ANA JCB一般カードは18歳~19歳の未成年者や学生でも審査に通る?

ANA JCB一般カードANA JCB一般カードは、ANAとJCBの提携カードということもあり、ANA JCB一般カードは1枚のクレジットカードでマイルもポイントも貯めることができる非常にお得なクレジットカードです。

また、ANA JCB一般カードはETCカードや電子マネー(QUICPay、ANA QUICPay+nanaco、PiTaPa)を無料で利用することができますので、ANA JCB一般カードはかなりお得なクレジットカードなのです。

では、ANA JCB一般カードは、18歳~19歳の未成年者でも入会することができるのでしょうか。ANA JCB一般カードは大学生や専門学生、短大生といった学生でも、通常どおり審査に通るのでしょうか。

ANA JCB一般カードはお得にマイルが貯まるスタンダードなクレジットカード



ANA JCB一般カードは18歳~19歳の未成年者でも作れる?

ANA JCB一般カードは18歳~19歳の未成年者でも作れる?ANA JCB一般カードは、ANAのクレジットカードではありますが、ANA JCB一般カードは国際ブランドのジェーシービーが発行しているクレジットカードです。

そのため、ANA JCB一般カードが18歳~19歳の未成年者でも取得できるかどうかは、JCBの申し込み条件や審査基準を満たすことができるかどうかが重要です。

そこで、ANA JCB一般カードの申し込み条件は、高校生を除く18歳以上で本人、又は配偶者に安定した収入がある方となりますので、ANA JCB一般カードは18歳~19歳の未成年の方でも通常どおり作ることができます。

ただし、18歳~19歳の未成年の方がANA JCB一般カードを取得する場合には、親権者の同意を得ることがカード発行の条件となります。

18歳~19歳の未成年者は親権者の同意が必要

ANA JCB一般カードに限らず、18歳~19歳の未成年の方がクレジットカードを作る場合には、親権者の同意を得る必要があります。

逆に親権者の同意が得られない場合には、クレジットカードの発行が見送られて審査に落ちてしまうことになりますので、未成年の方がクレジットカードを作る際には親の同意を得ることは必須なのです。そのため、18歳~19歳の未成年の方がクレジットカードに申し込みを行う際には、事前に親にその旨を伝えておくことが重要です。

ANA JCB一般カードは学生でも審査に通る?

ANA JCB一般カードは学生でも審査に通る?ANA JCB一般カードは高校生を除く18歳以上の方であれば、どなたでも申し込みを行うことができるクレジットカードとなりますので、ANA JCB一般カードは大学生や専門学生、短大生といった学生の方でも、特に問題なく取得することが可能です。

ただし、大学生や専門学生といった学生の方は、学生であることを証明するためにも、運転免許証や健康保険証などの身分証明書の他に学生証が必要となる場合があります。

逆に、学生の方が学生証を用意できないとなると、何も仕事をしていない無職や定職に就いていないフリーターと思われて、審査に落ちてしまうことになります。

学生は身分証明書類の他に学生証が必要

大学生や大学院生、短大生や高専・専門学生といった学生の方がクレジットカードに申し込みを行う際には、身分証明書の他に学生証が必要となるケースがあります。

通常、学生の方は本業が学生となりますので、アルバイトなどを何もしていなくてもクレジットカードを作ることができますが、学生であることを証明できない場合には、一般的な社会人としてカード審査を行うこととなります。

社会人の場合、何らかの仕事をしていること、収入を得ていることが重要なポイントとなりますので、何も仕事をしていない状態ではクレジットカードの審査に落ちてしまうのです。

そのため、学生の方がクレジットカードに申し込む際には、事前に身分証明書と学生証を準備した上で手続きを進められることをおすすめします。


18歳~19歳の未成年者や学生がANA JCB一般カードの審査に落ちる理由

18歳~19歳の未成年者や学生がANA JCB一般カードの審査に落ちる理由18歳~19歳の未成年の方や学生の方がANA JCB一般カードの審査に落ちる理由は、「親権者の同意が得られない場合」「学生証を用意できない場合」となります。

また、18歳~19歳の学生以外の社会人の方で何も仕事をしていない場合や毎月の収入が全くない場合にも、カード審査に落ちてしまうことになります。

その他、他社のクレジットカードやローンで支払いの遅れがある場合、携帯電話やスマートフォンで延滞している場合、奨学金の返済が遅れている場合にも、ANA JCB一般カードの審査に通ることが非常に難しくなります。

何も仕事をしていない場合、毎月の収入がない場合

学生以外の方で、まだ何も仕事をしていない場合や毎月の収入が全くない場合には無職の扱いとなりますので、ANA JCB一般カードの審査に落ちてしまうことになります。

学生の方はアルバイトの有無や収入の有無は関係がありませんが、学生以外の方は社会人として審査を行うことになりますので、必ず何らかの仕事をしていること、収入を得ていることが重要です。

クレジットカードやローンの支払いが遅れている場合

他社のクレジットカードやローンを利用中で、過去に支払いの遅れがあった場合にも、ANA JCB一般カードの審査に通過することが難しくなります。

また、現在支払いが遅れている場合や延滞している場合もカード審査に通ることは難しくなりますので、毎月遅れずに支払いをすることが重要です。

携帯電話やスマートフォンの支払いで延滞している場合

携帯電話やスマートフォンの支払いが遅れている場合にも、クレジットカードの審査に落ちることがあります。

携帯電話やスマートフォンの分割払いは、個人信用情報機関に利用状況が登録されますので、仮に携帯電話やスマートフォンの支払いで遅れや延滞があると、その後にクレジットカードを作ることができなくなることがあるのです。

携帯電話やスマートフォンの契約で分割払いを利用していなければ特に問題はありませんが、携帯電話やスマートフォンを分割払いで契約している方は、念のため毎月遅れずに支払いをしているかどうかを確認されることをおすすめします。

学生なら学生専用のANA JCBカードのほうがお得

学生なら学生専用のANA JCBカードのほうがお得ANA JCB一般カードは、18歳~19歳の未成年の方でも、大学生や専門学生、短大生といった学生の方でも、特に問題なく申し込みを行うことができるクレジットカードですが、ANA JCB一般カードは主に仕事をしている社会人向けのクレジットカードとなります。

そのため、大学生や専門学生といった学生の方は、学生専用のANA JCBカードに申し込みを行う流れとなります。

ANA JCBカード(学生用)は、学生の方だけが利用できるクレジットカードということもあり、他のクレジットカードよりもお得なANAカードです。

特にANA JCBカード(学生用)は移行手数料無料で10マイルコースを利用することができますので、学生の方はANA JCBカード(学生用)を取得するほうがお得なのです。

ANA JCBカード(学生用)は、18歳以上の学生の方だけが利用できる特別なクレジットカードとなりますので、学生の方は迷わずANA JCBカード(学生用)に申し込みされることをおすすめします。

ANA JCBカード(学生用)は年会費無料・手数料無料で1ポイント=10マイル

ANA JCB一般カードはお得にマイルが貯まるスタンダードなクレジットカード


JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ