ライフカードビジネス(スタンダード)のポイントは?優待特典は?

ライフカードビジネス(スタンダード)ライフカードビジネス(スタンダード)は、ライフカードが発行している法人向けのビジネスカードとなりますが、ライフカードビジネス(スタンダード)は年会費が無料で、使用者カードやETCカードも全て年会費無料のお得な法人カードです。

また、ライフカードビジネス(スタンダード)は会社経営者や個人事業主向けの法人カードということもあり、ビジネスに特化した様々なサービスが用意されていますので、ライフカードビジネス(スタンダード)は経営者の方に最適な法人カードなのです。

そこで、ライフカードビジネス(スタンダード)のポイントについて、ライフカードビジネス(スタンダード)の優待特典や会員サービスについてまとめました。

ライフカードビジネス(スタンダード)はETCカードも使用者カードも年会費無料

ライフカードビジネス(スタンダード)のポイントは?

ライフカードビジネス(スタンダード)は、ビジネス向けのサービスが数多く用意されているお得なクレジットカードですが、ライフカードビジネス(スタンダード)にはポイントサービスがありません。

そのため、ライフカードビジネス(スタンダード)は、一般的な個人向けのクレジットカードのように買い物やショッピング時にポイントは付与されませんので、ライフカードビジネス(スタンダード)ではポイントを貯めることはできません。

ライフカードビジネス(スタンダード)は、代表者カードも使用者カードもETCカードも全て年会費無料で利用することができるお得な法人カードではありますが、ライフカードビジネス(スタンダード)にはポイントサービスがありませんので、法人カードでもポイントを貯めたいという場合には、ワンランク上のライフカードゴールドビジネスに申し込みされることをおすすめします。

ライフカードゴールドビジネスのポイントサービス

ライフカードゴールドビジネスは、ワンランク上のゴールドカードということもあり、個人向けのクレジットカードと同じようにポイントを貯めることができます。

また、ライフカードゴールドビジネスのポイントサービスは、ライフカードのLIFEサンクスプレゼントとしてポイントを貯めることができますので、獲得ポイントは最大2年間有効で1,000円(税込)に付き1.0ポイント(100円に付き0.1ポイント)が付与されます。

ライフカードビジネス(スタンダード)の優待特典は?

ライフカードビジネス(スタンダード)は、優待特典として福利厚生サービスのベネフィット・ステーションや海外アシスタンスサービスのLIFE DESK、旅行サービスのTravel Gateを利用することができます。

また、ライフカードビジネス(スタンダード)に申し込む際にVISAの国際ブランドを選択した場合は、VISAカードの優待特典としてVisaビジネスオファーやVisaビジネスグルメオファーを利用できます。MasterCardを選択した場合は、MasterCardビジネス・アシストが利用できます。

その他、ライフカードビジネス(スタンダード)は、クラウド会計ソフトのfreee(フリー)や弁護士無料相談サービスなども利用することができます。

福利厚生サービスベネフィット・ステーション

ライフカードビジネス(スタンダード)は、福利厚生サービスとしてベネフィット・ステーションを利用することができます。ベネフィット・ステーションは、ベネフィット・ワンとの提携サービスとして、全国のホテルや旅館、スポーツジムや映画館などがお得になる優待サービスを利用することができます。

海外アシスタンスサービスLIFE DESK

海外アシスタンスサービスのLIFE DESKは、海外旅行時のホテルやレストランの予約、カードの紛失や盗難時の手続き案内、病気や怪我をした際の医師・病院の紹介や手配など、会員専用の海外日本語サービス窓口でサポートをしてもらえます。

旅行サービスTravel Gate

旅行サービスのTravel Gateは、海外旅行や国内旅行をお得に予約することができるサービスです。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)

ライフカードビジネス(スタンダード)に入会することで、シェアNo1のクラウド会計ソフトfreee(フリー)の優待特典を利用することができます。

弁護士無料相談サービス

ライフカードビジネス(スタンダード)会員は、ライフカード提携の弁護士事務所に1時間無料で法律相談ができます。

VISAカードの優待特典

ライフカードビジネス(スタンダード)のVISAに入会すると、VISAカードの優待特典としてVisaビジネスオファー、Visaビジネスグルメオファーを利用することができます。

Mastercardの優待特典

ライフカードビジネス(スタンダード)のMastercardに入会すると、Mastercardの優待特典としてMasterCardビジネス・アシストを利用することができます。

年間40万円以上のカード利用ならゴールドカードのほうがお得

ライフカードビジネス(スタンダード)は、クレジットカードもETCカードも全て年会費無料で利用することができるお得な法人カードです。

また、ライフカードビジネス(スタンダード)は、VISAカードならVisaビジネスオファーとVisaビジネスグルメオファー、MastercardならMasterCardビジネス・アシストを利用することができますので、ライフカードビジネス(スタンダード)はビジネスに特化したお得な法人カードなのです。

ただ、ライフカードビジネス(スタンダード)は無料で様々なサービスを利用することはできますが、ライフカードビジネス(スタンダード)にはポイントサービスがありませんので、ライフカードビジネス(スタンダード)でどれだけ決済をしてもポイントを貯めることはできません。

そこで、年間のカード決済金額が40万円以上なら、ライフカードゴールドビジネスがおすすめです。

ライフカードゴールドビジネスはポイントが貯まる法人カード

ライフカードゴールドビジネスは、法人向けのゴールドカードとなりますので、ビジネス向けサービスの他に最高2,000万円の旅行傷害保険や空港ラウンジサービスを利用することができる法人ゴールドカードです。

また、ライフカードゴールドビジネスは通常どおりポイントを貯めることができますので、1,000円ごとに1.0ポイント(100円に付き0.1ポイント)が付与されるお得な法人ゴールドカードなのです。

ただし、ライフカードゴールドビジネスは年会費が有料のクレジットカードとなりますので、1年間に1度も利用しない場合や1年間に数回しか利用しないという場合には年会費分を損することになりますので、年会費無料のライフカードビジネス(スタンダード)のほうがお得です。

ライフカードゴールドビジネスの年会費は2,000円

ライフカードゴールドビジネスは、初年度の年会費が無料で翌年以降は2,000円+消費税の法人ゴールドカードです。そのため、1年間の決済金額が40万円以上なら、ライフカードゴールドビジネスで支払う年会費よりも付与されるポイントのほうが多くなりますので、ゴールドカードのライフカードゴールドビジネスを取得するほうがお得です。

逆に、年間のカード利用が40万円以下の場合には、ライフカードゴールドビジネスで付与されるポイントよりも年会費のほうが高くなりますので、年会費無料のライフカードビジネス(スタンダード)を取得するほうがお得です。

ライフカードビジネス(スタンダード)は、年会費がかからないお得な法人カードではありますが、ライフカードビジネス(スタンダード)ではポイントを獲得することができませんので、ライフカードの法人カードに申し込みを行う際には、年間のカード利用金額を考慮した上で、一般カードに申し込みをするのか、それともゴールドカードを取得するのかを決められることをおすすめします。

ライフカードビジネス(スタンダード)はETCカードも使用者カードも年会費無料

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ