クレジットカードの現金化とは?カード現金化の仕組みとは

クレジットカードの現金化とは?カード現金化の仕組みとはクレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える仕組みを言います。

通常クレジットカードのショッピング枠は、現金がなくても商品を購入することができるものですが、直接現金を引き出したり、現金を下ろしたりすることはできません。しかし、クレジットカードの現金化を利用することで、買い物でしか使えないショッピング枠を現金に換えることができます。

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードの現金化とは、利用しているクレジットカードのショッピング枠を現金に換えることを指します。

通常、クレジットカードには買い物で利用できるショッピング枠と、直接お金を借りることができるキャッシング枠の2つがありますが、クレジットカードの現金化では、カードのショッピング枠を使って現金化する仕組みです。

クレジットカードのショッピング枠は、商品を購入するために利用できるものとなりますので、本来であればショッピング枠を現金に換えることはできません。また最近では、商品券・ギフト券の購入や新幹線の回数券、宝飾品などの換金性の高い商品の購入では、クレジットカードの利用が制限されることもありますので、通常であればショッピング枠を現金に換えることはできません。

しかし、クレジットカードの現金化を利用すれば、本来ならできないショッピング枠の現金化をすることが可能となります。しかも、クレジットカードの現金化には審査がありませんので、クレジットカードさえ持っていれば、利用限度額の範囲内で現金化をすることができます。

早ければ、即日で現金化をすることも可能ですから、全国には未だにクレジットカードの現金化業者が数多く存在します。

クレジットカードの現金化は合法?それとも違法なの?

クレジットカードの現金化の仕組みとは?

クレジットカード現金化の仕組みは、非常にシンプルなものです。現金化を利用する際には、特に審査などもありませんので、クレジットカードを持っている人なら、誰でもすぐに利用することができます。

クレジットカード現金化の仕組み(現金振り込みが後払いの場合)

    1.クレジットカードの現金化業者に申し込みを行う
    2.現金化業者の指定した商品をクレジットカードで購入する
    3.購入(カード決済)が完了したことを現金化業者に伝える
    4.現金化業者が商品を郵送する
    5.購入した商品が自宅に届いたら、それを現金化業者に送り返す
    6.購入した商品が現金化業者に届いたら、商品代金の70%~80%が振り込まれる
    7.振り込まれたことを確認して取引完了

クレジットカード現金化の仕組み(現金振り込みが先払いの場合)

    1.クレジットカードの現金化業者に申し込みを行う
    2.現金化業者の指定した商品をクレジットカードで購入する
    3.購入(カード決済)が完了したことを現金化業者に伝える
    4.現金化業者側で購入を確認後、商品代金の70%~80%を申込者に振り込む
    5.現金化業者が商品を郵送する
    6.購入した商品が自宅に届いたら、それを現金化業者に送り返す
    7.現金化業者側で商品を受け取ったら取引完了

上記は、クレジットカードの現金化を行う際の取引の流れですが、クレジットカードの現金化は業者が指定した商品を購入し、購入代金の70%~80%程度がキャッシュバックされる仕組みです。一般的に、後払いのほうがキャッシュバック率が高めに設定されていることが多く、現金の先払いではキャッシュバック率が低めに設定される傾向があります。

最近では、インターネット上でやり取りが完結できるように、ダウンロード商品を購入させる業者もいます。その後のキャッシュバック率も、各業者によって異なりますので、還元率が高い業者もあれば、還元率が非常に低い業者もあります。

クレジットカードの現金化は、特に利用制限などはありませんので、本人名義のクレジットカードであれば、どなたでも利用することができます。ただし、家族カードや親名義のカード、他人名義のカードは利用することができません。初めての申し込みでは、身分証明書の提出が必要な場合が多く、本人確認を行った後に取引を行う流れとなります。

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ