おすすめのゴールドカードは?年代別ゴールドカード比較まとめ

おすすめのゴールドカードは?年代別ゴールドカード比較まとめゴールドカードとは、通常のクレジットカードのワンランク上に位置するグレードのプレミアムカードとなりますが、現在は様々なゴールドカードが発行されていますので、はたしてどのゴールドカードが良いのか迷ってしまいますよね。

また、ゴールドカードと言っても、格安な年会費のゴールドカードもあれば、付帯サービスが非常に充実しているゴールドカードもあります。

そこで、おすすめのゴールドカードについて、20代向けのゴールドカードや30代向けのゴールドカード、40代・50代向けのゴールドカードなど、年代別におすすめのゴールドカードを比較しました。

JCBゴールドは最上級のステータスと充実した付帯サービス

おすすめのゴールドカードは?

現在のゴールドカードは、カード会社ごとに様々なゴールドカードが発行されていますが、その中でも特におすすめのゴールドカードは、国際ブランドのジェーシービーが発行しているJCB ORIGINAL SERIESのプロパーゴールドカード「JCBゴールド」と、VISAカードと言えば三井住友VISAカードと呼ばれるほど、高い知名度とステータス性を兼ね備えた「三井住友VISAゴールドカード」がおすすめです。

JCBゴールドも三井住友VISAゴールドカードも、どちらも銀行系のクレジットカードとなりますが、ゴールドカードとしての信頼性やステータス性はもちろん、旅行傷害保険やショッピング補償、空港ラウンジサービスや健康相談サービスなど、非常に充実した付帯サービスが用意されているゴールドカードなのです。

JCBゴールドの特徴

JCBゴールドは、国際ブランドのジェーシービーが直接発行しているプロパーのゴールドカードです。JCBゴールドは、JCBゴールド会員専用のゴールドデスク(通話料無料)や空港ラウンジサービス、手荷物無料宅配券サービスなど、ゴールドカードとしての基本的なサービスはもちろんですが、他にも最高1億円の海外旅行傷害保険や最高5000万円の国内旅行傷害保険、最高500万円のショッピングガード保険や国内・海外航空機遅延保険が付帯されているゴールドカードです。

また、JCBゴールドはJCB ORIGINAL SERIESのクレジットカードとなりますので、JCB ORIGINAL SERIESパートナーに参加している店舗やお店で買い物をすると、ポイントが2倍~10倍になります。

その他にも、東京ディズニーリゾートの利用でポイント10倍、JCBトラベルの利用でポイント3倍~7倍、国内宿泊オンライン予約でポイント5倍、海外ホテルオンライン予約でポイント12倍などのポイント優待も数多く用意されていますので、JCBゴールドは非常にお得なゴールドカードなのです。

三井住友VISAゴールドカードの特徴

三井住友VISAゴールドカードは、三井住友カードが発行しているプロパーのゴールドカードです。三井住友VISAゴールドカードは、世界シェアNo1のVISAカードということもあり、日本国内はもちろん、世界各国でもクレジットカード決済が利用できる店舗やお店なら、ストレスなく買い物をすることができます。

三井住友VISAゴールドカードは、海外旅行・国内旅行共に最高5000万円の旅行傷害保険、最高300万円のショッピング補償や家族特約が付帯されています。その他にも、通常カードの2倍のボーナスポイントや空港ラウンジサービス、年中無休で健康相談ができるドクターコール24など、三井住友VISAゴールドカードは非常に充実したサービスを受けることができるゴールドカードです。

また、三井住友VISAゴールドカードは、いくつかの条件をクリアすることで、2年目以降の年会費を大幅に引き下げることができるゴールドカードです。三井住友VISAゴールドカードの2年目以降の年会費は、最大6,000円の割引が可能ですから、三井住友VISAゴールドカードを年会費4,000円で利用することができるのです。

年会費4,000円でゴールドカードを利用することができることを考えると、三井住友VISAゴールドカードはかなりお得なゴールドカードと言えます。

20代でもゴールドカードを取得できる?

一般的にゴールドカードを取得できる年齢は、どのクレジットカード会社も、おおむね30歳以上に設定しています。ゴールドカードは、一般カードのワンランク上のクレジットカードということもあり、安定した収入を得ている方向けのクレジットカードという位置付けです。

一部のクレジットカードでは、20代でも取得することができるゴールドカードもありますが、原則としてはゴールドカードは30歳以上の方向けのクレジットカードなのです。

しかし最近では、20代向けのゴールドカードとして、ヤングゴールドカードを発行しているカード会社も増えています。そのため、20代の方がゴールドカードを取得する際には、20代専用のゴールドカードを取得されることをおすすめします。

20代専用のおすすめゴールドカードは?

20代専用のおすすめゴールドカードは、ジェーシービーのJCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)と、三井住友カードの三井住友VISAプライムゴールドカードがおすすめです。

JCBゴールドエクステージの特徴

JCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)は、JCB ORIGINAL SERIESの20代専用のゴールドカードですが、JCBゴールドエクステージは、カード入会後の3ヶ月間はポイントが3倍、4ヶ月目以降もポイントが1.5倍になるお得なゴールドカードです。

また、JCBゴールドエクステージは、ジェーシービーのプロパーゴールドカード(JCB ORIGINAL SERIES)ですから、JCB ORIGINAL SERIESパートナーに参加している店舗やお店で買い物をすると、JCBゴールドと同じようにポイントが2倍~10倍になります。

JCBゴールドエクステージは、海外旅行も国内旅行もどちらも最高5000万円の旅行傷害保険が付帯されているヤングゴールドカードです。ゴールド会員専用デスクや空港ラウンジサービスも、通常どおり利用することができますので、JCBゴールドエクステージはかなりお得なゴールドカードなのです。

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴

三井住友VISAプライムゴールドカードは、三井住友カードの20代専用のゴールドカードですが、三井住友VISAプライムゴールドカードは年会費割引を活用することで、翌年以降の年会費を最大1,500円まで引き下げることができます。

また、三井住友VISAプライムゴールドカードは、海外旅行・国内旅行共に最高5000万円の旅行傷害保険が付帯されているゴールドカードです。ショッピング補償も最高300万円が付帯されていますので、万が一の時でも安心なヤングゴールドカードなのです。

JCBゴールドエクステージも三井住友VISAプライムゴールドカードも、どちらもクレジットカードの更新時に、自動的に通常のゴールドカードに切り替えとなります。ヤングゴールドから通常のゴールドカードへの切り替え時は、特に面倒な手続きなどは必要ありませんので、20代のうちに20代専用のヤングゴールドカードに入会することで、その後も引き続きゴールドカードを利用することができるようになります。

30代・40代・50代におすすめのゴールドカードは?

30代~40代、40代~50代の方におすすめのゴールドカードは、JCBゴールド三井住友VISAゴールドカードになります。

一般的に30代~40代、あるいは40代~50代の方は、10代~20代の方よりも社会的な信用度が高くなります。会社でのポジションや仕事上の立場についても年齢に応じて高くなっていきますので、30代~50代の方は自分自身の仕事だけではなく、部下に対して指導を行う立場と考えられます。

また、30代~50代の方は、仕事上の接待や付き合いなどで飲食をすることも多く、出張などでクレジットカードを利用する頻度も高くなる傾向があります。

そのため、30代~50代の方がクレジットカードを選ぶ際には、信頼性やステータス性を重視して、どこで出しても恥ずかしくないクレジットカードを利用することが重要です。逆に30代~50代の方が、ポイント還元率が高い流通系のクレジットカードを利用すると、場合によっては恥をかいてしまうこともあります。

特に、仕事の接待で支払いをする場合、部下・後輩と食事に行く場合は、ステータス性の高いクレジットカードで支払いをすることが、ごく一般的なビジネスマナーでもありますので、JCBゴールドや三井住友VISAゴールドカードといったゴールドカードを持つことは、働くビジネスマンにとって当然のことと言えるのです。

ゴールドカードを持つメリットとは?

ゴールドカードを持つ最大のメリットは、ゴールドカードの信頼性やステータス性になります。最近では、「ゴールドカードにステータス性はない」「ゴールドカードは誰でも作れる」と考えている方もいますが、実際にはゴールドカードは誰でも簡単に作れるカードではありませんので、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。

また、ゴールドカードは現時点でも非常にステータス性の高いクレジットカードとなりますので、ゴールドカードを持っていると、周りの人から驚かれることもよくあります。

逆に、プラチナカードでは、あまり反応がないことも多くあります。通常プラチナカードは、ゴールドカードのさらに上のランクに位置するプレミアムカードとなりますので、ステータスという意味では、ゴールドカードよりもプラチナカードのほうが高いのです。しかし、一般的な知名度からすると、プラチナカードよりもゴールドカードのほうが、お金持ちが持っているイメージがあります。

特に、JCBゴールド三井住友VISAゴールドカードのように、知名度があり社会的信用度も高いゴールドカードを持つことで、自分自身の評価に繋げることができるのです。

ゴールドカードは、一目見て「ゴールドカード」とわかるクレジットカードです。今現在も「ゴールドカード=社会的信用が高い人」と認識されますので、30歳以上の方にはゴールドカードは必須のクレジットカードなのです。

JCBゴールドは最上級のステータスと充実した付帯サービス

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ