クレジットヒストリーとは?クレジットヒストリーの作り方

クレジットヒストリーとは?クレジットヒストリーの作り方クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴(返済状況)を言います。

私たちが普段利用しているクレジットカードの履歴は、全て個人信用情報機関に記録され、各カード会社はそれらの情報を照会・閲覧することができるようになっています。

そのため、各カード会社はクレジットカードの申し込みがあると、申込者の利用状況を確認するため、個人信用情報機関に照会し、申込者が何枚カードを持っているのか、どのクレジットカードを使っているのか、利用限度額はいくらなのか、毎月の支払い状況はどうなのか、などを事細かに確認します。

その上で、特に問題がなければ、クレジットカードを発行することとなります。

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴を指しますが、クレジットヒストリーが良好であれば、欲しいクレジットカードが手に入るようになり、さらに条件の良いローンを組むことができるようになります。

カード会社が1番危惧することは「貸し倒れリスク」となりますので、貸し倒れリスクが低いと判断されればカードが発行され、さらに利用限度額も大きくなります。逆に、貸し倒れリスクが高いと判断されれば、カード発行が見送られることになります。

しかも、貸し倒れリスクが低いということは確実に返済されるという意味ですから、リボ払いや分割払い、キャッシング枠などの金利を引き下げることができるようになります。しかし逆に、貸し倒れリスクが高いケースでは、その後の返済がどうなるかわからないわけですから、高い金利で貸し付けを行い、出来る限り早急に代金を回収しようと考えます。

そこで、クレジットカードに申し込みを行った際に、カードが発行されるかどうかは、年齢や職業、収入面などももちろん関係しますが、それ以上に他社の利用状況(クレジットヒストリー)がどのようになっているのかが重要なポイントになります。

クレジットヒストリーで見られる箇所は?

クレジットカードの新規申し込みや増枠申請を行うと、各カード会社は個人信用情報機関に照会し、申込者のクレジットヒストリーを確認します。個人信用情報機関には、名前や生年月日、住所や電話番号、勤務先や勤務先の電話番号など、様々な情報が記録されています。

個人信用情報機関に登録されている主な情報

氏名
生年月日
電話番号
住所
勤務先
勤務先電話番号
契約内容(契約種類)
契約年月日
支払回数
ショッピング利用限度額
キャッシング利用限度額
請求額、及び入金額
ショッピング残額
キャッシング残額
返済状況
など

これらの情報の中で、特に時間をかけて確認される項目は、「返済状況」「残額」です。特に返済状況については、毎月延滞を繰り返しているような状態では、クレジットカードの審査に通るのが非常に難しくなります。さらに、3ヶ月以上の延滞があると「異動」となり、いわゆる金融事故扱いとなるのです。

逆に、毎月きちんと支払いをしているというケースでは、延滞なく支払っている記録が残りますので、「支払期日を守る人」と判断され、その後のカード審査が有利になります。

クレジットヒストリーの作り方とは?

クレジットヒストリーの作り方の基本は、毎月の返済を遅れずに行うことが最も重要です。返済の遅れは、カード会社が1番嫌うものであり、さらに自分自身の信用を著しく低下させる行為となります。

誤解をされている方も多いのですが、クレジットカードの支払いは、1日でも遅れれば延滞と認識されます。「ちょっと遅れたけど支払ったから問題ないだろう」「次の引き落としで支払ったから大丈夫」は通用しないということです。また、通常の引き落としに間に合わなかった時に、1週間~10日後に再度引き落としを行う場合もありますが、これも支払いが遅れたという事実に変わりはありません。

クレジットカードの支払いは、決められた日に、決められた金額を支払うことが大前提です。たとえどういった事情があっても、支払期日が守られなかったと認識されますので、毎月の支払いは絶対に遅れてはならないのです。

ただ、これまでに1度も支払いで遅れたことがないのに、なかなか利用限度額がアップしないという場合には、クレジットカードの利用頻度が少ないことが考えられます。

たとえば、支払いの遅れはないが、数ヶ月に1度しかクレジットカードを使っていないというケースでは、カード会社からすると、あまり良いお客様ではないのです。もちろん、個人信用情報機関には、遅れずに支払いをしている記録が残りますが、数ヶ月に1度の利用では、クレジットヒストリーを作ることはできません。

クレジットカードの仕組みは、カード会員がクレジットカードを使用することで、加盟店がカード会社に手数料を支払う仕組みです。そのため、たとえ1回払いだとしても、利用回数・利用金額が多くなれば、その分、カード会社が受け取る手数料も増加していくこととなります。特に年会費無料のクレジットカードは、全く利用してもらえないとなれば完全な赤字となりますので、その後のカード更新が見送られることもあるのです。

クレジットヒストリーは、支払いの遅れがないのはもちろんですが、クレジットカードの利用頻度も重要なのです。

クレジットヒストリーで最初の1枚目を取得するには?

そもそもクレジットカードを持っていない方、あるいは、何らかの理由によりクレジットカードを作っていない方は、まずは最初の1枚目となるクレジットカードを作ることが重要です。

特に、30歳以上で今までにクレジットカードを作ったことがない方、何かしらの事情により個人信用情報機関の記録が真っ白な方は、最初の1枚目の取得が最も困難になります。

そこで、現在クレジットカードを1枚も持っていないという方で、クレジットヒストリーを作りたいという場合には、ACマスターカードに入会されることをおすすめします。

ACマスターカードは、大手金融会社のアコムが発行しているクレジットカードとなりますが、ACマスターカードは消費者金融系のクレジットカードですから、なかなかカードが作れない、審査に通らないという方でも、ACマスターカードなら作れる可能性があります。そのため、まずはACマスターカードを取得し、通常どおり利用することで、クレジットヒストリーを作ることができるようになるのです。

ACマスターカードは、年会費無料で最短即日のカード発行が可能なクレジットカードですから、急ぎでクレジットカードが欲しいという方にも最適です。

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ