ライフカードビジネスのスタンダードとライトとゴールドカードの違いは?

ライフカードビジネスのスタンダードとライトとゴールドカードの違いは?ライフカードが発行している会社経営者や個人事業主向けの法人カードは、最もスタンダードなライフカードビジネスとワンランク上のライフカードゴールドビジネスの2つがあります。

また、ライフカードの法人カードには、申し込みがWEB完結で最短4営業日でカード発行が可能なライフカードビジネスライトとライフカードゴールドビジネスライトもラインナップされています。

では、ライフカードが発行しているライフカードビジネスのスタンダードとライトは何が違うのでしょうか。ライフカードゴールドビジネスとライフカードゴールドビジネスライトの違いについてまとめました。

ライフカードビジネス(スタンダード)はETCカードも使用者カードも年会費無料

ライフカードビジネスのスタンダードとライトの違いは?

ライフカードビジネスのスタンダードとライトの違いは?ライフカードの法人カードには、ライフカードビジネススタンダードライフカードビジネスライトの2つがあります。

ライフカードが発行しているビジネスカード(スタンダード)は、どちらも年会費無料でETCカードも無料で取得することができる法人カードです。

ただし、ライフカードビジネスのスタンダードとライトは、クレジットカードやETCカードの発行枚数、ショッピング枠、審査基準や必要書類、支払い方法が異なるようになります。

スタンダードとライトの違い

発行枚数の違い
    ライフカードビジネスのスタンダードとライトは、クレジットカード(従業員カード)とETCカードの発行枚数が異なります。
    ライフカードビジネススタンダードは、原則として従業員カードに発行上限はありません。ETCカードについてもクレジットカード1枚に対してETCカード1枚を追加できますので、原則無制限でETCカードを取得することができます。しかし、ライフカードビジネスライトは、クレジットカードが代表者1枚+従業員3枚の合計4枚まで、ETCカードは1枚まで無料で取得することができます。
    複数枚の従業員カードやETCカードを希望する場合は、ライフカードビジネススタンダードがおすすめです。
ショッピング枠の違い
    ライフカードビジネスのスタンダードとライトは、クレジットカードに設定されるショッピング枠が異なります。
    ライフカードビジネススタンダードのショッピング枠は、10万円~500万円まで設定することが可能で、さらに500万円を超えるショッピング枠も相談することができます。
    しかし、ライフカードビジネスライトは10万円~200万円のショッピング枠となりますので、ライフカードビジネスライトで大きなショッピング枠を設定することはできません。
審査基準や必要書類の違い
    ライフカードビジネスのスタンダードとライトは、審査基準や必要書類についても大きく異なります。
    ライフカードビジネススタンダードは、代表者の本人確認書類と登記事項証明書の他に、決算書2期分と不動産謄本が必要になる場合があります。
    ライフカードビジネスライトはWEB完結となりますので、原則として代表者の本人確認書類のみ(財務資料は不要)で法人カードを作ることができます。ライフカードビジネスライトは、カード発行についても最短4営業日で発行が可能です。
支払い方法の違い
    ライフカードビジネスのスタンダードとライトは支払い方法が異なります。
    ライフカードビジネススタンダードの支払い方法は、1回払い、2回払い、回数指定分割払い、ボーナスー括払い、リボルビング払いを利用することができますが、ライフカードビジネスライトは1回払い、2回払い、分割払い、リボ払いとなります。
    そのため、ライフカードビジネスライトでは回数指定分割払いとボーナスー括払いは利用することはできません。

ゴールドビジネスとゴールドビジネスライトの違いは?

ゴールドビジネスとゴールドビジネスライトの違いは?ライフカードの法人カードは、ワンランク上のゴールドカードとして、ライフカードゴールドビジネスライフカードゴールドビジネスライトがあります。

ライフカードゴールドビジネスとライフカードゴールドビジネスライトは、どちらも空港ラウンジサービスやポイントサービス、付帯保険やVisa優待サービス・MasterCard優待サービスなどを利用することができます。

ただし、ライフカードゴールドビジネスとライフカードゴールドビジネスライトは、年会費やカード発行枚数、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の付帯内容、ショッピングガード保険や支払い方法が大きく異なるようになります。

ゴールドビジネスとゴールドビジネスライトの違い

年会費の違い
    ライフカードゴールドビジネスとライフカードゴールドビジネスライトは年会費が異なります。
    ライフカードゴールドビジネスは、初年度の年会費が無料で2年目以降はカード1枚当たり2,000円+消費税ですが、ライフカードゴールドビジネスライトは初年度の年会費が無料で2年目以降は10,000円+消費税となります。
    年会費だけを見ると、ライフカードゴールドビジネスとライフカードゴールドビジネスライトは5倍もの差がありますので、年会費を安く抑えたいという方はライフカードゴールドビジネスがおすすめです。
発行枚数の違い
    ライフカードゴールドビジネスとライフカードゴールドビジネスライトは、カード発行枚数が異なります。
    ライフカードゴールドビジネスはクレジットカードもETCカードも、原則として上限なしでカードを発行することができますが、ライフカードゴールドビジネスライトはクレジットカードが代表者1枚+従業員3枚の合計4枚まで、ETCカードは1枚まで無料です。
旅行傷害保険の付帯内容の違い
    ライフカードゴールドビジネスとライフカードゴールドビジネスライトは、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の付帯内容が異なります。
    ライフカードゴールドビジネスは最高2,000万円の海外旅行傷害保険と最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯されていますが、ライフカードゴールドビジネスライトは海外旅行・国内旅行共に最高1億円の旅行傷害保険が付帯されています。また、ライフカードゴールドビジネスライトは家族特約が付帯されていますので、ご家族の方も最高1,000万円の補償を受けることができます。
ショッピングガード保険の違い
    ライフカードゴールドビジネスとライフカードゴールドビジネスライトはショッピングガード保険が異なります。
    ライフカードゴールドビジネスにはショッピングガード保険は付帯されていませんが、ライフカードゴールドビジネスライトには最高200万円のショッピングガード保険が付帯されています。
支払い方法の違い
    ライフカードゴールドビジネスとライフカードゴールドビジネスライトは支払い方法が異なります。
    ライフカードゴールドビジネスの支払い方法は、1回払い、回数指定分割払い(2回払い)、ボーナスー括払い、リボルビング払いを利用することができますが、ライフカードゴールドビジネスライトは1回払い、2回払い、分割払い、リボ払いとなります。

ライフカードビジネスライトは個人事業主や小規模事業者向けの法人カード

ライフカードビジネスライトは個人事業主や小規模事業者向けの法人カードライフカードビジネスライトの最大のメリットは、申し込み時に決算書などの財務書類を提出しなくても法人カードが作れることです。

また、ライフカードビジネスライトはWEB完結の法人カードとなりますので、申し込みから最短4営業日でカードを受け取ることができる法人カードなのです。

ただ、ライフカードビジネスライトにはカード発行枚数に制限があり、さらにショッピング枠が最大200万円までとなりますので、複数枚のクレジットカードやETCカードを利用したいという場合には、通常のライフカードビジネススタンダードがおすすめです。

ライフカードビジネスライトは、あくまでも個人事業主や小規模事業者向けの法人カードです。会社を立ち上げて間もない経営者の方やフリーランスの方に最適なクレジットカードとなりますので、ライフカードの法人カードは状況に合わせて申し込みすることが重要です。

ライフカードビジネス(スタンダード)はETCカードも使用者カードも年会費無料

ライフカードゴールドビジネスは空港ラウンジサービスと充実した付帯保険

ライフカードCh(年会費あり)

JCB CARD R

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

三井住友VISAカード

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ