三井住友VISAカードのデュアル発行とは?2枚持ちの年会費やポイントは?

三井住友VISAカード三井住友VISAカードのデュアル発行とは、国際ブランドのVisaとMastercardのクレジットカードを2枚持ちできるサービスです。

また、三井住友VISAカードのデュアル発行は、2枚目のクレジットカードの年会費が割引となりますので、別のカード会社でそれぞれVisaとMastercardを取得するよりも、かなりお得です。

そこで、三井住友VISAカードのデュアル発行について、三井住友VISAカードの2枚持ちの年会費やポイントについて、申し込み方法や取得方法についてまとめました。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAカードのデュアル発行とは?

三井住友VISAカードのデュアル発行とは?三井住友VISAカードは、国際ブランドのVisaとMastercardの2枚持ち(デュアル発行)が可能なクレジットカードです。

たとえば、三井住友カードのクラシックカードのVisaを取得して、その後にクラシックカードのMastercardを取得するといった流れです。先にMastercardを取得した場合でも、後日、Visaに申し込みを行うことで、VisaとMastercardのデュアル発行が可能です。

また、三井住友VISAカードのデュアル発行は、一般カードはもちろん、ゴールドカードやプラチナカードでも2枚持ちができますので、希望するクレジットカードでデュアル発行ができます。

デュアル発行ができるクレジットカード

プラチナカード
ゴールドカード
プライムゴールドカード
エグゼグティブカード
クラシックカード
アミティエカード

三井住友VISAカードのデュアル発行の申し込み方法は?

三井住友VISAカードのデュアル発行の申し込み方法は?三井住友VISAカードのデュアル発行は、新規で申し込みを行う場合は、申し込み時に「VISAカードとマスターカードの2枚を希望する」にチェックを入れて申し込みを行うことで、VisaとMastercardのデュアル発行ができるようになります。

また、既に三井住友カードを保有している方が改めてデュアル発行を希望する際には、三井住友カードの問い合わせ窓口に電話をしてデュアル発行希望として申し込みを行います。

三井住友VISAカードのデュアル発行は利用限度額が共通となりますので、それぞれに限度額が設定されるわけではなく、共通の限度枠が設定されることになります。

デュアル発行の利用限度額

利用限度額:Visa・Mastercard共に共通
※デュアル発行は同一カードの2枚持ちとなりますので、Visa・Mastercard共に利用限度額は共通です。

デュアル発行のETCカードの枚数

取得できるETCカード:1枚
※ETCカードの発行についても、デュアル発行で取得できるETCカードは1枚です。ただし、異なるクレジットカードを複数枚保有している場合や家族カードを保有している場合は、複数枚のETCカードを取得することが可能です。

三井住友VISAカードのデュアル発行の年会費は?

三井住友VISAカードのデュアル発行の年会費は?三井住友VISAカードのデュアル発行は年会費が優遇されますので、2枚目に取得するクレジットカードは年会費が割引になります。

そこで、デュアル発行の年会費は、1枚目の年会費とは別でプラチナカードが5,000円+消費税、ゴールドカードが2,000円+消費税、プライムゴールドカードが1,000円+消費税、エグゼクティブカードが500円+消費税、クラシックカードとクラシックカードA、アミティエカードは250円+消費税となります。

クラシックカードとクラシックカードAとアミティエカードは、在学中はクレジットカードの年会費が無料になりますので、学生の方はデュアル発行の場合も年会費無料です。

デュアル発行の本会員の年会費

2枚目の年会費プラチナカードの年会費:5,000円+消費税
ゴールドカードの年会費:2,000円+消費税
プライムゴールドカードの年会費:1,000円+消費税
エグゼグティブカードの年会費:500円+消費税
クラシックカードの年会費:250円+消費税
クラシックカードAの年会費:250円+消費税
アミティエカードの年会費:250円+消費税

※クラシックカード、クラシックカードA、アミティエカードは、学生の方は在学中は年会費無料です。

デュアル発行の家族会員の年会費

2枚目の家族カードの年会費プラチナカードの家族カード:年会費無料
ゴールドカードの家族カード:1人目無料、2人目から1,000円+消費税
プライムゴールドカードの家族カード:1人目無料、2人目から1,000円+消費税
エグゼグティブカードの家族カード:250円+消費税※
クラシックカードの家族カード:250円+消費税※
クラシックカードAの家族カード:250円+消費税※
アミティエカードの家族カード:250円+消費税※

※エグゼグティブカード、クラシックカード、クラシックカードA、アミティエカードは、1人目は初年度無料で、次年度以降は前年の買物回数が3回以上の場合は年会費が無料になります。

三井住友VISAカードのデュアル発行のポイントは?

三井住友VISAカードのデュアル発行のポイントは?三井住友VISAカードのデュアル発行は、通常どおりポイントを貯めることができます。

三井住友VISAカードは1ポイントあたり5円相当として、1,000円の買い物に付き1ポイントが付与されるクレジットカードですが、デュアル発行で2枚目を取得した場合も同じように、1,000円ごとに1ポイントが付与されます。

また、三井住友VISAカードは2枚目のクレジットカードで獲得したポイントを1枚目のクレジットカードに合算することができます。

三井住友カードは複数のクレジットカードを1つにまとめる「おまとめログインサービス」もありますので、非常に便利にデュアル発行を利用することができます。

おまとめログインサービスとは?Vpassで家族カードや複数枚の登録は?

三井住友VISAカードで2枚持ちができない組み合わせは?

三井住友VISAカードで2枚持ちができない組み合わせは?三井住友カードは、VisaとMastercardの2枚持ちができるクレジットカードです。

また、VisaとMastercardのデュアル発行の場合には、2枚目のクレジットカードの年会費が割引になります。

ただし、三井住友VISAカードでデュアル発行ができるのは、「VisaクラシックカードとMastercardクラシックカードの2枚」「VisaゴールドカードとMastercardゴールドカードの2枚」「VisaプラチナカードとMastercardプラチナカードの2枚」というように、同じ種類のクレジットカードの場合にデュアル発行が可能です。

異なるクレジットカードでVisaとMastercardの両方を取得することはできませんので、確認した上で申し込みされることをおすすめします。

デュアル発行ができるクレジットカードの組み合わせ

Visaプラチナカード+Mastercardプラチナカード
Visaゴールドカード+Mastercardゴールドカード
Visaプライムゴールドカード+Mastercardプライムゴールドカード
Visaエグゼグティブカード+Mastercardエグゼグティブカード
Visaクラシックカード+Mastercardクラシックカード
VisaクラシックカードA+MastercardクラシックカードA
Visaアミティエカード+Mastercardアミティエカード
※同じ種類のクレジットカードはデュアル発行ができます。

デュアル発行ができないクレジットカードの組み合わせ

VisaプラチナカードとMastercardゴールドカード
VisaゴールドカードとMastercardクラシックカード
VisaクラシックカードとMastercardアミティエカード
※上記例のように、異なるクレジットカードでVisaとMastercardの2枚持ちはできません。

デビュープラスカードとエブリプラスはデュアル発行ができない

デビュープラスカードとエブリプラスはデュアル発行ができない三井住友VISAデビュープラスカード三井住友VISAエブリプラスは、国際ブランドがVisaのみとなるクレジットカードです。

そのため、デビュープラスカードとエブリプラスは、クラシックカードやアミティエカード、ゴールドカードやプラチナカードのように、VisaとMastercardのどちらかを選ぶことができないクレジットカードとなります。

また、デビュープラスカードとエブリプラスにはMastercardがありませんので、VisaとMastercardのデュアル発行を利用することができないクレジットカードです。

エブリプラスでVisaとMastercardの2枚持ちをするには?

エブリプラスは、他のクレジットカードと組み合わせて2枚保有することができるクレジットカードです。

たとえば、エブリプラスとクラシックカードの2枚持ち、エブリプラスとゴールドカードの2枚持ち、エブリプラスとプラチナカードの2枚持ちといった組み合わせが可能です。

エブリプラスは国際ブランドがVisaのみのクレジットカードですが、クラシックカードやゴールドカードに申し込みを行う際に、国際ブランドをMastercardにすることで、デュアル発行と同じような効果を得ることが可能です。

エブリプラスのデュアル発行の審査は?

エブリプラスと他のクレジットカードは全く異なるカードとなりますので、エブリプラス会員がクラシックカードやゴールドカードを取得する場合は、新規申し込みと同じように審査を行います。

利用状況や返済状況によっては審査に落ちて、カード発行が見送られる場合もあります。

同じ種類のクレジットカードでデュアル発行を行う場合はスムーズに取得することができますが、異なるクレジットカードを2枚取得する場合は新規申し込みと同じ扱いとなります。

三井住友VISAカードのデュアル発行のメリットは?

三井住友VISAカードのデュアル発行のメリットは?三井住友VISAカードのデュアル発行のメリットは、異なる国際ブランドを同時に2つ持つことができることです。

クレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブといった国際ブランドごとに加盟店契約を行いますので、お店によってはVisaは使えるがMastercardは使えないという場合もあれば、逆にMastercardは使えるがVisaが使えないというケースもあります。あるいは、Visa、Mastercardは使えるがJCBが使えないということもあるのです。

そのため、クレジットカードを取得する際には、1つの国際ブランドだけを取得するのではなく、異なる複数のブランドを保有することが重要です。

三井住友VISAカードはVisaとMastercardの2枚持ちができますので、万が一、どちらかのブランドが使えないお店でも三井住友VISAカードのデュアル発行を活用することで、もう1枚の異なるブランドで支払うことができるのです。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ