クレジットカードと電子マネーの違いは?どっちがお得?便利?

クレジットカードと電子マネーの違いは?どっちがお得?便利?クレジットカードと電子マネーは何が違うのかと、疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。クレジットカードも電子マネーも、どちらも現金の代わりに利用することができる決済方法となりますが、クレジットカードと電子マネーは、それぞれに特徴があります。

また、クレジットカードも電子マネーも、どちらも利用金額に応じてポイントを貯めることができますので、クレジットカードと電子マネーは違いが非常にわかりにくいものなのです。

では、クレジットカードと電子マネーは何が違うのでしょうか。クレジットカードと電子マネーは、どちらがお得で、どちらが便利なのでしょうか。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

クレジットカードと電子マネーの違いは?

クレジットカードと電子マネーは、どちらもお金の代わりに使うことができる決済方法の1つですが、クレジットカードと電子マネーの大きな違いは、「利用できる店舗数の違い」「利用条件の違い(審査の有無の違い)」「支払いにかかる時間の違い」「ポイントの違い」「上限や限度額の違い」の5つです。

利用できる店舗数の違い

クレジットカードは、国際ブランドごとに利用できる店舗やお店は異なりますが、クレジットカードと電子マネーの大きな違いの1つに、クレジットカードのほうが利用できる店舗数が圧倒的に多いという特徴があります。

クレジットカードは、主にJCB、VISA、MasterCard、American Express、Diners Clubの5つのブランドの中から希望するブランドを選択することになりますので、選択するブランドによっては「利用できるお店」「利用できないお店」があります。しかし、クレジットカードの加盟店は、電子マネーとは比べものにならないほど多くの加盟店が参加していますので、利用できる店舗数はクレジットカードのほうが圧倒的に多いのです。

特にネット通販では、クレジットカードはほぼ全ての店舗で利用できますが、電子マネーはごく一部の店舗のみが対応している状況となっています。そのため、ネット通販を利用する際には、クレジットカードは必須と言えます。

利用条件の違い(審査の有無の違い)

クレジットカードは、銀行口座から1ヶ月分がまとめて引き落としになる後払い方式の決済方法です。電子マネーは、チャージをした金額の範囲内で利用できる「プリペイド型」と、クレジットカードと同じように後払いで利用する「ポストペイ型」の2つがあります。

そこで、クレジットカードの利用条件は、カード会社側が審査を行い、審査に通過した場合のみ、クレジットカードが発行される仕組みです。プリペイド型の電子マネーには原則審査がありませんので、希望すれば必ず取得することができます。

また、クレジットカードは、高校生を除く18歳以上が対象となりますので、小学生や中学生は利用することができません。電子マネーは種類によって異なりますが、プリペイド型の電子マネーなら原則年齢制限はありませんので、小学生や中学生でも利用することができます。

支払いにかかる時間の違い

通常、クレジットカードで支払いを行う場合には、サイン、又は暗証番号の入力が必要となりますので、クレジットカードの支払いが完了するまでには数分程度の時間がかかります。しかし、電子マネーで支払う場合には、専用端末にカードをかざすだけで支払いが完了しますので、ホンの数秒で支払いを済ませることができます。

そのため、クレジットカードと電子マネーでは、支払いにかかる時間が大幅に異なります。特に、スーパーやコンビニなどの少額決済では、クレジットカードよりも電子マネーのほうが便利です。逆に、スーパーやコンビニの買い物でクレジットカードを利用すると、支払いが完了するまでにかなり待たされることになりますので、周りから変な目で見られる場合があります。

ポイントの違い

クレジットカードも電子マネーも、どちらもポイントを貯めることができますが、より多くのポイントを貯めることができるのは電子マネーになります。

たとえば、プリペイド型の電子マネーを利用する際に、クレジットカードでチャージして電子マネーで支払いをすることで、クレジットカードのポイントと電子マネーのポイントの2つを貯めることができるようになります。

ただし、クレジットカードの種類によっては、電子マネーへのチャージではポイントが付与されないクレジットカードもありますので、クレジットカードで電子マネーにチャージする際には、必ずチャージでもポイントが付与されるクレジットカードを利用することが重要です。

上限や限度額の違い

クレジットカードは、カードが発行される際に利用限度額が設定されますので、設定された限度額までなら、いつでも利用することができます。クレジットカードの利用限度額は、年齢や年収、職業や勤続年数などによって異なりますが、主に一般カードでは10万円~50万円、ゴールドカードでは50万円~200万円、プラチナカードやブラックカードでは300万円~1,000万円以上の限度額が設定されます。

逆に、ほとんどの電子マネーには3万円や5万円といった上限が設定されていますので、上限を超える利用はできません。たとえば、nanacoは上限が5万円で、1回のチャージでは29,000円まで(5,000円以上1,000円単位)となります。Suicaは上限が20,000円までで、1回で利用できる金額は500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の6種類です。PASMOも同様に、上限は20,000円までとなります。

クレジットカードと電子マネーのメリット・デメリット

クレジットカードと電子マネーは、それぞれに特徴があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

クレジットカードのメリット

クレジットカードは後払い方式の決済方法となりますので、事前にチャージをする必要がなく、好きな時に好きなだけ買い物をすることができます。クレジットカードの利用限度額についても、限度額の範囲内であれば自由に使うことができますので、30万円~50万円、あるいは50万円~100万円以上の大きな買い物をすることも可能です。

また、クレジットカードは世界各国に加盟店がありますので、日本国内だけではなく世界中で利用することができます。クレジットカードを持っていれば、海外旅行でも特に支障なく買い物ができます。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードは、カード会社の審査に通過しなければ利用することができませんので、場合によってはカード審査に落ちてしまい、クレジットカードを利用することができないこともあります。また、クレジットカードの支払いでは、サインか暗証番号の入力が必要となりますので、急いでいる時や時間がない時の支払いには向いていません。

電子マネーのメリット

電子マネーは、原則審査なしで取得することができますので、誰でも利用することができます。支払いにかかる時間についても、電子マネーは専用端末にカードをかざすだけで支払うことができますので、急いでいる時や時間がない時でも、非常に便利に買い物ができます。

また、電子マネーはクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイントと電子マネーのポイントの2つを獲得することができるようになります。ポイント還元率についても、電子マネーで支払うほうがポイント還元率が高くなる傾向がありますので、クレジットカードよりも電子マネーで支払うほうがお得です。

電子マネーのデメリット

電子マネーは、利用金額に上限がありますので、大きな買い物をする場合には向かない支払い方法です。

また電子マネーは、クレジットカードと比較をすると利用できる店舗が限られますので、電子マネーを複数枚取得して、利用する店舗ごとに電子マネーを使い分ける必要があります。さらに、ネット通販では電子マネーがほとんど利用できませんので、クレジットカードと併用することが重要です。

クレジットカードと電子マネーはどっちがお得?どっちが便利?

クレジットカードと電子マネーは、どちらが便利なのか、どちらがお得なのかとなりますが、これは利用の仕方やその時の状況によって大きく異なるようになります。

たとえば、スーパーやコンビニで買い物をする際に、クレジットカードで支払いを行おうとすると、かなり不便に感じるようになります。しかし、スーパーやコンビニで電子マネーを利用することで、非常にスムーズに買い物をすることができるようになります。

たとえば、家具や家電を購入する際に電子マネーを利用しようとすると、限度額を大幅に超えますので支払いを断られることになります。店舗によっては、電子マネーの取り扱いがないという場合もあるでしょう。しかし、クレジットカードなら特に面倒な手続きもなく、すぐに欲しいものを購入することができます。

そこで、クレジットカードの利用では、大きな買い物をする時(3万円~5万円以上)やネット通販を利用する時、海外で利用する時などに最適な決済方法となります。電子マネーは、時間がない時や急いでいる時、すぐに支払いを済ませたい時、1万円以下の買い物をする時に最適な決済方法です。

ただ、クレジットカードと電子マネーをそれぞれ利用しようとすると、財布に何枚もカードを入れて持ち歩かなければならなくなります。そのため、電子マネーを利用する際には、クレジットカードと一体となっている電子マネーがおすすめです。

電子マネー一体型のおすすめクレジットカードは?

クレジットカードと電子マネーが1枚で済む一体型のクレジットカードなら、QUICPay搭載のJCBカードと、iD搭載の三井住友VISAカードがおすすめです。

JCBカードも三井住友VISAカードも、どちらも最大手のカード会社となりますので、どなたでも安心して利用することができるクレジットカードです。しかも、JCBカードと三井住友VISAカードは、1枚のカードで電子マネーのQUICPayやiDが利用できますので、JCBカードと三井住友VISAカードは非常に便利なクレジットカードなのです。

また、JCBカードと三井住友VISAカードは、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険といったカード付帯保険が非常に充実していますので、JCBカードと三井住友VISAカードなら、旅行中の万が一の場合でも手厚い補償を受けることができます。

もっとお得にクレジットカードを使いたい、もっと便利に電子マネーを利用したいという方は、JCBカード三井住友VISAカードがおすすめです。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ