三井住友VISAクラシックカードの旅行傷害保険は自動付帯?

三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAクラシックカードには、海外旅行傷害保険が付帯サービスとして付いています。また、三井住友VISAクラシックカードAには、海外旅行・国内旅行共に、旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。

旅行傷害保険とは、万が一、旅行中に事故・けが・病気などがあった際に、保険金が支払われる仕組みとなります。

では、三井住友VISAクラシックカードの旅行傷害保険は自動付帯なのでしょうか。クラシックカードAの旅行傷害保険はどのようになっているのでしょうか。

定番のクレジットカードなら三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードの旅行傷害保険

三井住友VISAクラシックカードは、旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードですが、旅行傷害保険には、自動で付帯されるクレジットカードもあれば、旅行代金をクレジットカードで支払った場合のみ、旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードもあります。

自動で付帯される旅行傷害保険を「自動付帯」、旅行代金を支払うことで付帯される旅行傷害保険を「利用付帯」と呼びますが、旅行傷害保険が自動付帯なのか、それとも利用付帯なのかは、クレジットカードの種類によって異なります。

クラシックカードの旅行傷害保険

※海外旅行傷害保険
付帯条件:利用付帯
死亡・後遺障害:2,000万円
賠償費用:2,000万円
傷害治療:100万円
疾病治療:50万円
救援者治療:100万円
携行品損害:15万円

※国内旅行傷害保険
なし

三井住友VISAクラシックカードAの旅行傷害保険

三井住友VISAクラシックカードには、スタンダードなクラシックカードと、旅行傷害保険が充実しているクラシックカードAの2つがあります。

クラシックカードとクラシックカードAの違いは、主に年会費と旅行傷害保険となりますが、クラシックカードとクラシックカードAの1番の違いは、クラシックカードAでは旅行傷害保険が自動付帯でも利用でき、尚且つ国内旅行も付帯されるという点です。

クラシックカードAの旅行傷害保険

※海外旅行傷害保険
付帯条件:自動付帯・利用付帯
死亡・後遺障害:自動付帯300万円、利用付帯1,700万円
賠償費用:2,500万円
傷害治療:300万円
疾病治療:100万円
救援者治療:150万円
携行品損害:20万円

※国内旅行傷害保険
付帯条件:自動付帯・利用付帯
死亡・後遺障害:自動付帯300万円、利用付帯1,700万円

クラシックカードとクラシックカードAは、条件を満たすことで年会費を無料にすることができますが、年会費無料の条件はどちらも同じですから、クラシックカードを取得するなら、旅行傷害保険が充実しているクラシックカードAのほうがお得です。

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違いは?

クレジットカードに旅行傷害保険は必要?

クレジットカードに旅行傷害保険が必要かどうかは、その方のライフスタイルによって異なることとなりますが、仮にそれほど頻繁に旅行はしないという方でも、クレジットカードに旅行傷害保険が付帯されているほうが安心できることは間違いありません。

旅行傷害保険とは、旅行時の病気やけがなどを補償してもらえるサービスですが、旅行傷害保険は「保険」ですから、何度も利用するものではありません。場合によっては、クレジットカードに高額な旅行傷害保険が付帯されていたとしても、一生に1度も使わなかったという方も大勢いらっしゃいます。

しかし、病気やけが、事故などは、いつどこで起こるかわからないものとなりますので、旅行傷害保険が全く無いよりは、あったほうが安心できるのも事実です。特に海外旅行では、救急車に乗るだけでも数万円~10万円程度の費用がかかりますし、盲腸でたった1日入院しただけで、300万円~500万円以上の請求となるケースもあるのです。

これらは、日本では考えられないようなことではありますが、海外では高額な医療費の支払いができずに自己破産をする方がいるほど、病気やけがは非常にリスクが高いのです。

旅行傷害保険とは?クレジットカードの海外旅行・国内旅行補償

クラシックカードとクラシックカードAはどっちがおすすめ?

三井住友VISAクラシックカードには、クラシックカードクラシックカードAの2つがありますが、おすすめはクラシックカードAとなります。

クラシックカードとクラシックカードAは、年会費が若干異なりますが、三井住友VISAカードは年会費を無料にすることができますので、断然クラシックカードAのほうがお得なのです。

しかも、クラシックカードAには海外旅行だけではなく、国内旅行も付帯されていますので、実質年会費無料のクレジットカードということを考えると、非常にお得なクレジットカードと言えるでしょう。

クラシックカードは、年会費を無料にする条件も、それほど難しいものではありませんので、クラシックカードを取得するなら「A」のほうで入会されることをおすすめします。

定番のクレジットカードなら三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ