プリペイドカードとは?クレジットカードとプリペイドカードの違い

プリペイドカードとは?クレジットカードとプリペイドカードの違いプリペイドカードとは、事前にチャージをすることで何度でも繰り返し利用することができる前払い方式のカードです。

また、プリペイドカードは、クレジットカードやカードローンのような与信審査は行わずにカードが発行されますので、プリペイドカードは審査なしで誰でも取得することができる便利なカードなのです。

そこで、プリペイドカードについて、プリペイドカードとクレジットカードの違いについてまとめました。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

プリペイドカードとは?

プリペイドカードは、予め入金しておくことで現金を持ち歩かなくても買い物をすることができるカードです。また、プリペイドカードはチャージをすることで繰り返し利用することができますので、プリペイドカードは非常に便利な決済手段と言えます。

しかも、プリペイドカードの種類によっては、利用金額に応じてポイントを貯めることができるプリペイドカードもありますので、一般的なクレジットカードと同じように利用することができるのです。プリペイドカードには審査がありませんので、小学生や中学生といった未成年者でも通常どおり利用することができます。

プリペイドカードとクレジットカードの違いは?

プリペイドカードとクレジットカードの違いは、「入会時の審査」「商品購入時の支払い方法」「利用限度額」の3つが大きく異なります。

また、クレジットカードは一般カードだけではなく、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどの様々な種類がありますので、クレジットカードによっては年会費が有料のクレジットカードもあります。しかし、プリペイドカードは年会費無料で利用することができますので、プリペイドカードは年会費を気にせずに使うことができることも大きな違いです。

入会時の審査の違い

プリペイドカードとクレジットカードは、入会時の審査が異なります。プリペイドカードは、カード入会時の審査がありませんので、誰でもすぐに取得することができますが、クレジットカードには所定の審査がありますので、場合によっては審査に落ちてカード入会を断られることがあります。

また、原則としてプリペイドカードには年齢制限はありませんが、クレジットカードは高校生を除く18歳以上の方が対象となります。その他、クレジットカードの審査では、毎月安定した収入を得ていることも重要なポイントとなりますので、仕事をしていない方や全く収入がない方は、返済能力がないと判断されてクレジットカードの審査に落ちてしまうことになります。

商品購入時の支払い方法の違い

プリペイドカードとクレジットカードは、商品購入時の支払い方法が異なります。プリペイドカードは、事前にチャージをして利用する前払い方式のカードとなりますが、クレジットカードは1ヶ月ごとに締日があり、2ヶ月後~3ヶ月後に1ヶ月分をまとめて支払う後払い方式のカードです。

また、プリペイドカードは商品購入時にカードから即引き落としになりますが、クレジットカードは銀行口座から後日引き落としになります。そのため、クレジットカードを利用する際には、銀行口座を持っていることもカード発行の条件となります。

利用限度額の違い

プリペイドカードとクレジットカードは、利用限度額が異なります。プリペイドカードは、予め入金して利用する前払い方式のカードですから、プリペイドカードは入金した金額分が利用限度額となり、入金した金額以上は利用することができません。

クレジットカードは、後払い方式のカードということもあり、利用限度額はカード会社が会員ごとに個別に設定することとなります。クレジットカードの利用限度額は、会員の返済能力や収入面、利用実績などを考慮して設定されますので、会員によっては500万円~1,000万円以上の利用限度額が設定される場合もあります。

プリペイドカードとクレジットカードはどっちがお得?

プリペイドカードとクレジットカードは、現金の代わりに商品を購入することができる非常に便利なカードですが、プリペイドカードは事前に入金する前払い方式で、クレジットカードは後日1ヶ月分をまとめて支払う後払い方式となります。

また、プリペイドカードには入会時の審査がありませんが、クレジットカードには所定の審査がありますので、審査通過後にカードが発行されることになります。そのため、プリペイドカードは申し込みをすれば誰でも取得することができますが、クレジットカードは審査で否決されると入会を断られることがあります。

そこで、プリペイドカードとクレジットカードは、どちらがお得なのかとなりますが、総合的に判断するとクレジットカードのほうが何倍もお得です。

クレジットカードは、現金の代わりに支払いができるだけではなく、旅行保険や盗難保険を利用することができ、さらに割引優待やポイントアップ優待などの会員特典を利用することができます。しかし、プリペイドカードは現金の代わりに支払いができるカードではありますが、保険サービスや会員特典は付帯されていないカードとなります。

しかも、クレジットカードはゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどの上位カードを取得することで、周りからの評価をアップさせることも可能です。信用力という意味でも、クレジットカードを保有するメリットはかなり大きくなりますので、プリペイドカードよりもクレジットカードを取得されることをおすすめします。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ