カードローンの金利はいくら?金利の計算方法・金利の仕組みは?

カードローンの金利はいくら?金利の計算方法・金利の仕組みは?カードローンを利用する際には、必ず手数料として利息がかかります。金利とは、カードローンの利用時に手数料としていくらの利息を支払うのかを決める「実質年率」と呼ばれる数字です。

カードローンは、金利が高ければ手数料として支払う利息が多くなり、金利が低ければ手数料として支払う利息も少なくなりますので、カードローンの利用では金利の仕組みを理解することは非常に重要なのです。

そこで、カードローンの金利について、カードローンの金利の計算方法や金利の仕組みについてまとめました。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

カードローンの金利はいくら?金利の仕組みは?

カードローンの金利は、カードローンの種類ごとに銀行や信用金庫、金融会社が独自に定めています。

そのため、カードローンの種類によっては金利が高いカードローンもあれば、逆に金利が低いカードローンもあります。一般的に、カードローンは金利が低くなればなるほど、その分、審査が厳しくなる傾向がありますので、銀行系のカードローンは融資を受けにくく、審査に落ちてしまう可能性が高いカードローンとされています。

カードローンは利用期間に応じて金利が見直される

カードローンで適用される金利は、カードローンの利用期間に応じて金利の見直しが行われることがあります。

特に支払いの遅れや延滞がなく、カードローンを長く利用している場合には、その都度、利用限度額や金利が見直されますので、最初に契約した内容よりも好条件でカードローンを利用することができるようになります。

ただし、カードローンの金利は、出資法という法律で年20%までと決まっています。利息制限法でも上限金利は15%~20%までと定められていますので、上限を超える金利でお金を貸すことはできない仕組みです。仮に上限金利を超えて融資を行っている業者は、いわゆるヤミ金・違法業者となります。

利息制限法で定められた上限金利

10万円未満:年20%まで
10万円以上100万円未満:年18%まで
100万円以上:年15%まで

支払いに遅れると金利が高くなる!?

支払いに遅れると金利が高くなる!?カードローンの金利は、法律で定められた上限金利を超えない金利で設定されることになりますが、毎月の支払いに遅れた場合には、ペナルティとして損害遅延金(延滞利息)がかかります。

そのため、カードローンで支払いに遅れると、通常の金利よりも高い金利が適用されますので、さらに多くの利息を支払うことになります。

ただし、損害遅延金についても利息制限法で利率の1.46倍までと定められていますので、上限を超える金利が適用されることはありません。

支払いが遅れた場合の上限金利
    損害遅延金は金利の1.46倍までとなりますので、たとえば金利20%でカードローンを利用中に支払いが遅れた場合には、最大でも適用される金利は29.2%(20%×1.46)です。金利15%のカードローンなら最大21.9%まで、金利10%のカードローンなら最大14.6%までが延滞した場合の上限金利となります。
    ただ、実際に適用される金利はカードローンごとに異なりますので、カードローンの種類によっては上限金利のギリギリで損害遅延金が設定されているカードローンもあれば、上限金利よりも低く設定されているカードローンもあります。そのため、延滞時に実際に支払う利息は、カードローンの契約ごとにそれぞれ異なるようになります。

カードローンの利息の計算方法は?

カードローンの利息の計算方法は?カードローンで支払う利息の計算方法は、「借入金額×年率(金利)÷365日」で1日あたりの利息を計算することができます。

また、総額いくらの利息を支払うのかを計算する場合には、先ほどの計算式(借入金額×年率(金利)÷365日)に利用した日数をかけると、現在までの利息を計算することができます。

たとえば、金利18%のカードローンで10万円を借りた場合、支払利息の計算方法は「100,000×0.18÷365」となりますので、1日あたりの利息は49円です。30日後に元金を含めて全額を返済する場合の計算方法は、「借入金額×年率(金利)÷365日×30日(利用した日数)」となりますので、元金10万円にプラスして1,479円の利息を支払うこととなります。

利息の計算方法

1日あたりの利息を計算する場合:借入金額×年率(金利)÷365日
現在までの利息を計算する場合:借入金額×年率(金利)÷365日×利用日数

金利が低いカードローンは審査が厳しい

金利が低いカードローンは審査が厳しいカードローンの利息は、適用される金利に応じて増加しますので、金利が低ければ低いほど支払う利息も少なくなります。そのため、カードローンを選ぶ際には、出来る限り金利が低いカードローンを選ぶことが重要です。

しかし、金利が低いカードローンは、その分、審査が厳しくなりますので、どれだけ低金利のカードローンを希望しても、申込者の属性によってはカードローンの審査に通過することができずに、結局、カードローンを利用することができないこともあるのです。

そこで、最もおすすめのカードローンは、最短30分で審査回答のアコムになります。

アコムのカードローンは金利が3.0%~

アコムアコムは、最大手のカードローンということもあり、インターネット上から申し込みを行うと、最短30分で審査結果がわかる便利なカードローンです。

また、アコムは最短即日の振り込み融資も行っていますので、急な出費ですぐにお金が必要な場合にも非常におすすめのカードローンです。しかも、アコムの金利は3.0%~となりますので、アコムなら非常に低い金利でカードローンを利用することも可能なのです。

初めてアコムを利用する方なら30日間金利0円サービスを利用できますので、30日以内に全額を返済すると、1円の利息も支払わずにお金を借りることもできます。

アコムは1万円から融資を受けることができますので、ほんの少し足りないという方でも、まとまった金額が必要な方でも、アコムならどなたでも安心してカードローンを利用することができるのです。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

プロミスは平日14時までにWEB契約完了で当日の振り込みが可能!

三井住友VISAカード

WがWでポイント4倍キャンペーン

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ