SBIプラチナカードの海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険は?

SBIプラチナカードSBIプラチナカードは、最上位のプラチナカードということもあり、空港ラウンジサービス(LoungeKey)やMasterCardコンシェルジュなど、様々な優待サービスが用意されているプラチナカードです。

しかも、SBIプラチナカードは貯まったポイントを現金にキャッシュバックすることができますので、SBIプラチナカードを普通に利用しているだけで、常に年会費以上のキャッシュバックを受けることができるのです。

そこで、SBIプラチナカードの海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険について、SBIプラチナカードのショッピングガード保険などのカード付帯保険についてまとめました。

ポイント還元率1.5%!いつでもキャッシュバックできるSBIプラチナカード

SBIプラチナカードの旅行傷害保険は?

SBIプラチナカードは、SBIカードのプラチナカードとなりますので、一般カードやゴールドカードよりも何倍も手厚い補償が受けられるクレジットカードです。

そこで、SBIプラチナカードの旅行傷害保険は、海外旅行・国内旅行共に最高1億円の旅行傷害保険が付帯されています。しかも、SBIプラチナカードの旅行傷害保険は、海外旅行も国内旅行も、どちらも自動付帯の旅行傷害保険となりますので、SBIプラチナカードは特に何も手続きを行わなくても自動的に付帯される旅行傷害保険なのです。

また、SBIプラチナカードの海外旅行傷害保険は、カード本会員の補償だけではなく、カード会員の家族も補償する「家族特約」が付帯されていますので、SBIプラチナカードは万が一の場合でも、非常に安心な旅行傷害保険です。

SBIプラチナカードの海外旅行傷害保険

死亡・後遺障害保険金:最高1億円
傷害治療保険金:最高1,000万円
疾病治療保険金:最高700万円
賠償責任保険金:最高1億円
携行品損害保険金:最高100万円
救援者費用保険金:最高500万円

海外旅行傷害保険の家族特約

死亡・後遺障害保険金:最高1,000万円
傷害治療保険金:最高500万円
疾病治療保険金:最高350万円
賠償責任保険金:最高5,000万円
携行品損害保険金:最高50万円
救援者費用保険金:最高250万円

SBIプラチナカードの国内旅行傷害保険

死亡・後遺障害保険金:最高1億円
入院保険金:日額5,000円
通院保険金:日額5,000円

SBIプラチナカードのショッピングガード保険

補償限度額:年間最高50万円まで
自己負担額:10,000円
対象期間:商品購入日より90日間

SBIプラチナカードは海外旅行も国内旅行も自動付帯

SBIプラチナカードの旅行傷害保険は、海外旅行も国内旅行も、どちらも自動的に付帯される自動付帯の旅行傷害保険です。

通常、クレジットカードに付帯されている旅行傷害保険は、事前に旅行代金を支払うことで付帯される利用付帯が一般的です。仮に自動付帯の旅行傷害保険だったとしても、海外旅行は自動付帯で国内旅行は利用付帯というように、国内旅行まで自動付帯のクレジットカードは非常に価値が高いのです。

しかし、SBIプラチナカードは、海外旅行でも国内旅行でもどちらも自動付帯で、尚且つ最高1億円の旅行傷害保険が付帯されているのです。また、SBIプラチナカードの海外旅行傷害保険には家族特約が付帯されていますので、本会員だけではなく家族の方も手厚い補償を受けることができるのです。

SBIプラチナカードはキャッシュバックの利用で実質年会費無料!

SBIプラチナカードは、最高1億円の海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険だけではなく、様々な優待サービスが利用できるプラチナカードです。

また、SBIプラチナカードは、貯まったポイントをキャッシュバックすることができますので、1年間にかなりの現金を受け取ることができます。

しかも、SBIプラチナカードは、クレジットカードの利用金額に応じて、半年ごとにボーナスポイントが付与されますので、SBIプラチナカードはカードを利用すればするほど、さらにお得に現金を受け取ることができるのです。

SBIプラチナカードは、コンシェルジュサービスや空港ラウンジサービスなど、プラチナカードとしての優待特典が数多く用意されていますので、SBIプラチナカードは非常にお得なクレジットカードと言えるでしょう。

ポイント還元率1.5%!いつでもキャッシュバックできるSBIプラチナカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ