カードローンの借り換えとは?借り換えのメリット・デメリットは?

カードローンの借り換えとは?借り換えのメリット・デメリットは?カードローンの借り換えとは、現在利用しているカードローンを金利の低い他のカードローンに切り替えることを言います。

カードローンは、利用するサービスや商品によって金利が異なりますので、金利の高いカードローンを利用するよりも、金利が低いカードローンで融資を受けるほうが、毎月の利息が少なくて済むのです。

利息が少ないということは、仮に毎月同じ金額を返済したとしても元金として返済する金額が多くなりますので、トータルの支払い金額や支払い回数を大幅に減らすことができるようになるのです。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは、金利の高いカードローンから金利の低いカードローンに切り替えて、毎月の返済を楽にする支払い方法です。

カードローンの金利は金融会社ごとにそれぞれ異なりますので、金利が高いカードローンもあれば、逆に金利が低いカードローンもあります。

そのため、金利が高いカードローンから金利が低いカードローンに借り換えることで、利息として支払う手数料を抑えることができるようになります。

利息が抑えられるということは、毎月の支払い金額が少なくなり、尚且つ今まで以上に元金を減らすこともできるようになりますので、カードローンの借り換えは非常に有効な方法なのです。

カードローン借り換えのメリットは?

カードローン借り換えのメリットは?カードローンの借り換えのメリットは、適用される金利を低くすることができることです。

カードローンには必ず利息がかかりますが、いくらの利息を支払うのかを決定するのが金利です。そのため、金利が低ければ低いほど支払う利息が少なくなりますので、同じ返済金額でも金利が低いほうが元金を早く減らすことができます。

また、適用される金利を引き下げることで、毎月の支払い金額も少なくすることができる場合があります。

たとえば、毎月1万円の返済を行っている方がカードローンの借り換えを行うことで、毎月の返済金額を6千円~8千円前後にすることができます。たとえば、毎月3万円を支払っている方なら、カードローンの借り換え後は毎月2万円~2万5千円前後の返済で済む可能性があります。

カードローン借り換えのメリット

適用される金利を引き下げることができる

カードローンの借り換えは、金利の高いカードローンから低いカードローンに切り替えることになりますので、借り換えを行うことで金利を大幅に引き下げることができます。

毎月支払う利息(手数料)が少なくなる

金利の低いカードローンに切り替えることで、毎月支払う利息が少なくなります。

元金を早く減らすことができる

利息の支払いが軽減されることで、元金を早く減らすことができます。さらに、元金を早く減らすことで、総支払回数(返済回数)を減らすこともできます。

総支払額を大幅に減らせる

金利が引き下げられると毎月支払う利息も少なくなりますので、完済までの総支払額を大幅に減らすことができます。

毎月の返済額を大幅に減らせる

支払う利息が少なくなることで、毎月の返済金額を大幅に減らすことができます。また、返済額を減らさずにその分を元金に充当して、さらに早く完済することも可能です。

カードローン借り換えの返済シュミレーション

カードローン借り換えの返済シュミレーション金利18%のカードローンで、10万円を借りて1年間(12ヶ月)で返済する計画だと、元金含め毎月9,168円の支払いとなり、1年間に支払う利息は10,016円、1年後の総支払額は110,016円です。

仮に借り換えを行って、金利が10%のカードローンで同じく1年間(12ヶ月)で返済すると、元金含め毎月8,792円の支払いとなり、1年間に支払う利息は5,499円、1年後の総支払額は105,499円となります。

さらに、金利5%のカードローンで借り換えを行うと、元金含め毎月8,561円の支払いとなり、1年間で支払う利息は2,729円、1年後の総支払額は102,729円にも引き下げることができます。

金利18%のカードローンで10万円を1年間借りた場合

元金利息総支払額
100,000円10,016円110,016円

返済回数返済額元金残高
1回目9,168円92,332円
2回目9,168円84,549円
3回目9,168円76,649円
4回目9,168円68,631円
5回目9,168円60,492円
6回目9,168円52,231円
7回目9,168円43,846円
8回目9,168円35,336円
9回目9,168円26,698円
10回目9,168円17,930円
11回目9,168円9,031円
12回目9,166円0円

金利10%のカードローンで10万円を1年間借りた場合

元金利息総支払額
100,000円5,499円105,499円

返済回数返済額元金残高
1回目8,792円92,041円
2回目8,792円84,016円
3回目8,792円75,924円
4回目8,792円67,765円
5回目8,792円59,538円
6回目8,792円51,242円
7回目8,792円42,877円
8回目8,792円34,442円
9回目8,792円25,937円
10回目8,792円17,361円
11回目8,792円8,714円
12回目8,787円0円

金利5%のカードローンで10万円を1年間借りた場合

元金利息総支払額
100,000円2,729円102,729円

返済回数返済額元金残高
1回目8,561円91,856円
2回目8,561円83,678円
3回目8,561円75,466円
4回目8,561円67,219円
5回目8,561円58,938円
6回目8,561円50,623円
7回目8,561円42,273円
8回目8,561円33,888円
9回目8,561円25,468円
10回目8,561円17,013円
11回目8,561円8,523円
12回目8,559円0円

カードローン借り換えのデメリットは?

カードローン借り換えのデメリットは?カードローンの借り換えは、高い金利から低い金利のカードローンに借り換えることになりますので、デメリットと呼べるようなものは特にありません。

仮に、金利が低いカードローンから金利が高いカードローンに逆に切り替えるなら、借り換えを行うことで金利が高くなりますので損をすることになります。

しかし、カードローンの借り換えは、1%でも2%でも金利が低いカードローンに切り替える方法となりますので、借り換えを行うことで損をするということは一切ありません。

ただし、カードローンには審査がありますので、審査に通らなければ借り換えを行うことはできません。また、カードローンは融資を受けられる金額の上限が年収の3分の1までと定められていますので、仮に借り換えを行う目的であっても、一時的にお金を借りるとしても、年収の3分の1を超える金額で融資を受けることはできないルールです。

カードローン借り換えのデメリット

審査に落ちると借り換えができない

カードローンは、借り換えを行う場合でも通常と同じように審査があります。そのため、カードローンの審査に落ちてしまうと、借り換えを行うことができなくなります。

また、審査に通過できたとしても、必ずしも希望した金額の融資が受けられるというわけではありません。融資金額は、申し込みを行った方の年収や属性によって大きく異なりますので、場合によっては融資可能額が、かなり少額の金額となるケースもあります。

ただ、最初は少ない金額の融資であっても、毎月遅れずに返済することで、より大きな金額での融資が可能になりますので、諦めずに支払い実績を高めていくことが重要です。

借り換え目的でも融資上限は年収の3分の1まで

カードローンの融資金額の上限は、総量規制によって年収の3分の1までと定められています。

これは、たとえ借り換えだとしても、年収の3分の1を超える融資を受けることはできませんので、既に他社のカードローンで年収の3分の1まで融資を受けている場合には、残高を減らしてから新たなカードローンに申し込みを行う流れとなります。

借り換えにおすすめのカードローンは?

アコムカードローンの借り換えなら、最大800万円までの融資が可能なアコムがおすすめです。

アコムは、契約極度額に応じて適用される金利が引き下げられますので、より大きな限度額で契約をすればするほどお得になるカードローンです。

また、初めてアコムで契約する方は30日間金利0円サービスを利用することができますので、30日以内に全額を返済すれば、1円の利息もかからずにカードローンを利用することができます。しかも、アコムは最短30分の審査回答を行っていますので、急ぎでお金が必要な場合でも、すぐに現金を手に入れることができるのです。

アコムは、最大手のカードローンとなりますので、どなたでも安心して申し込みを行うことができます。借り換えにも最適なカードローンならアコムがおすすめです。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

急ぎでも大丈夫!SMBCモビットのカードローンなら来店不要で融資が可能

三井住友VISAカード

WがWでポイント4倍キャンペーン

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ