アコムの審査は厳しい?アコムの審査基準・審査難易度・審査時間は?

アコムアコムは、最短即日でお金を借りることができる最大手のカードローンということもあり、アコムは土日・祝日でも平日と同じように借り入れをすることができる非常に便利なカードローンです。

また、アコムは即日振り込みが可能なカードローンとなりますので、忙しくて時間がないという方や急ぎで融資を受けたいという方でも、アコムなら安心して申し込みを行うことができるのです。

では、アコムの審査はどうなのでしょうか。アコムの審査基準や審査の難易度、アコムの審査に落ちる理由や審査にかかる時間についてまとめました。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムの審査は?

アコムは、直接現金でお金を借りることができるキャッシングサービスとなりますが、アコムはクレジットカードやショッピングローンのように一時的に商品代金を立て替えるサービスではありませんので、アコムの審査とローンの審査は異なるものとなります。

また、申し込み条件や融資条件も、アコムとクレジットカードは異なりますので、仮にクレジットカードやローンの審査に落ちたとしても、アコムの審査には通ったという事例が数多くあります。

そこで、アコムの申し込み条件は、「20歳以上」「何らかの仕事をしていること」「毎月安定した収入を得ていること」の3つが条件となります。アコムの審査は、「年齢」「仕事」「収入」の全ての条件を満たすことが重要となりますので、仮にどれか1つでも条件を満たせない場合には、アコムの審査に落ちてしまうことになります。

アコムの審査基準・審査の難易度は?

アコムの新規貸付率(成約率)アコムは、最大手のカードローンということもあり、他社のカードローンよりも新規貸付率(成約率)が非常に高いカードローンです。

そこで、各社が公開しているデータを確認すると、プロミスの成約率は42%前後、アイフルの成約率は45%前後ですが、アコムは48%~50%前後の成約率となりますので、申し込みから審査に通過した割合はアコムが最も高い数値となっています。

また、一般的に銀行系カードローンは20%~25%前後の成約率とされていますので、アコムの成約率と銀行系カードローンの成約率を比較すると、アコムのほうが銀行カードローンの2倍も審査に通過できているのです。

成約率が高いということは、それだけ多くの人が審査に通過できている証拠でもありますので、アコムは他のカードローンよりも融資が受けやすく利用しやすいカードローンと言えます。

逆に成約率が低いということは、審査基準や審査の難易度が高く、顧客を選ぶ傾向があるという意味になりますので、成約率が低いカードローンはごく限られた人だけが利用できるサービスとなるのです。特に銀行系カードローンは、属性が低い方が申し込みを行うとかなりの確率で審査に落ちてしまうことになりますので、アコムは非常におすすめのカードローンなのです。

アコムの審査時間・融資までの時間は?

アコムの審査時間や融資までにかかる時間は、最短では30分~1時間程度、遅くとも1時間~2時間ほどとなります。

アコムは、最短30分で審査結果を回答するカードローンとなりますので、申し込み後に何の連絡もなく何時間も待たされるということはありません。インターネット上から必要事項を入力して申し込みを行うと、数分~数十分ほどでアコムから申し込み内容についての確認で連絡があります。

申し込み内容の確認後、アコムから運転免許証や健康保険証といった身分証明書の提出を求められますので、アップロードやアプリ、FAXなどで身分証明書を提出します。

身分証明書の提出後、数分~数十分で審査結果が通知されますので、その場で現金の受け取りを希望する際には、近くの無人契約機のむじんくんで契約を行います。振り込みによる融資を希望する際には、会員ページにログインして振り込みによる借り入れを依頼することで、振り込みで現金を受け取ることが可能です。

アコムは、申し込みから借り入れまで非常にスピーディーなカードローンとなりますので、急な出費ですぐに現金が必要な場合でも、アコムなら安心して利用することができます。

アコムの審査に落ちる理由は?

アコムは、他のカードローンよりも新規貸付率(成約率)が高いカードローンということもあり、アコムは非常に利用しやすいカードローンです。

また、アコムは最短30分で審査回答を行っていますので、すぐに利用したい場合や短時間でまとまった金額が必要な場合でも安心して申し込みを行うことができます。

ただ、下記に該当する場合には、アコムの審査が非常に厳しくなります。

過去に支払いの遅れや延滞を繰り返していた場合

アコムは、審査通過率が最も高いカードローンではありますが、過去に支払いの遅れや延滞があった場合、あるいは今現在何らかの支払いが遅れている場合には、アコムの審査に通るのが難しくなります。

アコムは独自審査のカードローンとなりますが、他社のカードローンはもちろん、クレジットカードやローンで支払いの遅れや延滞があると、その後の借り入れがかなり厳しくなります。

また、携帯電話の分割払いを利用している方で、毎月の支払いが遅れている場合も、アコムのカードローンを利用することが困難となります。

携帯電話の分割払いは、住宅ローンや自動車ローン、家具・家電のショッピングローンを組んでいるのと同じ扱いとなりますので、携帯電話の分割払いで支払いが遅れると、その後、クレジットカードもカードローンも利用することができなくなる恐れがあるのです。

18歳~19歳の未成年者の場合

18歳~19歳の未成年の方は、アコムで融資を受けることはできません。これはアコムに限らず、他のカードローンでも同じですが、一般的に18歳~19歳の方は、まだ成人に達していない未成年の方となりますので、直接お金を借りることができるキャッシングは利用することができないのです。

また、18歳~19歳の未成年の方は、仕事をしている、仕事をしていないに関係なく、アコムを利用することはできませんので、未成年の方がカードローンを希望する際には、20歳になってから改めて検討することとなります。

学生は20歳以上でアルバイトをしていることが条件

大学生や専門学生、短大生といった学生の方は、20歳以上でアルバイトをしている方ならアコムを利用することが可能です。

アコムは、正社員なのか非正規社員なのか、あるいは契約社員なのか派遣社員なのかは、あまり重要視していません。そのため、仮にアルバイトだとしても、毎月安定した収入を得ている学生の方なら、通常どおりアコムを利用することができます。しかし、アルバイトを何もしていない学生の方は「無職」として認識されますので、アコムの審査に落ちてしまうことになります。

また、親からの仕送りや第3者からの援助は収入にはなりませんので、毎月の収入が親からの仕送りのみという学生の方も、アコムを利用することはできません。

身分証明書を持っていない場合

運転免許証や健康保険証といった身分証明書を何も持っていない場合にも、アコムを利用することができなくなります。

カードローンを利用する際には、第3者によるいたずらやなりすまし、不正利用などを防止するためにも、申し込み後に必ず本人確認がありますので、身分証明書を提出することができない場合にはアコムを利用することができないのです。

また、本人と連絡が取れない場合や確認ができない場合にも、アコムを利用することができなくなりますので、アコムを利用する際には事前に身分証明書を準備した上で申し込みされることをおすすめします。

仕事をしていない場合、収入がない場合

アコムは、何らかの仕事をしていること、毎月収入を得ていることが申し込みの条件となりますので、何も仕事をしていない場合や何も収入がない場合には、アコムを利用することはできません。

また、アコムは申し込みを行った本人と契約をすることとなりますので、配偶者や家族ではなく申込者が何らかの仕事をして収入を得ていることが重要です。そのため、主婦業に専念している専業主婦の方やアルバイトなどを何もしていない学生の方、転職活動中の方や仕事をしていない無職の方は、アコムのカードローンを利用することはできません。

ただし、自営業でも個人事業主でも、アルバイトでもパートでも、何らかの仕事をしている方はアコムを利用することができますので、毎月の収入が少ないから借りれるかどうか不安があるという方でも、アコムなら気軽に相談することができます。

アコムは最短30分の審査回答!急な出費でも安心のカードローン

アコムは、インターネットから申し込みを行うと、最短30分で審査結果を知ることができるカードローンです。また、アコムは即日振り込みも可能で、さらに無人契約機のむじんくんに来店することで、その場で契約をしてすぐに現金を受け取ることもできるカードローンなのです。

しかも、初めてアコムを利用する方なら、30日間金利0円サービスを活用することができますので、今日借り入れをして30日後に全額を返済すれば、1円の利息もかからずにカードローンを利用することができます。

アコムは新規貸付率(成約率)が高いカードローンですから、他のカードローンよりも利用しやすい非常に便利なカードローンです。急な出費で現金が必要な場合には、アコムが最もおすすめのカードローンと言えるでしょう。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ