三井住友VISAゴールドカードの旅行傷害保険は自動付帯?利用付帯?

三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAゴールドカードは、信頼性とステータス性を兼ね備えた非常に人気の高いゴールドカードです。

また、三井住友VISAカードが発行しているゴールドカードは、国際ブランドが「VISA」となりますので、日本国内はもちろん、海外でも利用できる世界シェアNo1のクレジットカードなのです。

そこで、三井住友VISAゴールドカードの海外旅行時の旅行傷害保険、国内旅行時の旅行傷害保険についてまとめました。

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

三井住友VISAゴールドカードの旅行傷害保険

三井住友VISAゴールドカードは、海外旅行でも国内旅行でも、最高5000万円まで旅行傷害保険が付帯されているゴールドカードです。

また、三井住友VISAゴールドカードなら、家族特約も付帯されていますので、海外旅行中に子供が事故に遭った場合、けがをした場合、病気になった場合など、万が一の場合でも補償を受けることができるゴールドカードです。

三井住友VISAゴールドカードの旅行傷害保険(海外旅行の場合)

傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
※傷害死亡・後遺障害の自動付帯分:1,000万円
※傷害死亡・後遺障害の利用付帯分:4,000万円
傷害治療費用:300万円
疾病治療費用:300万円
賠償責任:5,000万円
携行品損害:50万円(自己負担:1事故3,000円)
救援者費用:500万円
※傷害死亡・後遺障害は、旅行代金を支払った場合と支払わなかった場合で最高補償額が異なります。それ以外の補償は、カードの利用有無に関わらず、上記内容が自動的に補償されます。

・家族特約(海外旅行の場合)
傷害死亡・後遺障害:最高1,000万円
傷害治療費用:200万円
疾病治療費用:200万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:50万円(自己負担:1事故3,000円)
救援者費用:200万円
※家族特約は、カード会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族、又はカード会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子に適用されます。また家族特約は、クレジットカードの有無に関わらず、上記内容が自動的に補償されます。

三井住友VISAゴールドカードの旅行傷害保険(国内旅行の場合)

傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
※傷害死亡・後遺障害の自動付帯分:1,000万円
※傷害死亡・後遺障害の利用付帯分:4,000万円
入院保険金日額:5,000円
通院保険金日額:2,000円
手術保険金:最高20万円
※傷害死亡・後遺障害は、旅行代金を支払った場合と支払わなかった場合で最高補償額が異なります。それ以外の補償は、カードの利用有無に関わらず、上記内容が自動的に補償されます。

旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯の違い

三井住友VISAゴールドカードには、最高5000万円までの旅行傷害保険が、海外旅行・国内旅行のどちらにも付帯されているゴールドカードです。

ただ、三井住友VISAゴールドカードの旅行傷害保険は、自動付帯分と利用付帯分で補償金額が異なりますので、旅行に出掛ける際には、旅行代金を三井住友VISAゴールドカードで支払ったほうが、手厚い補償を受けることができるようになります。

自動付帯とは?海外旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯の違いとは

特に海外旅行では、治療や入院にかかる費用が、日本とは比べものにならないほど、かなり高額です。

また、海外では思わぬ事故やトラブルに遭う危険性もありますので、カードに付帯されている最高額まで利用できるように、事前に旅行代金を支払っておくほうが良いでしょう。

三井住友VISAゴールドカードはお得なゴールドカード

一般的に、旅行傷害保険の内容は、クレジットカードの年会費に応じて決まります。たとえば、年会費無料のクレジットカードなら、旅行傷害保険が付帯されていないのが一般的です。仮に付帯されていたとしても、補償内容が限られていたり、補償金額が少額となっているのが現状です。

逆に、ゴールドカードやプラチナカードのように、年会費が1万円~2万円、あるいは3万円~5万円以上といったクレジットカードでは、付帯されている旅行傷害保険も、最高3000万円~5000万円、5000万円~1億円となっています。

そのため、クレジットカードの年会費は、主に旅行傷害保険などの付帯サービスや補償内容に応じて、金額が設定されているのです。

そこで、三井住友VISAゴールドカードでは、海外旅行・国内旅行共に、最高5000万円までの旅行傷害保険が付帯されているゴールドカードとなりますが、三井住友VISAゴールドカードは非常にコストパフォーマンスに優れたゴールドカードなのです。

三井住友VISAゴールドカードの年会費は10,000円(税抜)ですが、最大4,000円(税抜)まで引き下げることができます。ゴールドカードで年会費が4,000円ということを考えると、三井住友VISAゴールドカードは非常にお得なゴールドカードです。

しかも、三井住友VISAゴールドカードは、一体型のiDが使えますので、利便性という点でも非常に使い勝手の良いゴールドカードなのです。

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ