現金とクレジットカードはどっちがお得?損をするのはどっち?

現金とクレジットカードはどっちがお得?損をするのはどっち?現金で買い物をするのと、クレジットカードで買い物をするのでは、どちらがお得なのかと疑問に思われたことはないでしょうか。あるいは、現金とクレジットカードでは、損をするのはどちらなのかと疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

同じ買い物でも、現金で支払うのか、クレジットカードで支払うのかという支払い方法の違いだけで、お得になったり損をするなら、誰でも得をするほうが良いですよね。

では、現金とクレジットカードでは、はたしてどちらがお得なのでしょうか。支払い方法が違うだけで損をすることはあるのでしょうか。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

現金とクレジットカードはどっちがお得?

普段、買い物をする際に、現金で支払うのか、それともクレジットカードで支払うほうが良いのかは、とても悩みますよね。

一般的に、クレジットカードで支払う最大のメリットは、支払い金額に応じてポイントがもらえることです。クレジットカードのポイントは、おおむね0.5%~1.0%前後が還元されるようになりますので、たとえば1万円の買い物をすると、50円~100円分のポイントが付与されることとなります。

また、クレジットカードによっては、ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードもありますし、会員特典やキャンペーンなどでポイント倍率が10倍~20倍以上に大幅アップすることもあります。

ただ、クレジットカードは現金を持っていなくても買い物ができる仕組みということもあり、場合によっては使い過ぎてしまうといったデメリットがあります。そのため、クレジットカードは使わずに、普段から現金を持ち歩いているという現金派・現金主義の方もいます。

現金で支払うメリットは?

現金で支払うメリットは、どのお店でも商品を購入することができることです。ごく当たり前のこととなりますが、現金は世の中に流通している通貨となりますので、現金を持ってさえいれば、たとえどんな商品でも購入することができます。

逆に、クレジットカードの場合は、カード会社や代理店と提携(加盟店契約)をしなければクレジットカードで支払うことができませんので、全てのお店でクレジットカードが使えるというわけではないのです。クレジットカード決済を導入すると、決済金額の数%が手数料として徴収されますので、店舗側としては非常に大きな負担となります。そのため、小規模な店舗やお店では、なかなかカード決済を導入できないというデメリットがあるのです。

また、現金での支払いは、財布に入っている現金の範囲内で買い物をするようになりますので、使い過ぎることがないというメリットもあります。現金で支払うと、目に見えてどんどん現金が少なくなっていきますので、日々の節約にも繋げることができます。

クレジットカードで支払うメリットは?

クレジットカードで支払うメリットは、ポイントがもらえること、スムーズに支払いができること、現金を持ち歩く必要がないことなどがあります。また、クレジットカードで支払うことで、毎月の支払いを一括で管理することができますので、家計簿の管理もしやすくなるメリットもあります。

支払い金額に応じてポイントがもらえる

クレジットカードで支払う最大のメリットの1つに、ポイントがもらえることがあります。クレジットカードのポイントは、クレジットカードごとに還元率が異なりますが、最低でも0.5%~1.0%前後が還元されますので、現金で支払うよりもクレジットカードで支払うほうがお得です。

また、ポイント還元率が高いクレジットカードやポイント優待などを利用することで、3%~5%のポイント還元、あるいは5%~10%以上のポイントを受け取ることもできますので、クレジットカードで買い物をするほうが断然お得なのです。

現金を持ち歩く必要がない

クレジットカードを使うメリットは、現金を持ち歩く必要がないことも大きな魅力です。たとえば、まとめ買いや大きな買い物をする際に、財布の中に何万円も何十万円も入れて持ち歩くのは、さすがに危ないですよね。もし財布を落としてしまったら、財布に入れていた現金を全て失ってしまうことになります。

クレジットカードなら、仮に落としたとしてもすぐにカード会社に連絡をすればカードを止めることができますので、お金を失ってしまうというリスクがありません。しかも、クレジットカードは、不正利用などの際に損害が補償される保険が利用できますので、仮に第三者による不正利用があったとしても、本人が損をすることはないのです。

スムーズに支払いができる

クレジットカードを利用することで、支払いをスムーズに行うことができます。逆に、現金で支払うとなれば、支払いのたびにレジで小銭を探すことになりますので、ものすごく大変ですよね。特に混雑している時などは、周りにも迷惑をかけますので、スムーズに支払いができることもメリットの1つです。

また、電子マネーを搭載したクレジットカードなら、さらに時間を短縮することができますので、スーパーやコンビニの買い物でも、ホンの数秒で支払いを済ませることができるようになります。

支払いを先延ばしにできる

クレジットカードは後払い方式の支払い方法となりますので、手元に現金を持っていなくても買い物をすることができる仕組みです。また、クレジットカードの引き落としは、早くても1ヶ月~2ヶ月後、遅ければ2ヶ月~3ヶ月後に引き落としとなりますので、支払いを先延ばしにすることができます。

振込手数料がかからない

一般的に銀行振り込みでは、所定の振込手数料が必要となりますが、クレジットカードの支払いでは、支払い時に何らかの手数料がかかるということはありません。また、ネット通販などで代金引換で商品を購入した場合にも代引き手数料が必要となりますが、ネット通販の買い物でもクレジットカードで支払うことで、手数料無料で支払いをすることができます。

家計簿の管理がしやすい

クレジットカードは、各カード会社ごとに1ヶ月単位で締日があります。そのため、クレジットカードで買い物をすると、1ヶ月ごとに利用明細で買い物をした内容を確認することができます。

また、最近ではWEB上でも確認することができるようになっていますので、管理画面にログイン後、利用明細をダウンロードすることで、いつでも明細を確認することができるようになります。

結局、現金とクレジットカードはどっちがお得?どっちが損なの?

現金とクレジットカードでは、どちらがお得なのかとなれば、クレジットカードのほうが何倍もお得です。逆にクレジットカードは使わず、いつも現金で支払っていると、毎月数百円~数千円を損することになります。場合によっては、毎月何万円もの差が出ることとなりますので、現金での支払いは、かなり損をすることになるのです。

クレジットカードだと使い過ぎてしまう場合の対処法

クレジットカードで買い物をすると、どうしても使い過ぎてしまうという場合には、クレジットカードで支払った分を、現金で別に分けておくことで、使い過ぎを防止することができます。

たとえば、クレジットカードで1万円の買い物をしたら、1万円の現金を別の財布や封筒に入れて保管します。保管した現金は、クレジットカードの引き落としの際に銀行口座に入金します。こうすることで、クレジットカードをどれだけ使っても、現金で支払いをしているのと同じになりますので、カードの使い過ぎの防止になります。

クレジットカードは、現金で支払うよりも何倍もお得な支払い方法です。また、クレジットカードには、旅行傷害保険などのカード付帯保険やショッピング保険が付帯されていますので、万が一の場合でも非常に安心なのです。

しかも、クレジットカードによっては、コンビニやスーパー、百貨店などで5%~10%の割引が受けられたり、空港のラウンジが無料で利用できる特典もあります。ホテルや旅館、ゴルフ場などの割引、医療の相談や家族が補償されるクレジットカードもあります。

クレジットカードを上手に活用することで、ポイントだけではなく様々な特典を利用することができるようになりますので、現金よりもクレジットカードを利用されることをおすすめします。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

JCBゴールド

このページの先頭へ