個人信用情報機関とは?信用情報の登録とは?照会・開示するには?

個人信用情報機関とは?信用情報の登録とは?照会・開示するには?個人信用情報機関とは、カード審査や与信判断のために個人の信用情報を収集・管理している機関を指します。

たとえば、氏名や生年月日、住所や電話番号はもちろん、利用しているローンやクレジットカード、カードローンの有無、利用状況や返済状況、利用残高など、個人信用情報機関には過去の利用状況から現在の利用状況まで全てが記録されています。

また、日本国内には個人の信用情報を収集・管理している機関は複数ありますので、それぞれの機関が独自に個人の利用状況を管理しています。

そこで、個人信用情報機関について、個人信用情報機関の登録について、個人信用情報機関の照会や開示についてまとめました。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

個人信用情報機関とは?

個人信用情報機関は、個人の信用情報を収集・管理している機関ですが、日本国内の個人信用情報機関は、主にクレジットカード会社や信販会社が加盟しているCIC、消費者金融系の会社が加盟しているJICC、銀行などの金融機関や銀行系のカード会社が加盟している全銀協の3つがあります。

CIC(シー・アイ・シー)

CICは、主にクレジットカード会社やローン会社、信販会社などが登録している個人信用情報機関です。また、CICは銀行系や流通系などの金融会社も登録していますので、CICは加盟会員が最も多い個人信用情報機関となります。

JICC(日本信用情報機構)

JICCは、主にキャッシングやカードローンを取り扱っている金融会社が登録している個人信用情報機関です。現在は、信販会社やカード会社もJICCに登録する傾向がありますので、CICと重複している加盟会員が多いことが特徴です。

全銀協(全国銀行協会)

全銀協は、銀行や信用金庫などの金融機関、銀行系のカード会社などが登録している個人信用情報機関です。現在は、CICとJICC、全銀協の全てに加盟している金融会社やカード会社が増えています。

個人信用情報機関の登録とは?

個人信用情報機関は、私たちがクレジットカードやカードローン、住宅ローンやショッピングローンなどの利用状況を詳細に記録・登録しているのが信用情報機関です。

また、個人信用情報機関に加盟している金融機関や金融会社は、登録されている個人信用情報をいつでも閲覧することができますので、新規の申し込み時や与信判断などで、利用者の信用情報をその都度確認することができます。

そのため、仮にクレジットカードやカードローンなどで支払いの遅れや延滞があると、支払いが遅れたという事実が個人信用情報機関に登録されますので、支払いが遅れたカード会社だけではなく、他のカード会社や信販会社にも情報が共有され、今後のカード利用が困難になるのです。

さらに、3ヶ月以上の延滞は「異動」として登録され、自己破産や債務整理、個人再生や特定調停といったネガティブな記録と同じように、何年にも渡って登録され続けることになります。支払いの遅れや延滞が個人信用情報機関に記録されることは、「支払い能力がない」「お金にルーズ」「信用できない会員」と烙印を押されていることと同じですから、今後のカード利用が絶望的となるのです。

信用情報の照会とは?信用情報を開示するには?

個人信用情報機関は、いつでも好きな時に支払い状況や利用状況を照会することができます。また、希望するタイミングで情報開示を請求することができますので、自分自身の過去の利用状況や返済状況を確認したい場合には、個人信用情報機関に情報開示を行う流れとなります。

個人信用情報機関の情報開示は、各団体ごとに手続きがそれぞれ異なりますが、主に窓口による情報開示と郵送による情報開示、インターネット上からの情報開示の3つになります。1回の情報開示の手数料は、おおむね1,000円程度です。

ただし、個人信用情報機関の照会や開示は、本人のみが行えるものとなりますので、第3者が代理で情報開示や照会を請求することはできません。信用情報機関の照会・開示は、情報を照会する本人が行うことが条件となります。

支払いの遅れや延滞があるとクレジットカードやローンが組めなくなる

個人信用情報機関は、私たちの利用状況や返済状況を全て記録している信用情報機関ということもあり、どこか1つでも支払いが遅れてしまうと、以降のクレジットカードやローンの審査に大きな影響が出ることとなります。

クレジットカードやカードローンなどの審査は、個人信用情報機関に登録されている情報を元にカード発行が可能かどうかを判断していますので、支払いの遅れや延滞があると「支払い能力がない」と判断されて、審査に落ちてしまうことになります。

これは住宅ローンも同じで、クレジットカードやカードローンなどで支払いの遅れや延滞があると、銀行などの金融機関で住宅ローンを組むことができなくなるのです。

クレジットカード引き落とし日の当日に間に合わなかった時の対処法

また、他社からの借り入れが多い場合にも、審査で否決されることとなります。クレジットカードやカードローンは、いくらでも上限なしで借りれるというものではありませんので、年収と比較してあまりにも他社の利用があると審査でNGが出るのです。

カード会社や信販会社、ローン会社は個人信用情報機関を通じて全ての情報を共有していますので、支払いの遅れや延滞は致命的です。今後、一生カードが作れない、ローンが組めないという事態にならないためにも、毎月の支払いだけは遅れずに行うことが重要なのです。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ