PARCOカードのVISA、Mastercard、JCB、American Expressの違いは?

PARCOカード(パルコカード)PARCOカードは、最短即日でカードを受け取ることができるパルコのクレジットカードとなりますが、PARCOカードには年会費が無料のVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスの4つがあります。

また、PARCOカードのアメリカン・エキスプレスは、年会費無料のアメリカン・エキスプレスと年会費が有料のアメリカン・エキスプレスの2つから選ぶことができますので、PARCOカードは希望する国際ブランドを自由に選択することができるクレジットカードなのです。

では、PARCOカードのVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスは何が違うのでしょうか。PARCOカードでおすすめの国際ブランドはどれになるのでしょうか。

年会費無料!PARCOカード(パルコカード)はいつでもずっと5%OFF

PARCOカードの国際ブランドの違いは?

PARCOカード(パルコカード)は、クレディセゾンが発行しているパルコのクレジットカードですが、PARCOカードは申し込み時にVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスの4つから、自由に国際ブランドを選ぶことができます。

また、PARCOカードのアメリカン・エキスプレスは、年会費無料のアメリカン・エキスプレスと年会費有料のアメリカン・エキスプレスの2つがありますので、PARCOカードでアメリカン・エキスプレスに申し込みを行う際には、どちらかのアメリカン・エキスプレスを選択することとなります。

そこで、PARCOカードのVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスの違いは、それぞれ国際ブランドが異なりますので、利用できる店舗やお店が大きく異なるようになります。

利用できる店舗やお店の違い

クレジットカードは、国際ブランドごとに加盟店契約を行いますので、VISAのマークがあるお店ではVISAカードは使えますが、MastercardやJCBカード、アメリカン・エキスプレスは利用することができません。

クレジットカードは、選択する国際ブランドによって「使える店」「使えない店」がありますので、クレジットカードの申し込みでは国際ブランドを何にするのかも重要なポイントです。

PARCOカードのアメリカン・エキスプレスの違いは?

PARCOカード(パルコカード)の年会費無料のアメリカン・エキスプレスと年会費有料のアメリカン・エキスプレスの違いは、旅行傷害保険が異なります。

PARCOカードは、年会費無料のVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスは旅行傷害保険が付帯されていませんが、年会費が有料のアメリカン・エキスプレスは、海外旅行も国内旅行もどちらにも最高3,000万円の旅行傷害保険が付帯されていますので、旅行中の万が一の事故や病気でも安心です。

ただ、年会費が無料でも手厚い旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードがありますので、PARCOカードの年会費が有料のアメリカン・エキスプレスに申し込みを行うことは、あまり得策ではありません。

仮に旅行傷害保険を目当てにPARCOカードに申し込みを行うなら、年会費が無料のPARCOカードに申し込みを行い、その上で年会費無料の旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードに改めて申し込みを行われることをおすすめします。

年会費無料で旅行傷害保険が利用できるクレジットカードは?

年会費無料で旅行傷害保険が利用できるクレジットカードなら、JCB一般カード三井住友VISAクラシックカードAがおすすめです。

JCB一般カードは海外旅行・国内旅行共に最高3,000万円の旅行傷害保険、三井住友VISAクラシックカードAは海外旅行・国内旅行共に最高2,500万円の旅行傷害保険が付帯されています。JCB一般カードと三井住友VISAクラシックカードAは、条件を満たすことで年会費を無料にすることができますので、実質年会費無料のクレジットカードとして利用することができます。

旅行傷害保険付きのクレジットカードなら、JCB一般カードと三井住友VISAクラシックカードAがおすすめです。

PARCOカードの国際ブランドの選び方は?

PARCOカード(パルコカード)は、国際ブランドをVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスの4つから選ぶことができるクレジットカードで、アメリカン・エキスプレスは年会費が3,000円の旅行傷害保険付きのPARCOカードを選ぶことも可能です。

そこで、PARCOカードに申し込みを行う際には、国際ブランドが「VISA」の年会費無料のPARCOカードが最もおすすめのクレジットカードとなります。仮に旅行傷害保険を希望する際には、年会費無料のVISAに申し込みを行い、旅行傷害保険用としてJCB一般カード三井住友VISAクラシックカードAを取得されることをおすすめします。

国際ブランドのVISAは、世界シェアNo1のクレジットカードブランドとなりますので、他のブランドよりも利便性が高いクレジットカードとなります。また、年会費無料のPARCOカードに申し込みを行うことで、年会費を気にせずに利用することができることも大きな魅力です。

クレジットカードはブランドごとにシェアが異なる

PARCOカードは、ポイント還元率や優待特典については国際ブランドごとの違いはありませんので、どの国際ブランドを選択しても同一のサービスを受けることができます。PARCOカードの審査についても、VISAのほうが通りやすい、JCBのほうが審査が厳しいということもありませんので、基本的にはどのブランドを選択しても同じように利用できます。

ただ、加盟店が少ない国際ブランドを選択してしまうと、クレジットカードを使うことができなくなりますので、非常に不便なのです。そのため、国際ブランドを選択する際には、最もシェアが高いブランドを選択することで、ストレスなくクレジットカードを使うことができるようになるのです。

PARCOカード(パルコカード)は4つのブランドから選ぶことができますが、世界シェアが50%以上となっているVISAが最もおすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

年会費無料!PARCOカード(パルコカード)はいつでもずっと5%OFF

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ