ETCカードはいくら?年会費無料でETCカードを作ることはできる?

ETCカードはいくら?年会費無料でETCカードを作ることはできる?ETCカードとは、高速道路などの料金所をノンストップで通過できるカードです。現在はETC利用が89.7%まで増加していますので、有料道路を利用する場合には、ほとんどの方がETCカードを使っている状況です。

そこで、ETCカードを作る場合には、ETCパーソナルカードに申し込みを行うか、クレジットカードにETCカードを追加することで取得することができます。

ただ、ETCカードの取得方法によっては、年会費がかかる場合があります。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

ETCカードの年会費はいくら?

ETCカードの年会費は、取得方法によって異なりますが、仮に道路システム高度化推進機構でETCカード(ETCパーソナルカード)を作る場合には、年会費として1,234円がかかります。道路システム高度化推進機構は、高速道路6会社が共同で発行するETCカードですが、ETCパーソナルカードはデポジット式となりますので、利用には保証金が必要です。

ETCカードを作るには?クレジットカード無しETCカードの作り方

クレジットカードにETCカードを追加する場合には、カード会社によりETCカードの年会費が異なります。クレジットカードと合わせて利用することで、年会費が無料のETCカードもあれば、500円~1,000円前後の年会費がかかるETCカードもあります。

原則として、ETCカードは年会費がかかるカードではありますが、クレジットカードと一緒に利用することで、年会費無料で使うことも可能です。

年会費無料でETCカードを作るには?

年会費無料でETCカードを作るには、ETCカードが無料のクレジットカードに申し込みを行います。

たとえば、オリコカードザポイントライフカードエポスカードセゾンカードインターナショナルは、クレジットカードも年会費が無料で、尚且つETCカードも年会費が無料です。

そこで、年会費無料でETCカードを作る場合には、こういったクレジットカードもETCカードも年会費無料のクレジットカードに申し込みを行うことで、ETCカードを無料で取得することができるようになります。

しかも、ETCカードの利用でもポイントを貯めることができますので、年会費無料でETCカードを作るなら、オリコカードザポイントライフカードエポスカードがおすすめです。

特に、オリコカードザポイントとライフカードは、ポイント還元率が高くポイント優待も非常に充実していますので、かなりお得なクレジットカードなのです。

ETCカードは、どこに申し込みを行うのかによっても、その後の年会費が異なるようになりますので、できれば年会費無料のETCカードを取得するほうが良いでしょう。また、現在利用しているETCカードの年会費が有料の場合、あるいは年会費が有料のクレジットカードでETCカードを利用している場合には、一旦解約をして、上記のクレジットカードに申し込みされることをおすすめします。

現在は、年会費無料でもETCカードを利用できますので、年会費がかかるETCカードの利用は、かなり損をすることになります。ポイント還元率が高いクレジットカードを利用することで、ETCカードを使う時でもポイントを貯めることができるようになりますので、今まで以上にさらにお得に活用することができるのです。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

誕生月はポイント3倍!ライフカードは年会費無料でポイントがどんどん貯まる!

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ