セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの違いは?

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードクレディセゾンのアメリカン・エキスプレス・カードに申し込みをする際に、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのほうが良いのか、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのほうがお得なのか、どちらが良いのか悩んだことはないでしょうか。

実は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、非常に似ているクレジットカードとなりますので、結局どちらがお得なのか迷ってしまうという方が非常に多いのです。

そこで、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの違いについて、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、どちらがおすすめなのかをまとめました。
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの違いは?

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、どちらもクレディセゾンが発行しているセゾンカードのアメリカン・エキスプレス・カードとなります。

また、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、ポイント還元率が同一で、優待特典もほとんど同じ、さらに最短即日でクレジットカードを受け取ることができる点も同一となりますので、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはほぼ同一のクレジットカードです。※最短即日発行の場合はICチップ機能の無いカードとなります。

そこで、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードが大きく異なる点は、クレジットカードの年会費と、旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯サービスとなります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費:初年度の年会費が無料。翌年以降は1年間に1度でもクレジットカードを利用すれば年会費無料(実質年会費無料)
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費:3,000円+消費税

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのファミリーカードの年会費

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのファミリーカード:年会費無料
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのファミリーカード:1名に付き1,000円+消費税

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの旅行傷害保険

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード:国内旅行なし、海外旅行なし
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード:国内旅行・海外旅行共にあり

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険(本会員)

死亡・後遺障害:3,000万円
傷害治療:300万円
疾病治療:300万円
賠償責任:3,000万円
救援者治療:200万円
携行品損害:10万円

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの国内旅行傷害保険(本会員)

死亡・後遺障害:3,000万円
入院日額:5,000円
通院日額:3,000円

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険(ファミリー会員)

死亡・後遺障害:1,000万円
傷害治療:300万円
疾病治療:300万円
賠償責任:3,000万円
救援者治療:200万円
携行品損害:10万円

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの国内旅行傷害保険(ファミリー会員)

死亡・後遺障害:1,000万円
入院日額:5,000円
通院日額:3,000円

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのショッピング保険

年間上限額:100万円(自己負担:1事故10,000円)

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはどっちがおすすめ?

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費無料で取得することができるクレジットカードとなりますが、旅行傷害保険やショッピング保険などのサービスが付帯されていないクレジットカードです。

逆に、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードでは、国内旅行も海外旅行も、どちらも最高3,000万円の旅行傷害保険が付帯されています。また、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはショッピング保険も付帯されていますので、万が一の時でも安心して旅行やショッピングを楽しむことができます。

ただ、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、本会員も家族会員も、どちらも年会費がかかるクレジットカードとなります。

そこで、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、どちらがおすすめなのかとなれば、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのほうが何倍もお得です。

現在は、年会費無料のクレジットカード、あるいは条件付き年会費無料のクレジットカードで、旅行傷害保険やショッピング補償などの付帯サービスが非常に充実しているクレジットカードがあります。

たとえば、三井住友VISAクラシックカードAは、最高2,500万円の海外旅行傷害保険、最高2,000万円の国内旅行傷害保険や年間100万円のショッピング補償が付帯されています。しかも、クラシックカードAは初年度の年会費が無料で、翌年以降についてもマイ・ペイすリボに登録をして、1年間に1度でもクレジットカードで買い物をすれば、年会費が無料になるクレジットカードです。

これはJCB一般カードも同じで、JCB一般カードは実質年会費無料で、国内旅行・海外旅行共に最高3,000万円の旅行傷害保険や100万円のショッピング補償が付帯されています。

そのため、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費として毎年3,000円+消費税を支払い、旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯サービスを利用するなら、年会費無料のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを取得し、2枚目のクレジットカードとして付帯サービスが充実している三井住友VISAカードやJCBカードを取得するほうがお得なのです。

三井住友VISAクラシックカードAJCB一般カードのように、年会費が無料のクレジットカードで、尚且つ優待特典や付帯サービスが充実しているクレジットカードを上手に活用することが重要なのです。
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ