JCB一般カードとJCB CARD Wの違いは?年会費やポイント・優待特典の違い

JCB一般カードとJCB CARD Wの違いは?年会費やポイント・優待特典の違いJCB一般カードとJCB CARD Wは、どちらのクレジットカードがお得なのか、どちらを取得すればいいのか迷われている方も多いのではないでしょうか。

JCB一般カードとJCB CARD Wはジェーシービーが発行しているJCBオリジナルシリーズのクレジットカードということもあり、JCB一般カードとJCB CARD Wはサービス内容や優待特典などが非常に似ているクレジットカードです。

また、JCB一般カードとJCB CARD Wはどちらも一般カードとなりますので、審査基準や審査の難易度についても同程度という点も共通しているクレジットカードです。

では、JCB一般カードとJCB CARD Wは何が違うのでしょうか。JCB一般カードとJCB CARD Wはどちらがお得なクレジットカードなのでしょうか。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

JCB一般カードとJCB CARD Wの違いは?

JCB一般カードとJCB CARD Wの違いは?JCB一般カードJCB CARD Wは、どちらもJCBオリジナルシリーズのクレジットカードということもあり、非常に似ているクレジットカードです。

そこで、JCB一般カードとJCB CARD Wの違いは、「年会費」「ポイント還元率」「旅行傷害保険」が大きく異なります。また、JCB一般カードは最短即日のカード発行が可能なクレジットカードとなりますが、JCB CARD Wは即日発行には対応していないクレジットカードです。

すぐにクレジットカードが欲しい、急ぎでクレジットカードを手に入れたいという方は、JCB一般カードがおすすめです。

年会費の違い

JCB CARD Wは本会員・家族会員共に年会費無料で利用できるクレジットカードですが、JCB一般カードは初年度の年会費が無料で、翌年以降は1,250円+消費税の年会費がかかるクレジットカードです。家族カードについても年会費として400円+消費税となります。

ただし、JCB一般カードは年会費を無料にすることができる条件がありますので、条件を満たすことで翌年以降の年会費を無料にすることができます。本会員の年会費が無料になった場合には家族カードの年会費も無料になります。

JCB一般カードの年会費はいくら?年会費を無料にする方法とは

カードデザインの違い

JCB一般カードはカード券面を「通常デザイン」「WEB限定デザイン」「ディズニー・デザイン」の3つから選ぶことができるクレジットカードです。

JCB CARD Wは、通常のJCB CARD Wのカード券面と女性向けのJCB CARD W plus Lのカード券面でそれぞれ異なりますが、カード券面は一種類のみとなりますので、JCB CARD Wはカード券面が自由に選べないクレジットカードです。

最短即日発行の違い

JCB一般カードは最短即日カード発行が可能なクレジットカードです。オンライン上で口座設定を行うことで、申し込みを行った当日にクレジットカードが発行されますので、早ければ翌日にはカードを受け取ることができます。

JCB CARD Wは即日発行には対応していませんので、通常発行として申し込みからカードの受け取りまでは1週間~10日間程度の時間が必要です。

申込基準や年齢条件の違い

JCB一般カードとJCB CARD Wは高校生を除く18歳以上の方を対象としたクレジットカードですが、JCB CARD Wは18歳~39歳までの方が対象となります。JCB一般カードは40歳以上の方でも申し込みが可能ですが、JCB CARD Wは40歳以上の方は取得することができないクレジットカードです。

ポイント還元率の違い

JCB一般カードは1ヶ月間の利用金額に対して1,000円ごとに1ポイントが付与されるクレジットカードです。JCB CARD Wは通常ポイントとは別でボーナスポイントとして常に+1倍となりますので、JCB CARD Wはいつでもポイントが2倍以上になるクレジットカードです。

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の違い

JCB一般カードは海外旅行・国内旅行共に最高3,000万円の旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。JCB CARD Wは海外旅行のみ最高2,000万円の旅行傷害保険が付帯されています。

QUICPayの種類の違い

JCB一般カードとJCB CARD Wは電子マネーのQUICPayを利用することができますが、JCB CARD WはクレジットカードとQUICPayが1つになった一体型は取得することができませんので、専用カードやQUICPayコインなどを利用することになります。JCB一般カードはクレジットカードとQUICPayの一体型を利用することが可能です。

JCB一般カードとJCB CARD Wはどっちがお得?

JCB一般カードとJCB CARD Wはどっちがお得?JCB一般カードJCB CARD Wは、年会費やポイント還元率を考えるとJCB CARD Wのほうがお得です。

JCB CARD Wは年会費無料で常にポイントが2倍以上になる非常にお得なクレジットカードです。JCBオリジナルシリーズのポイント優待を利用することもできますので、効率よくポイントを貯めたい、もっとお得に買い物をしたいという方はJCB CARD Wがおすすめです。

ただ、JCB CARD Wは39歳以下の方が対象となりますので、40歳以上の方はJCB CARD Wを取得することができません。最短即日のカード発行にも対応していませんので、すぐにクレジットカードが欲しいという方はJCB一般カードがおすすめです。

JCB一般カードのメリット

最短即日のカード発行が可能
    JCB一般カードは、最短即日でカードが発行される非常に便利なクレジットカードです。
    住んでいる地域にもよりますが、関東地方や関西地方、東北地方や近畿地方などの本州であれば、おおむね翌日にはカードが届きます。北海道や九州でも申し込みから翌々日にはカードを受け取ることができますので、JCB一般カードはかなり便利なクレジットカードです。
海外旅行も国内旅行も手厚い補償が受けられる
    JCB一般カードは海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されていますので、旅行中の万が一の事故・病気でも安心です。また、JCB一般カードは最高3,000万円の旅行傷害保険が付帯されていますので、非常に手厚い補償が受けられるクレジットカードです。

JCB CARD Wのメリット

ポイント還元率が高い
    JCB CARD Wは常にポイントが2倍になる非常にお得なクレジットカードです。また、JCB CARD Wは年会費が無料のクレジットカードとなりますので、年会費を気にすることなくポイントだけをどんどん貯めることができます。
クレジットカードも家族カードもETCカードも年会費無料
    JCB CARD Wは、クレジットカードの本会員はもちろん、家族会員もETCカードも全て年会費無料で取得できるクレジットカードです。発行手数料なども一切かかりませんので、JCB CARD Wは完全無料で利用することができます。

ポイント還元率で選ぶならJCB CARD Wがおすすめ!

ポイント還元率で選ぶならJCB CARD Wがおすすめ!JCB CARD Wは、他のクレジットカードの何倍もお得な高還元率のクレジットカードです。

通常、クレジットカードの還元率は0.5%前後となりますが、JCB CARD Wは常に1.0%のポイント還元率で、さらにキャンペーンやボーナスポイントを合算すると、還元率が2%~3%以上に大幅アップするクレジットカードです。しかも、JCB CARD Wは年会費が完全無料のクレジットカードとなりますので、ポイントだけを効率よく貯めることができます。

JCB CARD Wは18歳以上39歳以下の方を対象としたクレジットカードではありますが、年齢条件を満たしている方は、迷わずJCB CARD Wに入会されることをおすすめします。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

JCB CARD Wは年会費無料でいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ