CICとは?CICの異動とは?信用情報の照会・見方・開示方法は?

CICCIC(シー・アイ・シー)とは、クレジットカードやショッピングローン、キャッシングやカードローンなどの利用状況や支払い状況を収集・管理している信用情報機関です。

CICは、クレジットカード会社や信販会社、ローン会社や消費者金融の他にも、銀行や信用金庫なども加盟している信用情報機関となりますので、CICで支払いの遅れや延滞があると、その後にクレジットカードやローンを利用することが非常に困難になる信用情報機関です。

そこで、CIC(シー・アイ・シー)について、CICの異動について、CIC信用情報の照会や開示方法についてまとめました。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

CIC(シー・アイ・シー)とは?

CIC(シー・アイ・シー)は、個人の与信審査を行うことを目的として設立された個人信用情報機関の1つですが、カード会社や信販会社がCICに加盟すると、私たちの氏名や生年月日、職業や年収などの属性情報はもちろん、過去の利用状況や返済状況が全て閲覧できるようになります。

CICに加盟している会員は、カード会社や信販会社、銀行や信用金庫の他にも、携帯キャリアのNTTドコモやKDDI、ソフトバンク、家賃保証会社のCasaやリクルートフォレントインシュア、不動産業の大和ハウスフィナンシャル(大和ハウスグループ)やレオパレス21も加盟しています。

その他にも、政府系金融機関の日本政策金融公庫やJA(農業協同組合)、生命保険会社の日本生命保険も加盟していますので、CICの個人情報に支払いの遅れや延滞の記録が残ると、その後のローンや融資がかなり厳しくなります。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクもCICに加盟している

最近では、携帯電話やスマートフォンを分割払いで購入する方が増えていますが、携帯電話大手のNTTドコモやau(KDDI)、ソフトバンクもCICに加盟していますので、携帯電話やスマホの分割払いで支払いの遅れや延滞があると、クレジットカードやローンが利用できなくなります。

CICの情報は家賃保証・賃貸保証でも利用されている

CICの個人情報は、家賃保証や賃貸保証でも利用されています。たとえば、信販会社のアプラスやジャックス、カード会社のエポスカードやオリエントコーポレーション(オリコ)は、クレジットカード事業やローン事業も行っていますが、その他にも賃貸保証事業も行っていますので、CICで支払いの遅れや延滞があると部屋を借りることができなくなります。

また、家賃保証を専門に行っているCasaやリクルートフォレントインシュアもCICに加盟していますので、賃貸で部屋を借りる際には、どの会社が保証会社になっているのかを確認することが重要です。仮にショッピングローンやクレジットカードで、過去に支払いの遅れや延滞があった場合には、CICに加盟していない保証会社を利用されることをおすすめします。

レオパレス21や大和ハウスもCICに加盟している

CICは、レオパレス21や大和ハウスも加盟していますので、賃貸マンションや賃貸アパート、マンスリーマンションなどを利用する際にも、クレジットカードやローンの利用状況を確認される可能性があります。過去に支払いの遅れや延滞がある場合には、レオパレス21や大和ハウスを利用するのは避けたほうが良いでしょう。

CICの異動とは?

CICの異動とは、債務整理や自己破産、個人再生などを行った場合、又は長期間に渡って支払いをしなかった場合など、いわゆる金融事故があった場合に、CICに「異動」と登録されます。

一般的に、個人信用情報機関の異動情報は最もネガティブな情報となりますので、仮にCICに「異動」が登録された場合には、その後、クレジットカードやローン、キャッシングやカードローンなどは一切利用できなくなります。また、CICの異動は携帯電話やスマートフォンの分割払い、マンションやアパートなどの賃貸契約、家賃保証や賃貸保証にも大きな影響が出ることとなります。

支払いの遅れでCICに異動が登録される場合は?

支払いの遅れや延滞でCICに異動が登録されるのは、支払日から61日以上が経過した場合、又は3ヶ月以上の延滞があった場合に、CICに異動が登録されます。CICの異動は、金額の大小は関係がありませんので、たとえ100万円の支払いが残っていても、たとえ残額が1円だとしても、長期間の延滞は異動が記録されます。

CICに異動が登録される期間は?

CICに異動が登録される期間は、取引終了後の5年間です。仮に契約が継続している場合は、契約期間中も異動情報が登録され続けますので、契約期間中から契約終了後(取引終了後)の5年間が、異動情報の登録期間となります。

CICの信用情報の照会・開示方法は?

CICは、CICに登録されている信用情報をいつでも照会することができます。CICで信用情報を照会するには、CICに開示請求することで、自分自身の信用情報を確認することができるようになります。

CICの情報開示の方法は、「インターネット開示」「郵送開示」「窓口開示」の3つです。

インターネット開示

インターネット開示は、パソコンやスマートフォンからインターネット上で情報開示を行う方法です。インターネット開示は、インターネットを利用しますので、自宅に居ながらいつでも好きな時に開示ができる最もおすすめの方法です。

・インターネット開示
サービス日時:毎日8時~21時45分まで
用意するもの:クレジットカードの契約で利用した発信番号を通知できる電話
手数料:1,000円
※インターネット開示で利用可能なクレジットカードは、イオンカード、エポスカード、オリエントコーポレーション(オリコカード)、クレディセゾン(セゾンカード)、ジャックスカード、セディナカード、ジェーシービー、三井住友トラストクラブ(ダイナースクラブカード)、トヨタファイナンス、三井住友カード、三菱UFJニコス、ユーシーカード、ライフカードです。

郵送開示

郵送開示は、申込書や本人確認書類、手数料などをCICに郵送して、郵送した書類がCICに到着後、10日間ほどで開示報告書が送付される開示方法です。郵送開示は、書類のやり取りとなりますので若干時間がかかる方法で、尚且つ必要となる書類を事前に準備しなければなりませんので、あまりおすすめできる開示方法ではありません。

・郵送開示
サービス日時:申し込みから10日間程度
用意するもの:開示申込書、本人確認書類などの必要書類
手数料:1,000円(ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書)

窓口開示

窓口開示は、CICの窓口で直接情報開示をする方法です。札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡の希望する窓口に行き、設置されているタッチパネル端末機で入力操作をすると、その場で開示報告書を受け取ることができます。

・窓口開示
サービス日時:平日10時~12時、13時~16時
用意するもの:本人確認書類などの必要書類
手数料:現金500円
※窓口開示は、北海道開示相談室(札幌)、東北開示相談室(仙台)、首都圏開示相談室(東京)、中部開示相談室(名古屋)、近畿開示相談室(大阪)、中四国開示相談室(岡山)、九州開示相談室(福岡)で行うことができます。

携帯電話・スマートフォンの分割払いや賃貸契約・賃貸保証は非常に危険

CICは、主にクレジットカード会社やローン会社、信販会社が加盟している信用情報機関となりますが、最近ではNTTドコモやソフトバンク、大和ハウスやレオパレス21など、金融会社ではない企業が加盟するようになっています。

また、CICは銀行や信用金庫などの金融機関、キャッシングやカードローンなどの消費者金融なども加盟していますので、CICに支払いの遅れや延滞の記録が残ると、その後、ほとんどの金融会社が利用できなくなります。特にCICに異動が登録されると、どのカード会社に申し込みをしても、どのローン会社に連絡をしても、審査に通ることができなくなります。

さらに、5年以上が経過してCICの異動情報が削除されたとしても、今度は信用情報が真っ白な状態(スーパーホワイト)となりますので、仮に異動情報が消えたとしても、この先もクレジットカードやローンを利用することができなくなるのです。

クレジットカードやローンを1度も利用したことがない方でも、携帯電話やスマートフォンの分割払い、あるいは家賃の延滞で、信用情報がブラックになるケースもあります。スマートフォンの分割払いが信用情報機関に登録されることを知らない方もいますので、安易に分割払いを利用するのは非常に危険なのです。

クレジットカードが作れない、ローンが組めないという状況にならないためにも、毎月遅れずに支払いをすることが重要です。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ