ガソリンを安く入れるには?ガソリン価格を下げる値引き方法

ガソリンを安く入れるには?ガソリン価格を下げる値引き方法「ガソリンを安く入れる方法はないだろうか」「ガソリン代を抑える方法はないのか」と考えている方も多いのではないでしょうか。

ここ数年のガソリン価格は、2014年7月のレギュラーガソリン(1リットルあたり)170円前後をピークに値下がりを続けていましたが、最近では徐々にではありますが、ガソリン価格が値上がりを続けている状況となっています。

特に地方にお住いの方からすれば、自動車は生活をする上で絶対にかかせないものとなりますので、ガソリン価格の上昇は、日々の生活を圧迫する大きな原因となるのです。

実質年会費無料!シェルPontaクレジットカードはPontaポイントが2倍

ガソリンの価格はどうやって決まるの?

普段私たちが使っているガソリンは、ガソリンの元々の値段である「原材料」の他に、「精油コスト」や「流通コスト」、「税金」がかかります。

参考までに、現在のガソリン価格は、レギュラーガソリン1Lあたり140円~142円前後となっています。10年前のレギュラーガソリン1Lあたりの価格は90円~100円前後となっていましたので、10年後の現在はおおよそ1.5倍のガソリン価格ということになります。

これは灯油も同じで、10年前の灯油の価格は1Lあたり30円~40円前後でしたが、現在の価格は1Lあたり80円前後ですから、10年後の現在は、灯油価格がおおよそ2倍以上になっている状況です。

ガソリン価格は、原油相場と為替相場で決まりますので、毎年のように値上げになったり、値下げになったりを繰り返すものとなるのです。

ガソリンを安く入れるには?ガソリン代を抑えるには?

ガソリンの価格は、意図的に安くしたり高くしたりすることができませんので、私たちからすれば、近所のガソリンスタンドで販売している価格で購入するしかないものです。

仮にガソリンを購入しないとなれば、自動車を動かすことができなくなりますので、日々の生活が非常に不便なものとなります。

そのため、ガソリンの購入は、私たちが生活をする上で必須のものであり、ガソリン価格がいくらになったとしても、結局はガソリンを購入しなければならないものなのです。

では、どうやってガソリン代を安く済ませるのかとなりますが、それはガソリン代が安くなるクレジットカードを使って、ガソリンを入れることです。

現在のクレジットカードには様々な種類があり、クレジットカードごとにポイント還元率が異なります。また、クレジットカードによっては、割引価格で商品を購入できたり、クレジットカードを提示するだけで優待サービスを受けられるカードもあります。

そこで、ガソリン代を出来る限り安くするクレジットカードなら、シェルPontaクレジットカードがおすすめです。

シェルPontaクレジットカードは、三菱UFJニコスが発行している昭和シェル石油のクレジットカードとなりますが、シェルPontaクレジットカードはPontaポイントを貯めることができるクレジットカードの中で、最高クラスのポイント還元率なのです。

シェルPontaクレジットカードのポイント還元率・ポイントの貯め方

シェルPontaクレジットカードは、昭和シェル石油のガソリン1Lに付き、2円相当のポイントが付与されますので、ガソリンを給油するたびに、1Lあたり2円の割引や値引きを受けているのと同じなのです。

しかも、シェルPontaクレジットカードは、年1回以上のカード利用で年会費が無料となりますので、実質年会費無料のクレジットカードとして利用することができます。

シェルPontaクレジットカードは、昭和シェル石油以外の利用でも、ポイント還元率が非常に高く設定されていますので、かなりおすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

実質年会費無料!シェルPontaクレジットカードはPontaポイントが2倍

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ