アコムは外国人でも外国籍でも借りれる?必要書類や用意するものは?

アコム外国人の方で、アコムのカードローンを検討されている方も多いのではないでしょうか。

アコムは、全国に窓口店舗やATMが数多くある最大手のカードローンということもあり、アコムは申し込みから最大30分で審査回答、さらに即日振り込みも可能なカードローンです。

また、初めてアコムを利用する方は、30日間金利0円サービスを利用することができますので、他のカードローンで融資を受けるよりもアコムで契約するほうが何倍もお得なのです。

では、アコムは外国人や外国籍の方でも借りれるのでしょうか。外国の方がアコムを利用する場合は、必要書類として何を用意すれば良いのでしょうか。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムは外国人でも外国籍でも借りれる?

アコムは最大手のカードローンということもあり、条件を満たすことで外国人の方でも外国籍の方でも、通常どおりアコムで借り入れをすることができます。

そこで、外国人の方がアコムで融資を受ける際の条件は、20歳以上であること、本人確認ができること、何らかの仕事をしていること(毎月安定した収入を得ていること)が条件です。また、在留カード・特別永住者証明書(外国人登録証明書)も必要となります。

特に外国人の方は、お金を借りた後に返済をせず本国へ帰ってしまうリスクがありますので、アコムの審査に通過するためにも永住権を持っているかどうかが重要です。逆に、旅行者のように短期滞在の観光ビザとなると、融資を受けることができなくなります。就労ビザも同じで、その後の貸し倒れリスクが高くなりますので、原則としてお金を借りることはできません。

アコムに限らず、外国人の方が金融会社でお金を借りるには永住権を持っているかどうかが重要なポイントとなりますので、永住権を持っていない外国人の方がお金を借りることは非常に困難なのです。

コミュニケーションが取れるかどうかも重要

外国人の方がアコムで融資を受けるには、きちんと日本語でコミュニケーションが取れることも重要です。逆に、片言の日本語で会話が成立しない方は、契約内容を理解することが困難と判断されますので、融資を断られることになります。

また、日本語の読み書きができないと、契約書の内容を把握することができなくなりますので、「日本語でコミュニケーションが取れること」「日本語の読み書きができること」は、最低限必要な条件なのです。

外国人がアコムに申し込む時の必要な書類は?

外国人の方や外国籍の方がアコムに申し込みをする際には、本人確認書類として運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人であることを確認できる書類が必要となります。

また、外国人の方は在留カード・特別永住者証明書(外国人登録証明書)も必要です。その他、収入を証明する書類として、給料明細書や源泉徴収票、市民税・県民税額決定通知書や所得証明書が必要になることもあります。

外国人の方がお金を借りる場合には、日本人がお金を借りるよりも用意する書類が多くなりますので、アコムに申し込みを行う際には、事前に提出する書類を確認されることをおすすめします。

外国人がお金を借りるには在留カード・特別永住者証明書が必要

外国人・外国籍の方がアコムに申し込みを行う場合は、身分証明書や収入証明書の他に在留カード・特別永住者証明書(外国人登録証明書)が必要です。

特に外国人の方への融資は、支払いをせずに本国に帰ってしまうリスクがありますので、今後も日本国内で生活をして返済を続けていくことを証明する必要があるのです。

また、1つの会社で長く勤めていることも重要なポイントです。勤続年数が長いということは、今後も引き続き同じ会社で仕事をすることが予想されますので、融資後に仕事を失うリスクや転職して収入が下がるリスクが少ないと認識されます。逆に、転職回数が多い場合やすぐに仕事を辞めてしまう場合には、金融会社からお金を借りることが難しくなります。

アコムは、外国人の方や外国籍の方でも条件を満たすことで、通常どおり融資を受けることができるカードローンです。しかも、アコムは最短30分で審査回答のカードローンとなりますので、急ぎでお金が必要な場合でも安心して利用することができます。

あと少しお金が足りないという方、すぐにお金を用意しなければならないという方には、アコムのカードローンがおすすめです。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ