iDの上限は?電子マネーiDの限度額や利用可能枠、上限金額はいくら?

電子マネーiDiD(アイディ)は、NTTドコモが運営しているポストペイ型(後払い方式)の電子マネーとなりますが、iDはおサイフケータイやクレジットカード、プリペイドカードとして利用することができます。

また、電子マネーのiDは年会費無料で、専用端末にかざすだけで支払いを完了することができますので、iDは非常に便利な支払い方法なのです。

では、電子マネーiDの上限はいくらなのでしょうか。iDの限度額や利用可能枠、上限金額はいくらになるのでしょうか。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

iD(アイディ)の上限は?

iD(アイディ)は、NTTドコモが運営する電子マネーということもあり、NTTのdカードdカードGOLDで利用することができます。また、iDのサービスを国内で最初に開始したのが三井住友カードということもあり、iDは三井住友VISAカードとの相性が非常に良い電子マネーです。

その他、電子マネーのiDはオリコカードライフカードセゾンカード三井住友トラストVISAカードなどでも利用することができます。

そこで、iDの上限については、原則としてiDはポストペイ型の電子マネーということもあり、各カード会社が定める上限や加盟店が定める上限に準じます。そのため、iDの上限金額がいくらなのかについては、利用している会員ごとにそれぞれ異なるようになります。

dカード miniの上限は1ヶ月間に最大3万円まで

dカード miniは、NTTドコモの携帯電話料金の支払状況などを考慮して、5,000円、10,000円、30,000円の3段階のいずれかで設定されます。また、設定された上限額の範囲内であれば、1,000円単位で設定額を自分で変更することも可能です。

dカード miniの限度額をアップするには?

dカード miniの限度額をアップするには、遅れずに支払いをすることが重要です。また、毎月の利用金額(利用頻度)についても、現在設定されている上限まで毎月こまめに利用することも重要となります。

dカード miniの限度額は、NTTドコモが会員の利用状況や返済状況、利用年数などを総合的に判断して限度額を設定します。そのため、いつも遅れ遅れで支払いをしている場合、ほとんどiDを利用していない場合には、dカード miniの限度額をアップすることは難しいのです。特に限度額の変更には「支払い状況」と「利用状況」の2つが重要となりますので、適切に利用されることをおすすめします。

iD(アイディ)の限度額・利用可能枠は?

iD(アイディ)はポストペイ型(後払い方式)の電子マネーとなりますので、iDの限度額や利用可能枠はクレジットカードの利用限度額に準じます。たとえば、クレジットカードの利用限度額が30万円なら、iDの利用可能枠も30万円となります。たとえば、クレジットカードの利用限度額が100万円なら、iDも100万円まで利用することができます。

ただし、クレジットカードとiDの利用限度額は、それぞれに設定されているのではなく同一の利用限度額となりますので、他の買い物でクレジットカードの利用限度額を使い切ると、iDの利用ができなくなることもあります。

iDを利用する際には、クレジットカードの利用限度額に空きがあること(利用限度額が残っていること)が条件となりますので、毎月iDで利用する金額分の限度額を残しておくことが重要です。

iDで支払いができる限度額は?

iDで支払いができる限度額や上限金額は、加盟店によって異なります。たとえば、あるお店ではiDの利用は3万円までで、3万円以上の場合にはクレジットカードで支払うお店があります。

また、あるお店ではiDは5万円まで、あるいは10万円までなら利用できるというお店もあります。そのため、iDで支払いができる限度額は、店舗やお店によって異なりますので、一律でいくらまでと決まっているものではありません。

ただ、iDはサインレスの電子マネーということもあり、5万円~10万円以上の高額な買い物を目的としたサービスではなく、数百円~数千円、1万円~2万円前後の少額決済を目的としたサービスとなります。

1万円以下の利用なら特に問題はありませんが、3万円を超える買い物でiDを希望する場合には、利用が可能かどうかをお店に確認するほうが良いでしょう。

電子マネーのiDを利用するなら三井住友VISAカードがおすすめ!

電子マネーのiDを利用するなら、三井住友VISAカードがおすすめです。

三井住友カードは、日本で初めてVISAカードを発行したクレジットカード会社としても有名で、三井住友VISAカードは信頼性やステータス性、安全性やセキュリティ面にも優れた非常におすすめのクレジットカードです。

また、国際ブランドのVISAは、世界シェアNo1のクレジットカードブランドとなりますので、VISAカードを持っていれば、日本国内はもちろん、世界中でストレスなく買い物をすることができるのです。しかも、三井住友カードiDは、ケータイ型と一体型、専用カードの3つから自由に選ぶことができますので、かなり使い勝手の良い電子マネーです。

三井住友VISAカードなら、初めてクレジットカードを作るという方でも、学生の方や主婦の方でも、どなたでも安心して申し込みを行うことができますので、三井住友VISAカードは非常におすすめのクレジットカードなのです。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ