ANA VISAカード(一般カード)の海外旅行・国内旅行傷害保険は?

ANA VISAカード(一般カード)ANA VISAカード(一般カード)は、最もスタンダードなANAカードとなりますが、ANA VISAカード(一般カード)はWEB明細書サービスの利用やマイ・ペイすリボの登録で、2年目以降の年会費が大幅に割引となる非常にお得なクレジットカードです。

また、ANA VISAカード(一般カード)は、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されていますので、ANA VISAカード(一般カード)は非常にバランスの良いお得なクレジットカードなのです。

そこで、ANA VISAカード(一般カード)の海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険について、ANA VISAカード(一般カード)のショッピング保険などのカード付帯保険についてまとめました。

ANA VISAカード(一般カード)は初年度年会費無料!マイルがどんどん貯まる!

ANA VISAカード(一般カード)の旅行傷害保険は?

ANA VISAカード(一般カード)は、三井住友カードが発行しているANAカードですが、ANA VISAカード(一般カード)は海外旅行・国内旅行のどちらにも旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。

また、ANA VISAカード(一般カード)の旅行傷害保険は、海外旅行・国内旅行共に自動付帯となりますので、ANA VISAカード(一般カード)は特に手続きなどを行わなくても、設定された金額まで自動的に補償されます。

ANA VISAカード(一般カード)の海外旅行傷害保険

傷害による死亡:1,000万円
傷害による後遺障害:40万円~1,000万円
救援者費用:100万円
※傷害による後遺障害は、後遺障害の程度に応じて傷害後遺障害保険金額の4%~100%となります。

ANA VISAカード(一般カード)の国内航空傷害保険

傷害による死亡:1,000万円
傷害による後遺障害:40万円~1,000万円
※国内旅行傷害保険は、日本国内線に乗客として航空機に搭乗中のみ補償されます。
※傷害による後遺障害は、後遺障害の程度に応じて死亡保険金の4%~100%となります。

ANA VISAカード(一般カード)のショッピング補償

年間100万円まで

旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯の違い

クレジットカードに付帯されている旅行傷害保険は、自動的に旅行傷害保険が付帯される自動付帯と、出発前に旅行代金を支払うことで付帯される利用付帯の2つがあります。

ANA VISAカード(一般カード)は、手続きなどは不要で自動的に付帯される自動付帯の旅行傷害保険となりますので、旅行の際に特に心配をする必要はありませんが、通常クレジットカードの一般カードに付帯されている旅行傷害保険は、ほとんどのクレジットカードが利用付帯となっています。

仮にゴールドカードやプラチナカードといった上位カードであれば、付帯される旅行傷害保険も自動付帯となりますが、一般カードでは旅行傷害保険にかかるコスト面からも、利用付帯の旅行傷害保険となるのです。

しかし、ANA VISAカード(一般カード)は、海外旅行でも国内旅行でも、どちらも自動付帯の旅行傷害保険となっていますので、ANA VISAカード(一般カード)の年会費を考えると、かなりお得なクレジットカードなのです。

自動付帯とは?海外旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯の違いとは

ANA VISAカード(一般カード)はマイルもお得に貯まる!

ANA VISAカード(一般カード)は、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されているお得なクレジットカードです。しかも、ANA VISAカード(一般カード)は旅行傷害保険だけではなく、お得にマイルを貯めることもできるクレジットカードなのです。

ANA VISAカード(一般カード)は10マイルコースに参加することで、1ポイントに付き10マイルを貯めることができるようになります。その他にも、ANA VISAカード(一般カード)は入会時のボーナスマイルや継続時のボーナスマイルなどが付与されますので、ANA VISAカード(一般カード)は、かなりお得にマイルを貯めることができます。

もっと効率よくマイルを貯めたいという方は、ANA VISAカード(一般カード)がおすすめです。

ANA VISAカード(一般カード)は初年度年会費無料!マイルがどんどん貯まる!

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ