クレジットカードの盗難・紛失の対処法は?再発行は?警察に届出は?

クレジットカードの盗難・紛失の対処法は?再発行は?警察に届出は?クレジットカードを紛失してしまったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。通常クレジットカードは財布に入れていることが多く、財布ごと落としてしまうと、財布に入れていたクレジットカードも同時に無くしてしまうことがあります。

またクレジットカードは、カード番号や有効期限、セキュリティコードがわかれば、誰でも簡単に本人になりすまして不正に利用することができますので、クレジットカードの紛失や盗難の際には、すぐに適切な対応を行うことが重要です。

そこで、クレジットカードの盗難や紛失の対処法について、クレジットカードの再発行について、カード会社や警察への届け出についてまとめました。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

クレジットカードの盗難・紛失に気が付いたら?

クレジットカードの盗難や紛失に気が付いたら、まず最初に行うことは「カード会社に連絡をする」ことです。

クレジットカードは、カード番号、有効期限、セキュリティコードで認証して決済を行いますので、クレジットカードを持っている人物がカード会員なのか、それとも全く違う別人なのかはあまり関係がありません。

特にネット通販で買い物をする場合は、本人のサインや暗証番号の入力を行わずにカード決済が完了しますので、カード番号と有効期限とセキュリティコードがわかっていれば、第3者が不正にクレジットカードを悪用することが可能になるのです。そのため、仮にクレジットカードの盗難や紛失があった場合には、すぐにカード会社に連絡をして、まずはクレジットカードを停止することが重要です。

また、カード会社への連絡が遅くなると、万が一、クレジットカードの不正利用があった場合に盗難保険などが適用されなくなり、不正に利用された全額が自己負担になるケースもあるのです。

クレジットカードの盗難や紛失に気が付いたら、すぐにカード会社に連絡をすることが重要です。

カード会社に紛失・盗難の連絡をした後は?

クレジットカードの紛失や盗難があった場合には、すぐにカード会社に連絡します。その後、基本的にはカード会社からの指示に従うこととなりますが、カード会社に連絡をしたら最寄りの警察署にも紛失届けを提出します。

警察に紛失届けを出すのは、クレジットカードを本当に紛失したことを証明するためです。クレジットカードの紛失や盗難は自己申告となりますので、クレジットカードを落としてしまったということにして、不正にカードで大量に買い物をする自作自演も可能です。そのため、カード会社に連絡をしたら、すぐに警察にも紛失届けを出して、本当にクレジットカードを紛失したことを届け出る必要があるのです。

また、警察に紛失届けを出さないと、万が一、不正利用があった場合に補償されなくなりますので、カード会社と警察への連絡はすぐに行うことが重要です。

クレジットカードの不正利用はカード会社が必ず補償する?

クレジットカードで不正利用があった場合は、カード会員が損害を補償するのではなく、原則カード会社側が補償することになります。

そのため、クレジットカードに入会後、万が一、カードの不正利用があった場合でも、基本的にはカード会員が何らかの費用を支払うということはありません。また、不正利用による損害をカード会社から請求されるということもありませんので、カード会社への連絡や警察への届け出をきちんと対応すれば、それほど心配する必要はありません。

ただ、クレジットカードの不正利用は、あくまでも本当に不正に利用された場合にカード会社側が補償することになりますので、カード会員に重大な過失がある場合、故意に紛失した場合は、被った損害をカード会社から請求される可能性があります。

その他、クレジットカードの裏面に署名がない場合(クレジットカードの裏面が空欄の場合)も、不正利用による損害が補償されなくなりますので、クレジットカードが手元に届いたら必ず裏面に署名されることをおすすめします。

クレジットカードの再発行は?再発行時の手数料は?

クレジットカードを紛失したり盗難にあった場合には、カード番号が異なる新たなクレジットカードを再発行してもらうことができます。

紛失や盗難による再発行は、その後に不正利用をされる恐れがありますので、以前のカード番号とは異なる番号のクレジットカードが新たに発行されます。新しいクレジットカードは、おおむね1週間~2週間程度で届きますので、クレジットカードが届き次第、電気代や水道代、携帯電話料金などの自動引き落としを改めて設定することとなります。

また、クレジットカードの紛失や盗難で再発行をする際には、所定の発行手数料がかかるようになります。カードの紛失や盗難による再発行は、クレジットカードの新規発行時のカード発行や更新時のカード発行とは異なりますので、クレジットカードの紛失や盗難で再発行をする際には、発行手数料が別でかかるのが一般的です。

また、最近では年会費が無料のクレジットカードが多くなっていますが、たとえ年会費無料のクレジットカードでも紛失・盗難時の再発行は手数料がかかります。ETCカードや家族カードを紛失した場合も同様に、所定の発行手数料がかかるようになりますので、クレジットカードはしっかりと管理することが重要です。

紛失・盗難に気が付いたらすぐに連絡をすることが重要

クレジットカードの紛失や盗難に気が付いたら、すぐにカード会社に連絡して、警察への届け出を行うことが重要です。逆に、カード会社への連絡が遅くなったり、警察への紛失届けを出さなかった場合には、紛失したクレジットカードで不正利用があった際に一切補償されなくなる可能性があります。

クレジットカードは個別に利用限度額が設定されていますが、一般カードはおおむね10万円~50万円の利用限度額が設定されます。ゴールドカードなら100万円~300万円前後、プラチナカードなら500万円~1,000万円以上の利用限度額が設定されることもあります。仮にクレジットカードを紛失して、不正利用の損害を自分で補償するとなれば、数十万円~数百万円を支払うことになります。

クレジットカードの紛失や盗難は、しっかりと対応すればカード会社側で全額を補償しますので、紛失・盗難に気が付いたらすぐに連絡をすることが最も重要なことなのです。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ