三井住友VISAクラシックカード

三井住友カード(旧クラシックカード)三井住友カードには、最もスタンダードな三井住友カード(旧クラシックカード)と女性向けの三井住友カード アミティエがあります。

どちらも実質年会費無料で旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードということもあり、クラシックカードと三井住友カード アミティエは非常に似ているクレジットカードです。

では、三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエの違いは何でしょうか。三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエは、どちらがお得なのでしょうか。

三井住友カード(旧三井住友VISAカード)は安心・信頼の世界ブランド

三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエの違いは?

三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエは、どちらも三井住友カード(旧三井住友VISAカード)のスタンダードなクレジットカードですが、三井住友カード(旧クラシックカード)は男性向けのクレジットカード、三井住友カード アミティエは女性向けのクレジットカードという違いがあります。

また、三井住友カード アミティエは海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されていますが、三井住友カード(旧クラシックカード)には国内旅行傷害保険は付帯されていませんので、海外旅行傷害保険のみとなります。

ただし、三井住友カード(旧クラシックカード)には手厚い補償が受けられる三井住友カード Aがありますので、三井住友カード Aに申し込みを行うことで、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険を利用することができます。

その他、三井住友カード アミティエはカードご利用代金WEB明細書サービスを利用すると、携帯電話料金やPHS料金の支払いでポイントが2倍になります。ポイント2倍の特典は三井住友カード アミティエ会員のみとなりますので、三井住友カード(旧クラシックカード)会員や三井住友カード A会員は利用することができません。

年会費の違い

三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエは同じ年会費のクレジットカードです。また、年会費を無料にすることができる条件も同じとなりますので、三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエの年会費については同じです。

ただ、三井住友カード Aは、三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエの年会費にプラスして、本会員の年会費が+250円、家族会員の年会費が+150円となりますので、三井住友カード Aは若干年会費が高いクレジットカードです。

男性向け・女性向けクレジットカードの違い

三井住友カード(旧クラシックカード)は、主に男性向けのスタンダードなクレジットカードとなります。三井住友カード アミティエは、主に女性向けのスタンダードなクレジットカードです。

ただし、どちらも男性限定・女性限定のクレジットカードではありませんので、女性が三井住友カード(旧クラシックカード)を取得することも男性が三井住友カード アミティエを取得することも可能です。

旅行傷害保険の違い

三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエは旅行傷害保険が異なります。

三井住友カード(旧クラシックカード)の旅行傷害保険は、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。三井住友カード アミティエの旅行傷害保険は、最高2,500万円の海外旅行傷害保険と最高2,000万円の国内旅行傷害保険が付帯されていますので、クラシックカードと三井住友カード アミティエが同じ年会費であることを考えると、三井住友カード アミティエのほうがお得です。

また、三井住友カード アミティエと三井住友カード Aの旅行傷害保険は同じ付帯内容となりますが、三井住友カード Aは年会費が若干高くなりますので、旅行傷害保険は三井住友カード アミティエのほうがお得なのです。

ポイント優待の違い

三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエは、基本となるポイント還元率やポイント優待などは全て同じです。

ただ、三井住友カード アミティエは、カードご利用代金WEB明細書サービスを利用することで、携帯電話・PHSの料金の支払いでポイントが2倍になる優待特典がありますので、ポイント還元率は三井住友カード アミティエのほうが高くなります。

三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエはどっちがお得?

三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエは、どちらも三井住友カード(旧三井住友VISAカード)のスタンダードなクレジットカードということもあり、優待特典や付帯保険がバランスよく利用できるクレジットカードです。

また、三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエは、どちらも旅行傷害保険が付帯されていますので、旅行中の万が一の事故・病気でも安心なクレジットカードとなります。

ただ、三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエを比較すると年会費は同じですが、三井住友カード アミティエは国内旅行傷害保険が利用でき、尚且つ携帯電話やPHSの料金の支払いでポイントが2倍になるクレジットカードです。そのため、三井住友カード(旧クラシックカード)と三井住友カード アミティエを総合的に判断すると、三井住友カード アミティエのほうがお得なクレジットカードとなります。

特に女性の方が三井住友カード(旧三井住友VISAカード)に申し込みを行う場合には、クラシックカードよりも三井住友カード アミティエのほうがお得です。

女性専用の三井住友カード アミティエなら旅行もショッピングも安心

定番のクレジットカードなら三井住友カード(旧クラシックカード)