無職でも賃貸契約できる?失業中やフリーターが部屋を借りるには?

無職でも賃貸契約できる?失業中やフリーターが部屋を借りるには?無職でも部屋を借りることができるのか疑問に思われたことはないでしょうか。

通常、賃貸でマンションやアパートを借りる時は、本人確認のために運転免許証や健康保険証といった身分証明書の他に、毎月の給料がわかる書類として収入証明書を提出することになります。

失業中や転職活動中などで仕事をしていない場合には収入証明書を提出することができませんので、賃貸で部屋を借りることは難しいのです。

では、何も仕事をしていない無職では賃貸契約はできないのでしょうか。失業中や転職活動中、フリーターやニートが部屋を借りるにはどうすれば良いのでしょうか。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

無職でも賃貸契約できる?

無職でも賃貸契約できる?一般的に、賃貸でマンションやアパートなどを借りるには、借りる本人に収入があることが条件となります。

そもそも契約者が何も仕事をしていない、働いていないとなると毎月の家賃を支払うことができませんので、大家さんとしても収入がない無職の人に部屋を貸すわけにはいかないのです。

また、部屋を借りる際には、大家さんや不動産会社の他に、保証会社の審査があります。審査に通るには、毎月の家賃を遅れずに支払えるだけの収入があることが条件となりますので、無職では保証会社の審査に通過することができないのです。

ただし、本人が18歳~19歳の未成年者だったり、大学生・専門学生といった学生の場合には、親が保証人になることで部屋を借りることができるようになります。

失業中や転職活動中、フリーターやニートが部屋を借りるには?

失業中や転職活動中、フリーターやニートが部屋を借りるには?通常、賃貸で部屋を借りる際には審査がありますので、何も仕事をしていない無職の場合は審査に通過することができません。

また、失業中や転職活動中という場合にも、次の仕事が決まらない限りは原則として部屋を借りることはできませんので、無職で賃貸契約をするのは非常に難しいのです。

ただし、全く方法がないというわけではありませんので、ある方法を利用することで無職の方でも部屋を借りることができるようになります。

無職でも部屋を借りる方法

親名義で契約する
    無職でも部屋を借りる方法として、親名義で契約する方法があります。親名義で契約する場合には、部屋に住む方が仕事をしているかどうかは全く関係がありませんので、無職でも部屋を借りることができます。また、家賃の支払いについても、親が支払うことになります。
    ただし、親が契約する場合には、親が通常どおり仕事をしていることが条件となります。既に親が定年退職をしている場合や年金のみという場合には、部屋を借りることが困難な場合があります。
アルバイトをする、派遣に登録する
    無職の方が部屋を借りられない理由は、何も仕事をしていないことが原因です。そのため、一時的にでもアルバイトや派遣登録を行って仕事を開始することで、部屋を借りることができるようになります。
2年間(24ヶ月)分の家賃を前払いする
    2年分の家賃を前払いすることで、部屋を借りる方法もあります。主に賃貸契約は2年ごとに更新されますので、2年分の家賃を先払いすることで、部屋を借りることができる場合があります。ただし、家賃を先払いしても無職の場合は入居を断られることがありますので、家賃の先払いによる賃貸契約は、物件によって取り扱いが大きく異なります。
UR賃貸住宅を利用する
    UR賃貸住宅を借りる方法もあります。UR賃貸は、独立行政法人都市再生機構(旧 日本住宅公団)が行っている賃貸物件ですが、UR賃貸は家賃の一時払い制度を活用することで、審査なしで入居することができます。そのため、仕事をしていない無職の方でも、フリーターでもシングルマザーでも、家賃の一時払い制度を活用すれば誰でもUR賃貸で部屋を借りることができます。
    UR賃貸は、無職の方が部屋を借りる方法としては、最も有効な方法です。

UR賃貸は無職・フリーターでも借りれる?申込条件や入居審査は?

引っ越しをするには最低でも20万円~30万円の現金が必要

引っ越しをするには最低でも20万円~30万円の現金が必要引っ越しをする時は、ある程度のまとまった現金が必要です。

通常、部屋を借りる際には、敷金と礼金で家賃の2ヶ月分~4ヶ月分がかかります。その他にも前家賃で1ヶ月分+日割り家賃分、仲介手数料で1ヶ月分も必要です。

そのため、賃貸契約には最低でも家賃の4ヶ月分~6ヶ月分を用意することになりますので、家賃が3万円なら12万円~18万円、家賃が5万円なら20万円~30万円の資金が必要なのです。

さらに、引っ越し業者に支払う費用や家具・家電の購入代金などがかかりますので、部屋を借りる費用とは別でプラス5万円~10万円の出費を考えておくことも重要です。

引っ越し資金が足りない時はカードローンがおすすめ!

引っ越し資金が足りない時はカードローンがおすすめ!引っ越しの資金が足りない時は、アコムプロミスモビットといったカードローンがおすすめです。

特に、カードローン最大手のアコムは最短30分で審査回答を行っていますので、急ぎで現金が必要な場合でも安心して利用することができます。

しかも、初めてアコムを利用する方は30日間の金利が0円になりますので、30日以内に全額を返済すると1円の利息もかからずにお金を借りることができるのです。

アコムなら、一時的にまとまった現金が必要という場合でも便利に利用することができますので、引っ越し費用でお金が足りない時は、アコムがおすすめです。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

プロミスは平日14時までにWEB契約完了で当日の振り込みが可能!

ライフカードCh(年会費あり)

JCB CARD R

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

三井住友VISAカード

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ