換金性の高い商品とは?クレジットカードの利用停止のリスクが高い買い物は?

換金性の高い商品とは?クレジットカードの利用停止のリスクが高い買い物とは?換金性の高い商品は、クレジットカードが利用停止になるリスクが非常に高い商品です。

クレジットカードは、キャッシングやカードローンとは異なりますので、現金を手に入れるために利用するものではなく、商品を購入するために利用するショッピング専用のカードです。

また、クレジットカードは換金を目的としたショッピング利用は一切禁止されていますので、仮に換金目的でクレジットカードを利用してしまうと、クレジットカードの利用停止や強制退会となる場合もあります。

換金性の高い商品とは知らずに購入して、その後、クレジットカードが利用停止になるケースもありますので、換金性の高い商品の購入には注意が必要なのです。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド



換金性の高い商品とは?

換金性の高い商品とは?クレジットカードの利用目的は商品を購入することとなりますので、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる、いわゆる「クレジットカード現金化」は一切禁止となっています。

また、換金性の高い商品をクレジットカードで購入して、購入した商品を現金に換える行為はクレジットカードの規約違反に該当しますので、万が一、クレジットカードの現金化がバレてしまうと、クレジットカードの利用停止や強制退会となる場合があります。

強制退会になると、社内ブラックとして二度とクレジットカードが作れなくなる場合もありますので、クレジットカードの現金化は非常にリスクの高い行為なのです。

クレジットカードの強制退会とは?強制解約になる理由とは

換金性の高いショッピング一覧

商品券やギフトカード

金券と呼ばれる商品券やギフトカードは、最も換金性が高い商品です。特に商品券やギフトカードなどは、近くの金券ショップに持って行くだけで90%~95%以上で換金することができますので、非常に手軽に現金を手に入れることができる方法です。

もちろん、商品券やギフトカードなどの金券も、通常どおりクレジットカードで購入することはできますが、1ヶ月間に3万円~5万円、あるいは5万円~10万円以上の金券を購入すると、クレジットカードが利用停止になる可能性が高くなります。

金券の種類は、クレジットカード系のJCBギフトカード、VJAギフトカード、UCギフトカード、三菱UFJニコスギフトカードの他に、クオカードやジェフグルメカード、全国百貨店共通商品券や全国共通おこめ券、旅行券や文具券、全国共通図書券や全国共通図書カードなどが該当します。切手や収入印紙の大量購入も、換金性の高い買い物とされる場合があります。

ブランド品や宝飾品

ブランド品や宝飾品も、換金性の高い買い物となります。

たとえば、シャネルやエルメス、ルイヴィトンやプラダ、グッチなどの有名ブランドの洋服やバックの購入、ロレックスやオメガといった高級腕時計の購入は非常に警戒されます。また、ハリーウィンストンやティファニー、ブルガリやカルティエなどの高級宝飾品ブランドの購入も、かなり警戒されます。

仮に年収が1,000万円以上で、普段からブランド品や高級品を購入しているのであれば特に問題はありませんが、これまでにブランド品などを購入したことがない人が、ある日突然、高額なブランド品や宝飾品を大量に購入するとなると、換金目的で購入していると思われても仕方がないのです。場合によっては、取り込み詐欺と思われて強制退会になるケースもあります。

新幹線の回数券

新幹線の回数券も換金性の高い商品です。新幹線の回数券は換金率が90%~95%以上で、区間によっては97%~98%で買い取ってもらうことができますので、クレジットカードの現金化では最も有名な方法の1つです。

しかし、クレジットカードによる新幹線の回数券の購入は、あまりにも多くの人に悪用されてしまった経緯がありますので、現在はすぐにバレてクレジットカードが利用停止になります。

そのため、新幹線の回数券を購入する場合には、事前にカード会社に理由を説明してから購入されることをおすすめします。逆に、何も連絡をせずに10万円以上の回数券を購入してしまうと、すぐにクレジットカードが利用停止になる場合があります。

ゲーム機の購入

ゲーム機の購入も、換金性の高い商品となります。特に人気のゲームは換金率が非常に高いという特徴がありますので、クレジットカードで人気のゲームを購入して、新品をそのまま買取業者に売るケースが多いのです。

電子マネーのチャージ

電子マネーのチャージについても、換金性が高いショッピング利用となります。

たとえば、楽天Edyやnanaco、WAONや交通系のSuica・PASMOなどの電子マネーは、クレジットカードからチャージができる電子マネーです。しかし、電子マネーは現金と同じ扱いとなりますので、言い換えれば電子マネーのクレジットチャージは、クレジットカードのショッピング枠を現金化しているのと同じなのです。

そのため、クレジットカードによっては、電子マネーのチャージができないクレジットカードもありますし、予め1ヶ月間にチャージできる金額が決まっているクレジットカードもあります。

クレジットカードで電子マネーのチャージばかりを繰り返していると、規約違反として強制退会になる場合もありますので、電子マネーを利用する際には、ポストペイ型(後払い方式)のJCB一般カードのQUICPayや三井住友VISAカードのiDがおすすめです。

パソコン・スマートフォン

その他、パソコンやスマートフォン、テレビやデジタルカメラなどの家電製品も換金性の高い商品として警戒される場合があります。

一般的に家電製品を購入するサイクルは数年に1度です。パソコンやスマートフォンについても、早くても1年~2年程度の買い替えとなりますので、5万円~10万円以上もする高額な家電製品を頻繁に購入するとなると、かなり警戒されるのです。

特に最新型や新商品は換金率が高い傾向がありますので、クレジットカードの現金化に悪用されることが多いのです。

クレジットカードの利用停止や強制退会を回避するには?

クレジットカードの利用停止や強制退会を回避するには?クレジットカードで換金性の高い商品を購入すると、規約違反としてクレジットカードの利用停止や強制退会となる場合があります。

悪質な場合には一発で強制退会となるケースもありますので、ある日突然、いきなりクレジットカードが使えなくなるということもあり得るのです。

また、クレジットカードの強制退会になると、残っている残額について一括返済をすることになりますので、金銭的にも非常に厳しい状況に追い込まれることになります。

換金性の高い買い物は事前にカード会社に連絡をする

クレジットカードの利用停止や強制退会を回避する最も有効な方法は、換金性の高い買い物や大きな買い物をする前に、カード会社にその旨を伝えておくことです。

カード会社は、換金性の高い買い物を禁止しているわけではなく、クレジットカードのショッピング枠を現金化することを禁止しているだけです。言い換えれば、適切にクレジットカードを利用していれば、仮に換金性が高い商品を購入しても特に問題はないのです。

しかし、何が適切なのか、どういう使い方が正しいのかは、各カード会社ごとに異なりますので、カード会員側が正確に把握することはできません。

そのため、最も有効は方法は、換金性の高い買い物をする際には、事前にカード会社にその旨を伝えて、購入しても問題がないかどうかを確認することが重要です。カード会社側で問題ないと判断すれば、通常どおり買い物をすることができますし、逆に問題があると判断された場合にはクレジットカードは使わずに現金で購入する流れです。

1万円~2万円ほどの買い物なら問題はありませんが、5万円~10万円を超える換金性の高い買い物は、その分、リスクが高くなりますので、事前に確認した上で適切にクレジットカードを使うことが重要です。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド


JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ