アコムの返済方法は?35日ごと・毎月指定期日・口座振替の違いは?

アコムアコムの返済方法は、店頭窓口やアコムのATMで返済する方法の他に、インターネットを使ってネット上で返済するインターネット返済、コンビニやスーパーなどの提携ATMから入金する方法、アコム指定の銀行口座への振り込みや銀行口座からの自動引き落としによる返済を利用することができます。

また、アコムの返済期日は契約内容によって異なりますので、35日ごとの契約であれば借り入れから35日後が返済期日となり、毎月自動引き落としで支払いをしている方はアコムの口座振替日が返済期日となります。

そこで、アコムの返済方法について、アコムの支払い期日や返済期日についてまとめました。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムの返済方法は?

アコムの返済方法は、「店頭窓口」「アコムATM」「提携ATM」「インターネット返済」「指定口座への振り込み」「自動引き落とし」を利用することができます。

また、アコムは契約ごとに支払い期日が設定されますが、いつでも繰り上げ返済ができますので、希望する返済方法で支払い期日以外にも返済することが可能です。

店頭窓口の返済方法

店頭窓口の返済方法は、アコムの店頭窓口に直接支払いに行く方法です。アコムのカードローンを利用している方は、近所のアコムはもちろん、全国どこでも店頭窓口で返済をすることができます。ただ、アコムの店頭窓口は営業時間が平日9時30分~18時までとなりますので、早朝・深夜や土日・祝日はアコムの店頭窓口で返済をすることができません。

そのため、直接アコムの店舗で返済を希望する際には、店頭窓口の横にあるアコム専用のATMで返済をされることをおすすめします。アコム専用のATMであれば、年末年始を除く年中無休で店頭窓口の営業時間外でも通常どおり返済することができます。

アコムATMの返済方法

アコムATMの返済方法は、アコムの店舗に設置されているアコム専用のATMで返済する方法です。

アコムの店舗に設置している専用ATMは、おおむね8時~24時まで利用することが可能で、店舗によっては24時間営業のATMもありますので、非常に便利に活用することができます。また、アコムATMから返済すると手数料が一切かかりませんので、他の返済方法よりもお得です。

提携ATMの返済方法

提携ATMの返済方法は、アコムと提携している銀行や信用金庫、スーパーやコンビニなどから返済する方法です。提携ATMは、原則24時間いつでも利用することができますので、非常に便利な返済方法です。

ただし、提携ATMを利用する際には、1回の利用に付き1万円以下が108円、1万円超は216円の手数料がかかりますので、近くにアコムのATMがあるなら提携ATMを利用するのではなく、手数料無料のアコムのATMを利用されることをおすすめします。

インターネット返済

インターネット返済は、インターネットバンキングのペイジーを利用した返済方法です。インターネット返済は振り込み手数料が無料で、24時間いつでも返済をすることができますので、最もおすすめの返済方法となります。

ペイジーを利用するには、口座を開設している銀行や信用金庫で事前にインターネットバンキングを契約する必要はありますが、ペイジーは手数料無料でいつでも支払いをすることができますので、利用している銀行や信用金庫でインターネットバンキングをまだ契約していない方は、早めに申し込みされることをおすすめします。

指定口座への振り込み

指定口座への振り込みは、アコムが指定する銀行口座に直接振り込みを行う返済方法です。指定口座への振り込みは、通常の銀行振り込みによる返済方法となりますので、その都度、所定の手数料が必要となります。そのため、毎月の返済で銀行振り込みを希望する際には、インターネットバンキングを開設して、手数料無料のインターネット返済を活用されることをおすすめします。

自動引き落としの返済方法

自動引き落としの返済方法は、予め登録している銀行や信用金庫の口座から毎月自動で引き落としを行う返済方法です。自動引き落としによる返済方法は、手数料無料で利用することができますが、万が一、口座残高が不足した場合には、自動引き落としができずに支払いの遅れや延滞として処理されることとなります。

毎月の支払いに遅れや延滞があると、以降のクレジットカードやカードローンの利用が制限される可能性があります。また、支払いの遅れや延滞は個人信用情報機関にも記録されますので、何年にも渡ってネガティブな情報が登録され続けることになります。

引き落としに間に合わなかった!これだけはやってはいけないNG集

返済期日の35日ごと・毎月指定期日・口座振替の違いは?

アコムの返済期日は、「35日ごと」「毎月指定期日」「口座振替」の3つがあります。また、クレジットカードのACマスターカードの返済期日は、毎月20日が締日で、翌月7日から起算して35日が以降の返済期日となります。

35日ごとの返済期日とは?

35日ごとの返済期日とは、前回返済日の翌日から数えて35日目が返済期日となる契約です。また、返済をすると翌日から35日後が次回の返済となり、以降の返済期日も同様です。

クレジットカードの35日ごとの場合は?

クレジットカードのACマスターカードは、毎月20日が新規利用の締め切りとなり、翌月7日から起算して35日以内を第1回目として、以降は支払いをした日の翌日から起算して35日以内が返済期日です。また、毎月20日までのカード利用分を翌月6日までに支払うと、クレジットカードの1回払いとして処理されますので、手数料がかからずにクレジットカードを利用することができます。

毎月指定期日の返済期日とは?

毎月指定期日の返済期日とは、自分自身で毎月の支払い期日を決める契約方法です。

たとえば、25日を毎月指定期日に設定すると、毎月25日までに返済をすることになります。また、30日を毎月指定期日にした場合には、毎月30日までに返済をする流れです。毎月指定期日は、毎月決まった日に返済をする支払いサイクルとなりますので、毎月の給料日に合わせて日付を指定することができます。

口座振替の返済期日とは?

口座振替の返済期日とは、毎月銀行口座からの自動引き落としで返済する契約です。アコムの口座振替は、毎月20日が締日で翌月6日が引き落とし日となります。また、6日が金融機関の休業日となる場合は、翌営業日が引き落とし日です。

初めてアコムを利用するなら35日サイクルがおすすめ!

アコムの返済方法は、店頭窓口や専用ATM、提携ATMやインターネット返済、指定口座への振り込みや自動引き落としなど、様々な返済方法が用意されています。また、アコムの支払いサイクルは、35日ごと、毎月指定期日、口座振替の3つから選ぶことができます。

そこで、初めてアコムのカードローンを利用される際には、返済期日を「35日ごと」で契約されることをおすすめします。アコムの返済期日は、35日ごと、毎月指定期日、口座振替の3つから選択することができますが、現在アコムでは初めて利用される方向けに「30日間金利0円サービス」を行っています。

アコムの30日間金利0円サービスは、契約日の翌日から30日間の金利が0円になるお得なサービスですが、30日間金利0円サービスは「アコムの契約が初めての方」「返済期日を35日ごとで契約された方」が利用条件となりますので、支払いサイクルを毎月指定期日と口座振替で契約してしまうと、30日間金利0円サービスの適用外となるのです。

30日間の金利が0円になるということは、契約から30日後に全額を返済すれば、1円の利息もかからずにアコムのカードローンを利用することができるのです。融資金額にもよりますが、30日間の金利が0円になれば数千円~数万円を得することになりますので、初めてアコムを利用する際には、30日間金利0円サービスを活用するほうが断然お得なのです。

30日間金利0円サービスは、初めてアコムを利用される方だけに適用されるサービスとなりますので、アコムが初めてという方は、35日ごとのサイクルで契約されることをおすすめします。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ