三井住友VISAクラシックカードの年会費は?年会費を無料にする方法

三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAクラシックカードの年会費は、三井住友VISAカードに入会した初年度は無料ですが、翌年からは年会費がかかるクレジットカードです。

ただ、三井住友VISAカードでは、年会費が無料になる条件がありますので、その条件をクリアすることで、三井住友VISAクラシックカードの年会費を翌年以降も無料にすることができます。

三井住友VISAクラシックカードの年会費無料の条件は、特に難しい条件ではありませんので、逆にこれをやらないと、毎年かなり損をすることになります。

定番のクレジットカードなら三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードの年会費は?

三井住友VISAクラシックカードの年会費は、初年度が無料で、翌年からは1,250円+消費税がかかります。

また、三井住友VISAカードには、傷害保険が充実しているクラシックカードAもありますが、こちらの年会費は初年度が無料で、翌年からは1,500円+消費税がかかります。

三井住友VISAクラシックカードもクラシックカードAも、どちらも年会費がかかるクレジットカードではありますが、年会費を無料にする条件をクリアすることで、翌年以降も年会費無料で利用をすることができます。

クラシックカードとクラシックカードAの違い

クラシックカードとクラシックカードAの違いは、翌年以降の年会費、及び家族会員の年会費が若干異なります。その他には、旅行傷害保険も異なります。

クラシックカードは、最高2000万円の海外旅行傷害保険がありますが、国内旅行では傷害保険はありません。クラシックカードAでは、国内・海外それぞれに最高2500万円までの旅行傷害保険が付きます。

年会費が無料になる条件は、クラシックカードもクラシックカードAも同じですから、普段から旅行をするということなら、クラシックカードAのほうが良いでしょう。

三井住友VISAクラシックカードの年会費を無料にするには?

三井住友VISAクラシックカード、及びクラシックカードAの年会費を無料にする条件は、下記の2つがあります。

年会費を無料にする条件

1.「マイ・ペイすリボ」に登録、及びクレジットカードを年に1度以上の利用
2.年間300万円以上のクレジットカード利用
(年間100万円~300万円の利用では、年会費が半額になります)

三井住友VISAクラシックカード、及びクラシックカードAの年会費を無料にするには、上記の1番、2番のどちらかの条件をクリアすると、翌年以降も年会費が無料になります。

年会費無料の条件は、1番のほうが楽にクリアすることができますので、クラシックカード、又はクラシックカードAに入会したら、まずは上記1番を達成することが重要です。

三井住友VISAクラシックカードのメリット

三井住友VISAカードは、日本で初めてVISAカードを発行したカード会社としても有名で、銀行系クレジットカードとして、非常に信頼性の高いクレジットカードです。

しかも現在は、「VISAカードと言えば、三井住友VISAカード」と呼ばれるほど、高い知名度とクレジットカードとしてのステータス性も兼ね備えていますので、そういった意味でも三井住友VISAカードは定番中の定番とされるクレジットカードと言えるでしょう。

そこで、三井住友VISAクラシックカード、又はクラシックカードAを利用するメリットは、どの店舗やお店で使っても、恥ずかしくないクレジットカードというイメージです。そのため、社会人になったらまずは三井住友VISAクラシックカードを取得する流れとなります。

逆に、会社の先輩や後輩との食事、あるいは取引先の方との接待で、楽○カードやイ○ンカードを利用するというのは、かなりのマイナスポイントとなりますので、これは避けたほうが良いでしょう。また、女性とのデートの際に、お会計で流通系のクレジットカードを出すというのは、女性からドン引きされる可能性があります。

もちろん、クレジットカードの色や種類で人間性を判断されるということではありませんが、クレジットカードは利用する場所によって使い分けることが重要です。

特に、三井住友VISAカードは、その後にゴールドカードやプラチナカードを取得することができますので、まずは三井住友VISAクラシックカードで利用実績を高めることも重要なポイントと言えるでしょう。

定番のクレジットカードなら三井住友VISAクラシックカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ