JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEを比較・ゴールドカードの違い

JCBゴールドJCBゴールドとJCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)は、ジェーシービーが発行しているJCB ORIGINAL SERIESのプロパーゴールドカードです。

ジェーシービーのゴールドカードは、JCBゴールドもJCB GOLD EXTAGEも、どちらも20歳以上の方を対象としたゴールドカードとなりますので、特に20代の方がゴールドカードに申し込みをする際に、JCBゴールドのほうが良いのか、それともJCB GOLD EXTAGEのほうが良いのかと、迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)の比較について、JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEの違いについて、それぞれの年会費や付帯内容についてまとめました。

JCBゴールドは最上級のステータスと充実した付帯サービス

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEの違いは?

JCBゴールドJCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)は、どちらもジェーシービーが直接発行しているプロパーのゴールドカードですが、JCBゴールドもJCB GOLD EXTAGEも、どちらも20歳以上で本人に安定収入がある方なら、どなたでも申し込みをすることができるゴールドカードです。

そこで、JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEの最も大きな違いは、JCBゴールドは20歳以上の社会人の方を対象としていますが、JCB GOLD EXTAGEは20歳以上29歳以下の方限定のゴールドカードです。そのため、JCB GOLD EXTAGEは30歳以上の方は取得することができないゴールドカードとなります。

また、JCB GOLD EXTAGEは、若者向けのヤングゴールドカードということもあり、2年目以降の年会費やポイント還元率が優遇されているゴールドカードです。しかし、JCBゴールドは会員専用デスクや最高1億円の海外旅行傷害保険、提携医療機関が優待料金で利用できる人間ドックサービスなど、JCBゴールドは非常に充実したサービスを受けることができます。

2年目以降の年会費の違い

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEは、オンラインで申し込みをした場合には、初年度の年会費が無料のゴールドカードです。2年目以降の年会費は、JCBゴールドが10,000円+消費税、JCB GOLD EXTAGEが3,000円+消費税となります。そのため、年会費だけを見ると、JCB GOLD EXTAGEのほうが非常にお得なゴールドカードと言えます。

※JCBゴールドの年会費
クレジットカード本会員:初年度年会費無料、翌年以降は10,000円+消費税
家族カード(1人目):年会費無料
※家族カードの2人目からは1名に付き1,000円+消費税がかかります。

※JCB GOLD EXTAGEの年会費
クレジットカード本会員:初年度年会費無料、翌年以降は3,000円+消費税
家族カード(1人目):年会費無料
※家族カードの2人目からは1名に付き1,000円+消費税がかかります。

ポイント還元率の違い

ジェーシービーが発行しているJCBオリジナルシリーズのOki Dokiポイントは、1,000円に付き1ポイント(1ポイントあたり5円相当)が付与されるポイントサービスです。

そこで、JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEのポイントは、基本となるポイント還元率は同じで、海外利用でポイント2倍の優待やJCB ORIGINAL SERIESパートナーのポイント優待も同一となります。

ただ、JCB GOLD EXTAGEは、カード入会後の3ヶ月間はポイント3倍、4ヶ月目以降はポイントが1.5倍になるポイント優待があります。JCBゴールドには、ポイント倍率がアップするポイント優待はありませんので、ポイント還元率についてはJCB GOLD EXTAGEのほうがお得です。

※JCB GOLD EXTAGEのポイント優待
カード入会後、3ヶ月間はポイント3倍、4ヶ月目以降はポイント1.5倍
(その他のポイント優待は共通)

カード付帯保険の違い

JCBゴールドもJCB GOLD EXTAGEも旅行傷害保険が付帯されていますが、JCBゴールドの旅行傷害保険は、海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5000万円となります。

また、JCBゴールドの旅行傷害保険は、自動的に付帯される自動付帯の旅行傷害保険です。その他にも、旅行傷害保険の家族特約や最高500万円のショッピングガード保険、海外・国内航空機遅延保険が付帯されていますので、JCBゴールドは非常に充実した補償が受けられるゴールドカードです。

JCB GOLD EXTAGEの旅行傷害保険は、海外旅行・国内旅行共に最高5000万円の旅行傷害保険が付帯されています。ただ、JCB GOLD EXTAGEの旅行傷害保険は、事前に旅行代金を支払うことで付帯される利用付帯の旅行傷害保険となります。JCB GOLD EXTAGEは航空機遅延保険がなく、さらにショッピングガード保険も最高200万円です。

そのため、万が一の補償という点では、JCBゴールドのほうが何倍も充実しているゴールドカードと言えます。

※JCBゴールドの旅行傷害保険
・JCBゴールドの海外旅行傷害保険(自動付帯)
死亡・後遺障害:最高1億円
※死亡・後遺障害の利用付帯分:5,000万円
※死亡・後遺障害の自動付帯分:5,000万円
傷害治療費用:300万円
疾病治療費用:300万円
賠償責任:1億円
携行品損害:50万円
救援者費用:400万円
※死亡・後遺障害は、JCBゴールドで旅行代金を支払った場合と支払わなかった場合で最高補償額が異なります。それ以外の補償は、カードの利用有無に関わらず、上記内容が自動的に補償されます。

・家族特約(海外旅行の場合)
死亡・後遺障害:最高1,000万円
傷害治療費用:200万円
疾病治療費用:200万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:50万円
救援者費用:200万円

・海外航空機遅延保険
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代):2万円限度
出航遅延費用等保険金(食事代):2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等):2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等):4万円限度

・JCBゴールドの国内旅行傷害保険
死亡・後遺障害:最高5,000万円
入院日額:5,000円
手術保険金:入院日額×倍率(10倍~20倍、又は40倍)
通院日額:2,000円

・国内航空機遅延保険
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代):2万円限度
出航遅延費用等保険金(食事代):2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等):2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等):4万円限度

・ショッピングガード保険(海外・国内)
年間補償限度額:500万円(自己負担:1事故3,000円)

※JCB GOLD EXTAGEの旅行傷害保険
・JCB GOLD EXTAGEの海外旅行傷害保険(利用付帯)
死亡・後遺障害:最高5,000万円
傷害治療:1回の事故につき200万円限度
疾病治療:1回の病気につき200万円限度
賠償責任:1回の事故につき3,000万円限度
携行品損害:1旅行中50万円限度
救援者治療:200万円限度

・JCB GOLD EXTAGEの国内旅行傷害保険(利用付帯)
死亡・後遺障害:最高5,000万円
入院日額:5,000円
手術:入院日額×倍率(10倍~20倍、又は40倍)
通院日額:2,000円

・ショッピングガード保険(海外・国内)
年間補償限度額:200万円(自己負担:1事故3,000円)

健康サービスの違い

JCBゴールドは、人間ドックサービスやドクターダイレクト24(国内)、健康チェックサービスの3つを利用することができますが、JCB GOLD EXTAGEはドクターダイレクト24(国内)と健康チェックサービスの2つとなります。

トラベル優待の違い

JCBゴールドやJCB GOLD EXTAGEには、空港ラウンジサービスや手荷物無料宅配券(片道)サービス、JCBトラベルのポイント優待といった旅行に関する様々なサービスが用意されています。

しかし、JCBゴールドには、海外ホテルオンライン予約でポイント12倍、JCBオリジナルガイドブックの京爛漫がありますが、JCB GOLD EXTAGEにはありません。そのため、普段から海外旅行をされる方は、JCB GOLD EXTAGEよりもJCBゴールドを利用するほうがお得です。

グルメ優待サービスの違い

JCBゴールドは、グルメ優待サービスとして全国の対象店舗の飲食代金が割引になる特典があります。しかし、JCB GOLD EXTAGEにはグルメ優待サービスがありませんので、外食をする際にはJCBゴールドのほうがお得です。

ゴルフサービスの違い

JCBゴールドは、会員限定の優待プランや全国約1200ヵ所のゴルフ場の手配ができるゴルフサービスがありますが、JCB GOLD EXTAGEにはゴルフサービスがありません。

ゴールドフラワーサービス

通常価格の5%割引や電話で指定先にお花を届けることができるゴールドフラワーサービスも、JCBゴールドは利用することができますが、JCB GOLD EXTAGEは利用することができません。

チケットサービスの違い

JCBゴールドは、演劇やコンサート、歌舞伎などの良席保証・先行販売といったチケットサービスを利用することができますが、JCB GOLD EXTAGEは対象外です。

その他の違い

その他、JCBゴールドは、会員情報誌「THE GOLD」の送付やJCB暮らしのお金相談ダイヤルを利用することができます。

JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEはどっちがお得?

JCBゴールドJCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)は、どちらもジェーシービーが発行しているゴールドカードですが、JCB GOLD EXTAGEは20代専用のヤングゴールドカードということもあり、格安な年会費でポイント還元率が非常に高くなっています。

そのため、JCB GOLD EXTAGEは、ポイントをどんどん貯めたいという方やお得にゴールドカードを利用したいという方向けのゴールドカードと言えます。

逆に、JCBゴールドは手厚い補償を受けたいという方や万が一のために備えたいという方向けのゴールドカードになります。特にJCBゴールドは、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が充実しているゴールドカードです。JCBゴールドなら、家族特約や航空機遅延保険なども付帯されていますので、万が一の時でも安心です。

また、JCBゴールドは、グルメ優待サービスやゴルフ関連のサービス、健康サービスやチケットサービスなども充実していますので、JCBゴールドは30代~40代、あるいは40代~50代の方向けのゴールドカードと言えるでしょう。

そこで、JCBゴールドとJCB GOLD EXTAGEでは、どちらがお得なのかについては、格安な年会費でポイントを効率よく貯めたいという方にはJCB GOLD EXTAGEのほうが断然お得です。JCB GOLD EXTAGEは、ポイント優待が非常に充実していますので、JCBゴールドよりもポイントを貯めやすいゴールドカードとなります。

万が一の補償を手厚くしたいという方には、JCBゴールドがおすすめです。JCBゴールドは、最高1億円の旅行傷害保険や家族特約が付帯されていますので、ゴールドカードとして最高レベルの補償を受けることができます。その他にも、JCBゴールドは健康サービスやグルメサービスなどもありますので、JCBゴールドは家族で外食や旅行をすることが多い方にもおすすめです。

JCBザ・クラスを出来るだけ早く取得したいという方は、JCBゴールドに申し込みするほうが良いでしょう。JCB GOLD EXTAGEは、5年後にJCBゴールドへの切り替えがありますので、最初からJCBゴールドに入会するほうが、JCBザ・クラスの取得までが早くなります。

JCBザ・クラスは、JCBゴールドを利用している方だけが取得できるジェーシービーのブラックカードですから、最短でJCBザ・クラスを取得したいという方は、JCBゴールドに入会することが重要なのです。

JCBゴールドは最上級のステータスと充実した付帯サービス

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ