VISAカードとは?クレジットカードでVISAを利用するメリットとは

VISAカードとは?クレジットカードでVISAを利用するメリットとはVISAカードとは、アメリカ合衆国に本社を置くクレジットカード決済システムを提供している会社です。

VISAカードは、世界中で利用することができるクレジットカードの国際ブランドの1つですが、日本では三井住友カード株式会社が、1968年に日本国内で初めてVISAカードを発行したことが始まりです。

そこで、クレジットカードを使う際に、VISAカードを利用するメリットについてまとめました。

VISAカードと言えば、安心・信頼の三井住友VISAカード

VISAカードとは?

VISAカードとは、アメリカに本社を置く決済システムを提供している企業であり、VISAカードは世界中で利用できる国際ブランドの1つとなります。国際ブランドの種類は、主にJCB、VISA、MasterCard、American Express、Diners Clubの5つを指します。

また、日本では三井住友カード株式会社が最初にVISAカードを発行したことでも有名で、現在も三井住友VISAカードは、幅広い年齢層の方が利用している非常に人気の高いクレジットカードです。

ただ、VISAカードでは自社でクレジットカードの発行は行わず、決済システムの提供となりますので、現在世界中で発行されているVISAカードは、国際ブランド(VISA)が発行するプロパーカードではなく、全て提携カードとしてVISAカードを発行しています。

VISAカードのメリットとは?

現在、国際ブランドは主に5つありますが、その中でVISA付きのクレジットカードを利用するメリットは、利用できる店舗やお店が他の国際ブランドよりも多いことです。

これは、世界各国でも日本国内でも、VISAカードはシェアNo1のクレジットカードですから、VISA付きのクレジットカードを持っていれば、カード決済を導入しているお店なら、ほぼ全ての店舗やお店でクレジットカードが使えますので、非常に便利に利用することができます。

実際に海外などでクレジットカードを使ってみるとわかるのですが、どのお店でもほとんどVISAカードに対応していますので、カード決済で困ることはないと言えるでしょう。言い換えれば、VISAカードが使えないお店は、他のクレジットカードも利用できないことが多いのです。

ただ、一部の店舗やお店でVISAが使えない場合もありますが、VISAカードはクレジットカード決済が利用できる店舗が圧倒的に多いクレジットカードとなりますので、国際ブランドを選ぶ際には、まずはVISAカードを選んでおけば、特にストレスなくクレジットカードを利用することができるでしょう。

国際ブランドによって利用できるお店が違うの?

現在のクレジットカードは、国際ブランドと呼ばれる5つの種類があることによって、様々な店舗やお店でクレジットカードが利用できる仕組みとなりますので、発行されている全てのクレジットカードは、5つの国際ブランドのうち、必ずどれか1つのマークが入っています。またクレジットカードは、国際ブランドの種類によって、利用できるお店と利用できないお店があります。

そのため、国際ブランドの選び方によっては、せっかくクレジットカードを作っても、全く使えない、ほとんど利用できない、といったことが起こる可能性があります。

そこで、国際ブランドを選ぶ際には、VISA、JCB、MasterCardの順番に、それぞれ取得されることをおすすめします。仮に、国際ブランドが1つだけとなると、場合によってはクレジットカードが使えないといったケースもありますので、最低限、VISA、JCB、MasterCardの3つを持っていれば、ほぼ全ての店舗やお店で利用することができるようになります。

クレジットカードの利用では、国際ブランドによって使える、使えないということが起こりますので、異なる国際ブランドをそれぞれ持つことが重要なのです。

VISAカードと言えば、安心・信頼の三井住友VISAカード

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ