UCSゴールドカードの海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険は?

UCSゴールドカードUCSゴールドカードは、株式会社UCSが発行しているワンランク上のゴールドカードとなりますが、UCSゴールドカードはポイント優待や割引特典が非常に充実しているゴールドカードです。

また、UCSゴールドカードは、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の他にも、空港ラウンジサービスやUCSロードサービス24など、ゴールドカードとしての特典も数多く用意されているお得なクレジットカードなのです。

そこで、UCSゴールドカードの海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険について、UCSゴールドカードのショッピング安心保険についてまとめました。

UCSゴールドカードはアピタ・ピアゴで5%OFF!さらにUポイント2倍デー

UCSゴールドカード旅行傷害保険は?

UCSゴールドカードは、UCSのゴールドカードということもあり、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。また、UCSゴールドカードの旅行傷害保険は、海外旅行傷害保険が自動付帯、国内旅行傷害保険が利用付帯の旅行傷害保険となります。

UCSゴールドカードの海外旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害:5,000万円
傷害治療費用:200万円
疾病治療費用:200万円
賠償責任(自己負担額1千円):2,000万円
携行品(自己負担額3千円):50万円
救援者費用:200万円
※UCSゴールドカードの海外旅行傷害保険は自動付帯です。

UCSゴールドカードの国内旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害:1,000万円
ケガによる入院日額:3,000円
ケガによる通院日額:2,000円
※UCSゴールドカードの国内旅行傷害保険は利用付帯です。

UCSゴールドカードのショッピング安心保険

ショッピング安心保険(自己負担額3千円):1品1事故最高100万円

UCSゴールドカードの旅行傷害保険の付帯条件は?

UCSゴールドカードは、海外旅行でも国内旅行でも、どちらにも旅行傷害保険が付帯されていますが、UCSゴールドカードの国内旅行傷害保険は、利用付帯の旅行傷害保険となりますので、事前に旅行代金を支払うことで旅行傷害保険が付帯されます。

旅行傷害保険の利用付帯とは、旅行に出発する前にクレジットカードで旅行代金を支払うことで、設定された旅行傷害保険が利用できるようになる仕組みです。

逆に、事前に旅行代金を支払わなかった場合には、クレジットカードにどれだけ高額な旅行傷害保険が付帯されていても、旅行傷害保険を利用することができなくなりますので、クレジットカードの旅行傷害保険が利用付帯の場合には、必ず出発前に旅行代金をクレジットカードで支払うことが重要です。

UCSゴールドカードは格安な年会費で手厚い補償が受けられる!

UCSゴールドカードは、非常に格安な年会費で利用することができるお得なゴールドカードです。また、UCSゴールドカードは、年間100万円以上のカード利用で3,000円分のギフト券が必ずもらえますので、UCSゴールドカードは実質240円で利用することができるのです。

しかも、UCSゴールドカードはポイント還元率が非常に高いクレジットカードですから、普通に利用するだけで年会費の何倍ものポイントを獲得することができます。

UCSゴールドカードの旅行傷害保険についても、最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯となりますので、UCSゴールドカードは格安な年会費にも関わらず、手厚い補償が受けられるお得なクレジットカードです。もっとお得にクレジットカードを活用したいという方は、UCSゴールドカードがおすすめです。

UCSゴールドカードはアピタ・ピアゴで5%OFF!さらにUポイント2倍デー

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ