楽天カードの海外旅行傷害保険は自動付帯?それとも利用付帯?

楽天カード楽天カードは、楽天スーパーポイントがどんどん貯まるお得なクレジットカードとして有名ですが、付帯サービスとして年会費無料で海外旅行傷害保険が付いているクレジットカードでもあります。

旅行傷害保険とは、旅行中の事故や病気を保障するサービスですが、しかし楽天カードの旅行傷害保険には、いくつかの注意点があり、場合によっては保険が適用されないということがあります。

ポイント2倍!楽天カードならポイントがどんどん貯まる!

楽天カードの旅行傷害保険とは?

楽天カードは年会費無料のクレジットカードですが、付帯サービスとして旅行傷害保険があります。

楽天カードの旅行傷害保険は、死亡・後遺障害で最高2000万円まで保障されますので、年会費が無料のクレジットカードという点を踏まえると、非常にお得なクレジットカードと言えます。

楽天カードの海外旅行傷害保険

(傷害)死亡・後遺障害:最高2,000万円
傷害治療費用:最高200万円
疾病治療費用:最高200万円
賠償責任:最高2,000万円
携行品損害:最高20万円(免責金額3,000円)
救援者費用:最高200万円

ただ、楽天カードの旅行傷害保険は、利用付帯の旅行傷害保険となりますので、場合によってはせっかく付帯サービスとして利用できる保険が適用されないことがあります。

利用付帯の旅行傷害保険とは?

クレジットカードの旅行傷害保険には、大きく2つの種類があります。1つ目は「自動付帯」、もう1つは「利用付帯」の旅行傷害保険です。

楽天カードの旅行傷害保険は「利用付帯」となりますので、事前に楽天カードで旅行代金を支払うことが、旅行傷害保険を利用する条件です。「うっかり忘れていた」「知らなかった」という場合には、万が一、旅行先で何かあっても、楽天カードからは何も保障されないこととなります。

自動付帯とは

旅行傷害保険の自動付帯とは、クレジットカードを保有しているだけで、自動的に利用できるサービスです。

利用付帯とは

旅行傷害保険の利用付帯とは、旅行代金をクレジットカードで支払った場合のみ、旅行傷害保険が利用できるサービスです。また、クレジットカードの種類によっては、保険の利用にあたって様々な条件が付いているケースも多く、旅行傷害保険が適用されない場合もあります。

自動付帯とは?海外旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯の違いとは

楽天カードの国内旅行傷害保険は?

楽天カードは、付帯サービスとして海外旅行傷害保険(利用付帯)が利用できるクレジットカードですが、これは海外旅行をする際に保障される保険です。

そのため、日本国内の旅行では、楽天カードの旅行傷害保険は適用外となりますので、国内旅行で事故や病気の場合には、他のクレジットカードを利用するか、自腹で負担するかのどちらかとなります。あるいは、旅行をする前に生命保険会社で旅行傷害保険に個別に加入するということも可能です。

楽天カードは、あくまでも海外旅行傷害保険となりますので、国内旅行では利用することができないクレジットカードとなります。

クレジットカードに旅行傷害保険は必要?

旅行傷害保険とは、万が一のための保険となりますので、ほとんど旅行をしないという方にとっては、あまり重要ではないサービスです。

しかし、年に1度でも家族で旅行をするという方には、クレジットカードの付帯サービスとして旅行傷害保険が付いているのは、非常に心強いものとなります。

また、クレジットカードの旅行傷害保険には、回数の制限がありませんので、旅行をする回数が多ければ多いほどお得です。逆に、旅行をする度に旅行傷害保険に加入するとなれば、年間でかなりの出費になりますので、そういった点からも旅行傷害保険が付いているクレジットカードを選ぶほうが良いでしょう。

特に、海外で病気になってしまうと、日本では考えられないほど高額な医療費を請求されることとなりますので、場合によっては医療費が支払えずに破産してしまうこともあるのです。

一生に1度あるかどうかのアクシデントでも、それが今回の旅行で起きてしまうこともあります。旅行をする際には、保有しているクレジットカードの旅行傷害保険を確認されることをおすすめします。

ポイント2倍!楽天カードならポイントがどんどん貯まる!

エポスカードなら即日発行可能!年会費永年無料・優待7000店舗

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ