MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードの違いは?

MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードの違いは?MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードは何が違うのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

MileagePlus JCBカードはスタンダードなクレジットカードとして、一般カードとクラシックカードの2つがありますが、MileagePlus JCBカードは年会費やマイルの還元率、旅行傷害保険などがそれぞれ異なるクレジットカードです。

そこで、MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードの違いについてまとめました。

MileagePlus JCB一般カードは還元率1%のお得なクレジットカード

MileagePlus JCB一般カードとMileagePlus JCBクラシックカードの違い

MileagePlus JCB一般カードとMileagePlus JCBクラシックカードの違いMileagePlus JCBカードは、一般カードとクラシックカードとワンランク上のゴールドカードがラインナップされているクレジットカードです。

MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードは、どちらもユナイテッド航空の最もスタンダードなクレジットカードとなりますので、一般カードとクラシックカードは基本的なサービスは全て同じです。また、MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードは申し込み条件も同一となりますので、高校生を除く18歳以上の方なら、どなたでも申し込みを行うことができます。

では、MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードは何が違うのかとなりますが、一般カードとクラシックカードは「年会費」「マイル」「海外旅行傷害保険」の3つが大きく異なります。

年会費の違い

MileagePlus JCBカードの一般カードは、年会費が5,000円+消費税です。クラシックカードの年会費は1,250円+消費税です。一般カードとクラシックカードは3,750円の年会費の違いがあります。

一般カードの年会費

5,000円+消費税

クラシックカードの年会費

1,250円+消費税

マイルの違い、還元率の違い

MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードは、付与されるマイルについても大きく異なります。一般カードは100円(税込)ごとに1マイルが付与されますので、一般カードの還元率は1%です。クラシックカードは200円(税込)ごとに1マイルが付与されますので、還元率は0.5%となります。

MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードのマイル還元率は、2倍の違いがあります。

一般カードのマイル還元率

還元率1.0%(100円ごとに1マイル)

クラシックカードのマイル還元率

還元率0.5%(200円ごとに1マイル)

海外旅行傷害保険の違い

MileagePlus JCBカードの一般カードとクラシックカードは、どちらも自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯されていますが、一般カードの海外旅行傷害保険は最高3,000万円、クラシックカードの海外旅行傷害保険は最高2,000万円となります。

また、一般カードの補償対象旅行期間は3ヶ月間、クラシックカードの補償対象旅行期間は2ヶ月間となりますので、一般カードのほうが手厚い補償が受けられる旅行保険です。

一般カードの海外旅行傷害保険

傷害死亡後遺障害:最高3,000万円
傷害治療費用:1回の事故に付き100万円限度
疾病治療費用:1回の病気に付き100万円限度
賠償責任:1回の事故に付き2,000万円限度
携行品損害:1旅行中20万円限度、保険期間中100万円限度
救援者費用等:100万円限度
補償対象旅行期間:3ヶ月間

クラシックカードの海外旅行傷害保険

傷害死亡後遺障害:最高2,000万円
傷害治療費用:1回の事故に付き50万円限度
疾病治療費用:1回の病気に付き50万円限度
賠償責任:1回の事故に付き2,000万円限度
携行品損害:1旅行中10万円限度、保険期間中100万円限度
救援者費用等:50万円限度
補償対象旅行期間:2ヶ月間

一般カード・クラシックカードのショッピング保険

海外:100万円限度
自己負担額:1回の事故に付き10,000円
※ショッピング保険の補償内容は一般カード・クラシックカード共に同じです。

MileagePlus JCB一般カードのメリット・デメリット

MileagePlus JCB一般カードのメリット・デメリットMileagePlus JCBカードの一般カードは、100円ごとに1マイルが付与されることが最大のメリットです。

MileagePlus JCBカードは獲得するマイル数に上限がありませんので、クレジットカードで買い物をすればするほどマイルを貯めることができます。しかも、一般カードは年会費が5,000円となりますので、1年間に70万円~80万円以上のカード利用をされる方はMileagePlus JCB一般カードがお得です。

ただ、年間のクレジットカード利用が30万円以下、あるいは50万円以下となると、獲得するマイル数で年会費を上回ることができなくなるデメリットがあります。そのため、1ヶ月に1万円~3万円程度のカード利用という方はクラシックカードのほうがお得です。

MileagePlus JCBクラシックカードのメリット・デメリット

MileagePlus JCBクラシックカードのメリット・デメリットMileagePlus JCBカードのクラシックカードは、1,250円の年会費でマイルを貯めることができることが最大のメリットです。

MileagePlus JCBクラシックカードの還元率は0.5%と低くなっていますが、その分、年会費も大幅に引き下げられていますので、航空系クレジットカードとしては、かなりお得です。

ただ、MileagePlus JCBカードは獲得するマイル数に上限がありませんので、1年間に75万円以上のショッピングをされる方は一般カードのほうがお得になります。

MileagePlus JCBカードは年間75万円がボーダーライン

MileagePlus JCBカードは年間75万円がボーダーラインMileagePlus JCBカードの一般カードで年間75万円の買い物をすると、付与されるマイルは7,500マイルです。一般カードは年会費が5,000円ですから、合計+2,500マイルとなります。

MileagePlus JCBカードのクラシックカードで年間75万円の買い物をすると、付与されるマイルは3,750マイルです。クラシックカードは一般カードの半分のマイル数とはなりますが、クラシックカードの年会費は1,250円となりますので、合算すると+2,500マイルです。

そのため、MileagePlus JCBカードのマイルだけを考えた場合、一般カードとクラシックカードのボーダーラインは年間75万円です。1年間に75万円以上の買い物をする場合は、年会費が5,000円の一般カードを利用するほうが得をすることになります。

MileagePlus JCBカードはマイルに上限がありませんので、年間100万円以上のカード利用をされる方がクラシックカードに入会すると、かなり損をすることになります。

年間100万円のカード利用で獲得できるマイル数

一般カード:10,000マイル(10,000マイル-年会費5,000円=+5,000マイル)
クラシックカード:5,000マイル(5,000マイル-年会費1,250円=+3,750マイル)

年間150万円のカード利用で獲得できるマイル数

一般カード:15,000マイル(15,000マイル-年会費5,000円=+10,000マイル)
クラシックカード:7,500マイル(7,500マイル-年会費1,250円=+6,250マイル)

年間200万円のカード利用で獲得できるマイル数

一般カード:20,000マイル(20,000マイル-年会費5,000円=+15,000マイル)
クラシックカード:1,000マイル(10,000マイル-年会費1,250円=+8,750マイル)

年間200万円以上のカード利用の場合は?

年間200万円以上のカード利用を考えている方は、ワンランク上のゴールドカードのほうがお得です。

MileagePlus JCBカードのゴールドカードは年会費が15,000円と高額にはなりますが、ゴールドカードはマイルの還元率が1.5%です。また、MileagePlus JCBカードのゴールドカードは空港ラウンジサービスやゴールド会員専用デスク、最高1億円の旅行傷害保険などが付帯されていますので、1年間に200万円以上のショッピングをされる方はゴールドカードがおすすめです。

MileagePlus JCBカードとセゾンカードの違いは?どっちがお得?おすすめは?

一般カードとクラシックカードはどっちがお得?おすすめは?

一般カードとクラシックカードはどっちがお得?おすすめは?MileagePlus JCBカードの一般カードは、年会費が5,000円でマイル還元率が1.0%のクレジットカードです。クラシックカードは年会費が1,250円でマイル還元率が0.5%となります。

そこで、一般カードとクラシックカードはどちらがお得なのかとなりますが、MileagePlus JCBカードは1年間のカード利用金額に応じて選択されることをおすすめします。仮に年間のカード利用が50万円以下ならクラシックカードがおすすめです。年間70万円~80万円以上のカード利用なら一般カードがおすすめです。

特に一般カードとクラシックカードは優待特典や会員サービスがほぼ同一のクレジットカードとなりますので、年会費と獲得マイル数を考慮した上でどちらにするのかを決めることが重要です。

最も損をするのは、クラシックカードで年間100万円以上の買い物をすることです。クラシックカードはマイルの還元率が非常に低いクレジットカードとなりますので、もっとマイルを貯めたい、効率よくマイルを獲得したいという方はMileagePlus JCBカードの一般カードやゴールドカードがおすすめです。

MileagePlus JCB一般カードは還元率1%のお得なクレジットカード

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ