ディスカバーカードとは?ディスカバーの取得は?日本でも利用可能?

ディスカバーカードディスカバーカードとは、主にアメリカを中心に提供されている国際ブランドの1つとなりますが、ディスカバーカードはVISAやMastercard、JCBやアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブカードと同じように、ディスカバーカードのマークがあるお店や店舗で利用することができるクレジットカードです。

また、ディスカバーカードは最大手のカード会社のジェーシービー(JCBカード)と提携していますので、ディスカバーカードは日本国内でも利用することができるクレジットカードブランドとなります。

そこで、ディスカバーカードについて、ディスカバーカードの取得や日本国内の利用についてまとめました。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

ディスカバーカードとは?

ディスカバーカードは、アメリカを中心に展開している国際ブランドの1つです。現在、国際ブランドと呼ばれるクレジットカードブランドは、「VISA」「Mastercard」「JCB」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナースクラブカード」「銀聯カード」「ディスカバーカード」の7つとなります。

ただ、中国で圧倒的なシェアとなっている銀聯カードと、アメリカで5千万人以上の会員を有するディスカバーカードは、世界的なシェアはまだまだ少ないという状況もあり、一般的にはVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブカードを「5大国際ブランド」と呼びます。

また、国際ブランドごとの世界シェアではVISAカードが50%前後のシェアとなっていますので、国際ブランドの中ではVISAが圧倒的なシェアとなっています。次いで、Mastercardが30%、アメリカン・エキスプレスが8%前後と続きます。ディスカバーカードのシェアは0.5%前後となりますので、世界的なシェアという意味では、ディスカバーカードは限られた地域で提供されているクレジットカードと言えます。

国際ブランドとは?JCB・VISA・MasterCardどれを選べばいいの?

ディスカバーカードを取得するには?

ディスカバーカードは、主にアメリカを中心に発行されているクレジットカードということもあり、日本国内では取得することができないクレジットカードとなります。

VISAやMastercard、JCBカードなど、他の国際ブランドは日本国内でも発行されていますので、通常どおり取得することができますが、ディスカバーカードは現時点では日本国内では発行されていない国際ブランドなのです。

ただ、ディスカバーカードは、海外で取得したディスカバーカードを日本国内で利用することはできますので、ディスカバーカードの日本での利用については、特に問題なく使うことが可能です。

ディスカバーカードの日本国内での利用は?

ディスカバーカードは、日本国内では発行していないクレジットカードブランドではありますが、海外で取得したディスカバーカードを日本国内で利用することは可能です。

ディスカバーカードは、日本で圧倒的なシェアとなっている最大手のJCBと提携していますので、JCBが使えるお店であればディスカバーカードを利用することができるようになります。ただし、海外のJCB加盟店ではディスカバーカードを使うことはできませんので、ディスカバーカードが利用できるJCB加盟店は、あくまでも日本国内のJCB加盟店のみとなります。

ディスカバーカードは、日本国内では取得することができないクレジットカードということもあり、日本人にはあまり馴染みがないクレジットカードブランドですから、ディスカバーカードの利用有無や取得条件などは、それほど考えなくても良いでしょう。

しかし、レストランやカフェなどの飲食店に勤めている方、ホテルやレジャー施設で働いている方などは、外国人の観光客が会計時にディスカバーカードを提示する可能性があります。そのため、従業員やスタッフ、アルバイトとして店舗やお店で働いている方は、国際ブランドの1つとして「ディスカバーカード」が存在するということを覚えておくことも重要です。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ