スキップ払いとは?JCBカードのスキップ払いの使い方・利用方法は?

JCBカードのスキップ払いスキップ払いとは、ジェーシービーが提供している支払い方法の1つとなりますが、スキップ払いを利用することで、支払い月を最大6ヶ月先まで変更することができます。

また、JCBカードでは、スキップ払いを設定した後でも、まとめ払いを利用することで、いつでも繰上返済を行うことができますので、JCBカードは非常に便利なクレジットカードなのです。

そこで、JCBカードのスキップ払いについて、スキップ払いの使い方や利用方法、スキップ払いのデメリットや注意点についてまとめました。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

スキップ払いとは?

JCBカードのスキップ払いとは、クレジットカードのショッピング1回払いを、最長6ヶ月先まで変更することができるサービスです。

通常、クレジットカードの支払いは、1ヶ月単位で締日があり、早ければ翌月、遅くとも翌々月には銀行口座から全額が引き落としになります。しかし、JCBカードのスキップ払いは、最長6ヶ月先まで指定することができますので、ボーナス時期や余裕がある時にまとめて支払うことができるのです。

また、仮にスキップ払いを利用したとしても、その後にまとめ払いを利用することで、いつでも繰上返済が可能となりますので、スキップ払いは非常に便利なサービスなのです。

スキップ払いの使い方・利用方法は?

JCBカードのスキップ払いの使い方や利用方法は、インターネット、又は電話でスキップ払いを登録します。

インターネットでスキップ払いを登録する際には、JCBカードの会員専用WEBサービスMyJCBにログイン後、カードご利用明細照会から個別に登録します。スキップ払いは、1回払いで買い物をしたショッピングに対して、1件1件個別に登録する流れとなりますので、スキップ払いを希望する買い物をそれぞれ設定します。

ただし、スキップ払いは、全てのショッピング1回払いを変更できるというサービスではありません。たとえば、カード年会費や電子マネーのチャージ、モバイルSuicaやJRAダイレクト、totoなどは、スキップ払いを利用することができません。

また、JCBカードの支払い名人を利用している場合も、スキップ払いを利用することができませんので、ショッピング1回払いであっても条件によってはスキップ払いに変更することができないこともあります。

スキップ払いが利用できないショッピング例

支払い名人を利用している場合
クレジットカードの年会費
有料付帯サービスの年間サービス料
電子マネーチャージ
モバイルSuica
JRAダイレクト
toto
エステティックサロン
外国語学校
OAスクール
結婚相談所
家庭教師派遣
その他、一部加盟店の利用分はスキップ払いへの変更ができません。

スキップ払いのデメリットは?

JCBカードのスキップ払いは、ショッピング1回払いの引き落としを、最長6ヶ月先まで支払いを先延ばしにすることができるサービスです。また、スキップ払いはクレジットカードのボーナス払いによく似たサービスとなりますので、余裕がある時にまとめて支払うことができる非常に便利なサービスなのです。

ただ、スキップ払いはボーナス払いとは若干異なりますので、いくつかのデメリットがあります。

スキップ払いのデメリット

スキップ払いの最も大きなデメリットは、期間に応じて分割手数料がかかることです。クレジットカードの1回払いは、原則として手数料は一切かからず、買い物代金のみを支払うこととなりますが、スキップ払いは分割払いやリボ払いと同じように、支払い時には買い物代金にプラスして分割手数料がかかるのです。

スキップ払いは、クレジットカードの支払いを最長6ヶ月先まで変更することができますが、期間が長くなればなるほど、その分、手数料も増えることになります。

スキップ払いとボーナス払いの違い

スキップ払いとボーナス払いの違いは、スキップ払いは最長6ヶ月先まで変更できますが、ボーナス払いは予め決まったサイクルで支払うようになります。

たとえば、スキップ払いでは、支払いを2ヶ月後にすることも3ヶ月後にすることも、あるいは6ヶ月後にすることも可能で、6ヶ月以内なら自由に変更することができます。JCBカードのボーナス払いは支払いサイクルが決まっていますので、12月16日~6月15日までに利用した分を8月10日、7月16日~11月15日までの分を翌年1月10日に全額を支払うことになります。

また、原則としてボーナス払いは手数料がかからずに利用することができますが、スキップ払いは期間に応じて所定の手数料がかかります。そのため、スキップ払いは支払いを先延ばしにすればするほど、支払う手数料も増加することになります。

ボーナス払いとは?ボーナス一括払いとは?リボ払い・分割払いの違い

スキップ払いの注意点

JCBカードのスキップ払いは、最長6ヶ月先まで支払いを先延ばしにできるメリットがありますが、スキップ払いを利用する際には、所定の手数料がかかります。

また、スキップ払いは1回のみ利用できるサービスとなりますので、ショッピング1回払いをスキップ払いに変更して、変更したスキップ払いをさらにスキップ払いに変更するというような、重複したスキップ払いの利用はできません。

スキップ払いは、1度変更するとその後にリボ払いや分割払いなどの他の支払い方法に変更することができなくなりますので、スキップ払いは1回のみ変更できるサービスです。

スキップ払いよりもボーナス払いのほうがお得!

JCBカードのスキップ払いは、最長6ヶ月先まで支払いを先延ばしにできるサービスではありますが、スキップ払いは所定の手数料がかかりますので、支払日が先延ばしになればなるほど手数料負担も増加することになります。

そこで、スキップ払いを利用するなら、ボーナス払い(ボーナス1回払い)を利用するほうが良いでしょう。ボーナス払いは、手数料無料で最長6ヶ月前後の先延ばしができますので、スキップ払いとほぼ同じように利用することができます。また、ボーナス払いは予め支払日が決まっていますので、計画的に支払いを行うことができるメリットもあります。

ただ、ボーナス払いはクレジットカードで買い物をする際に指定する支払い方法となりますので、後から指定することができない支払い方法です。店舗やお店によっては、ボーナス払いの取り扱いがない加盟店もありますので、ボーナス払いを利用する際には、事前に確認した上で利用することが重要です。

JCBカードには、スキップ払いやボーナス払い以外にも、様々な支払い方法が用意されていますので、ご自身に合った支払い方法を選択されることをおすすめします。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

JCBゴールドは最上級のステータスと充実した付帯サービス

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ