三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違いは?

三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAクラシックカードは、三井住友VISAカードの中で最もスタンダードなクレジットカードですが、三井住友VISAクラシックカードには「クラシックカード」と「クラシックカードA」の2つがあります。

主な違いは、年会費と旅行傷害保険の金額になりますが、三井住友VISAクラシックカードを取得する際には、クラシックカードとクラシックカードAのどちらが良いのでしょうか。

定番のクレジットカードなら三井住友VISAクラシックカード

クラシックカードとクラシックカードAの違い

三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAクラシックカードAの違いは、主に年会費と旅行傷害保険になります。申し込み時の審査や利用限度額、ポイント還元率、その他のサービスなどは、クラシックカードもクラシックカードAもどちらも同じです。

年会費

※本人
クラシックカード:1,250円+消費税
クラシックカードA:1,500円+消費税

※家族会員
クラシックカード:400円+消費税
クラシックカードA:550円+消費税

クラシックカード、及びクラシックカードAの年会費は、条件をクリアすることで、翌年以降の年会費が無料になります。年会費無料の条件も同じです。

三井住友VISAクラシックカードの年会費は?年会費を無料にする方法

クラシックカードの旅行傷害保険

※海外旅行傷害保険
付帯条件:利用付帯
死亡・後遺障害:最高2000万円
賠償費用:2000万円
傷害治療:50万円
疾病治療:50万円
救援者治療:100万円
携行品損害:15万円

※国内旅行傷害保険
なし

クラシックカードAの旅行傷害保険

※海外旅行傷害保険
付帯条件:自動付帯・利用付帯
死亡・後遺障害:自動付帯300万円、利用付帯1700万円(最高2000万円)
賠償費用:2500万円
傷害治療:100万円
疾病治療:100万円
救援者治療:150万円
携行品損害:20万円

※国内旅行傷害保険
付帯条件:自動付帯・利用付帯
死亡・後遺障害:自動付帯300万円、利用付帯1700万円

旅行傷害保険は、クラシックカードでは海外旅行のみで、旅行代金をクラシックカードで支払った場合のみ補償されます。

クラシックカードAでは、海外旅行・国内旅行のそれぞれで補償されます。クラシックカードAは、自動付帯もありますので、仮に旅行代金をクラシックカードAで支払っていなかった場合でも、自動付帯分としての補償もあります。

クラシックカードとクラシックカードAはどっちがいいの?

三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAクラシックカードAは、年会費と旅行傷害保険が異なるクレジットカードです。

そこで、クラシックカードとクラシックカードAのどちらがおすすめかとなれば、クラシックカードAのほうがおすすめと言えるでしょう。

クラシックカードとクラシックカードAは、年会費で250円の差がありますが、どちらも年会費を無料にすることができ、尚且つ年会費無料の条件も同じですから、クラシックカードAのほうがお得なクレジットカードとなります。

仮に、海外旅行には行かない、国内旅行も行く予定がないという方でも、クラシックカードAは自動付帯がありますので、万が一のことを考えても、クラシックカードAのほうが良いでしょう。

クラシックカードクラシックカードAは、ほぼ同じサービスではありますが、万が一のための旅行傷害保険がかなり違いますので、どちらを取得しようか迷ったら、とりあえずクラシックカードAを取得されることをおすすめします。

定番のクレジットカードなら三井住友VISAクラシックカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ