井住友カード デビュープラスには旅行傷害保険は付帯されていません。

三井住友カード デビュープラス旅行傷害保険なし
三井住友カード(旧クラシックカード)最高2,000万円の海外旅行傷害保険
三井住友カード A(旧クラシックカード A)最高2,500万円の海外旅行・国内旅行傷害保険

三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード Aの違いは?

ショッピング補償の違い

クレジットカードで買い物をした際のショッピング補償は、三井住友カード デビュープラス・三井住友カード(旧クラシックカード)共に最高100万円の補償が付帯されています。ショッピング補償は、サービス内容も補償条件も全て同一となります。

三井住友カード デビュープラス最高100万円のショッピング補償
三井住友カード(旧クラシックカード)最高100万円のショッピング補償

三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)はどっちがおすすめ?

三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)はどちらがおすすめ?三井住友カード デビュープラスは、新社会人や学生向けのクレジットカードということもあり、年会費無料でポイント還元率も高く、非常にお得なクレジットカードです。

しかし、三井住友カード デビュープラスには旅行傷害保険が付帯されていませんので、旅行に出掛ける際には、個別に旅行傷害保険に加入することとなります。

三井住友カード(旧クラシックカード)は、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)の最もスタンダードなクレジットカードということもあり、非常にバランスの取れたクレジットカードです。特に三井住友カード Aは実質年会費無料で、海外旅行でも国内旅行でも、どちらも手厚い補償が受けられますので、かなりお得なクレジットカードと言えます。

しかし、三井住友カード(旧クラシックカード)のポイント還元率は、ごく一般的な銀行系クレジットカードと同程度となりますので、三井住友カード(旧クラシックカード)はポイントがどんどん貯まるクレジットカードではありません。

ポイント還元率なら三井住友カード デビュープラスがおすすめ!

三井住友カード デビュープラスと三井住友カード(旧クラシックカード)のどちらがおすすめなのかとなると、ポイントをどんどん貯めたいという方は三井住友カード デビュープラスがおすすめです。

三井住友カード デビュープラスは常にポイントが2倍で、カード入会後の3ヶ月間はポイントが5倍になるクレジットカードです。また、三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳の方だけが取得できるクレジットカードとなりますので、学生の方や新社会人の方に最適なクレジットカードと言えます。

旅行が好きなら三井住友カード Aがおすすめ!

旅行が好きという方は、旅行傷害保険が付帯されている三井住友カード(旧クラシックカード)がおすすめです。また、仕事で出張が多い方や年に1度でも旅行に出掛けるという方にも三井住友カード(旧クラシックカード)は最適です。

特に三井住友カード Aは、海外旅行も国内旅行も旅行傷害保険が付帯されていますので、旅行中の万が一の事故・病気でも安心なクレジットカードです。

三井住友カード デビュープラスはいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

三井住友カード デビュープラスはいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード10代~20代前半の方や初めてクレジットカードを作るという方は、三井住友カード デビュープラスがおすすめです。

三井住友カード デビュープラスは若者向けのクレジットカードということもあり、ポイント還元率が非常に高く設定されているクレジットカードです。そのため、年齢条件を満たすことができる方は、他のクレジットカードを取得するよりも三井住友カード デビュープラスに入会するほうがお得です。

三井住友カード(旧三井住友VISAカード)はセブンイレブンやローソン、ファミリーマートやマクドナルドを利用すると、ポイントが5倍になるクレジットカードです。ETCカードや電子マネーのiDを利用することもできますので、クレジットカードが欲しいという方は三井住友カード(旧三井住友VISAカード)がおすすめです。

三井住友カード(旧三井住友VISAカード)は安心・信頼の世界ブランド