電子マネーのチャージは強制退会になる?チャージは不正利用になる?

電子マネーのチャージは強制退会になる?チャージは不正利用になる?クレジットカードで電子マネーのチャージをしている方は多いのではないでしょうか。たとえば、nanacoや楽天Edy、SuicaやPASMOのチャージなど、クレジットカードを利用して電子マネーにチャージをすることで、通常どおりポイントを貯めることができる電子マネーもありますので、ポイント目当てでチャージをする方も多いのです。

しかし、クレジットカードで電子マネーのチャージを繰り返していると、ある日突然、クレジットカードが強制退会になることがあります。

特に不正利用をしているわけではありませんし、支払いの遅れや延滞があったわけではありません。ただ普通にクレジットカードを利用しているだけなのに、いきなりクレジットカードが使えなくなることがあるのです。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

電子マネーのチャージは強制退会になる?

通常、クレジットカードの利用では、普通にクレジットカードを使っている限りは、ある日突然、強制退会になるということはまずありません。

強制退会とは、カード会社側の判断でクレジットカードの利用を停止して、カード会員の退会処理を行うことを言います。強制退会は、非常に悪質な場合の最終手段となりますので、度重なる支払いの延滞や不正利用などがなければ強制退会になることはないのです。

クレジットカードの強制退会とは?強制解約になる理由とは

そこで、クレジットカードの強制退会になる理由の1つに、「クレジットカードの不正利用」があります。クレジットカードの不正利用とは、カード会社が禁止していることを不正に行うことを言いますが、電子マネーのチャージについても、カード会社が禁止している不正利用に該当する場合があるのです。

電子マネーのチャージが不正利用になる理由は?

電子マネーのチャージは、クレジットカード会社が認めているものとなりますので、原則としては電子マネーのチャージは不正利用には該当しません。

しかし、電子マネーとはその場で現金のやり取りをしなくても、現金の代わりに買い物をしたり、様々な支払いに使うことができるものとなりますので、クレジットカードで電子マネーにチャージする行為は、クレジットカードのショッピング枠を現金化しているのと同じになるのです。

クレジットカードの現金化は絶対NG

各カード会社は、クレジットカードの現金化は一切認めていませんので、仮にカードの現金化がバレると、即クレジットカードが利用停止になります。

また、クレジットカードはギフト券や商品券といった金券の購入についても制限をしていますので、何十万円も金券ばかりを購入していると、規約違反としてクレジットカードの利用停止になることがあるのです。貴金属やブランド品などの換金性の高い商品についても、クレジットカードの利用が制限されます。

クレジットカードで食料品や日用品などを購入することは特に問題はありませんが、すぐに換金できる商品については、厳しく取り締まっているのです。

クレジットカードの現金化とは?カード現金化の仕組みとは

電子マネーのチャージは不正利用になる?

電子マネーのチャージが、カード会社が定める禁止事項に該当するかどうか、あるいはクレジットカードの不正利用になるかどうかは、チャージの回数とチャージの金額によって決まります。

たとえば、クレジットカードの利用が電子マネーへのチャージばかりという場合は、クレジットカードを利用する目的が電子マネーのチャージになりますので、明らかな不正利用と考えられます。

たとえば、電子マネーのチャージで毎月何万円も何十万円も決済しているとなれば、クレジットカードの現金化を目的とした不正利用と思われるのです。

電子マネーは少額決済を目的とした支払い方法

そもそも電子マネーとは、スーパーやコンビニなどの少額決済を目的とした決済方法となりますので、毎月何万円も何十万円も利用するものではありません。

また、QUICPayやiDのように、クレジットカードと一体型の電子マネーを利用することで、わざわざ電子マネーにチャージをする必要もないのです。電子マネーを利用するなら、JCBカード三井住友VISAカードに入会することで、どなたでも電子マネーを利用することができます。

しかも最近では、1万円以下の買い物ならサインレスでクレジットカードが利用できる店舗やお店も増えていますので、電子マネーにまとまった金額をチャージするという行為が不自然なのです。そのため、クレジットカードで電子マネーのチャージをする際には、1ヶ月に数千円~1万円程度、多くても1万円~2万円程度であれば、特に問題なく今後もクレジットカードを利用することができます。

しかし、電子マネーのチャージで3万円~5万円、あるいは5万円~10万円以上のチャージを行うとなると、カード会社からクレジットカードの不正利用を疑われることとなりますので、電子マネーのチャージは必要最低限の金額をチャージすることが重要です。

クレジットカードが強制退会になると社内ブラックになりますので、今後クレジットカードを取得することが非常に困難となります。自分自身の信用も著しく低下しますので、決済金額などを考慮した上で電子マネーのチャージを利用されることをおすすめします。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ