クレジットカードの捨て方は?有効期限切れカードの安全な処分方法は?

クレジットカードの捨て方は?有効期限切れカードの安全な処分方法は?クレジットカードをどうやって捨てようかと迷われている方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードは、1枚1枚のカードに有効期限がありますので、期限が切れたクレジットカードは自分自身で処分することになります。しかし、クレジットカードには名前やカード番号などの個人情報も含まれていますので、そのままゴミ箱に捨てることもできず、どうやって破棄すれば良いのかと疑問に思われている方が多いのです。

では、クレジットカードはどうやって捨てれば良いのでしょうか。クレジットカードの安全な捨て方・処分方法についてまとめました。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

クレジットカードの捨て方は?

使わなくなったクレジットカードは、どうやって処分するか迷いますよね。クレジットカードには様々な情報が含まれていますので、そのまま何も気にせずに捨ててしまうのは非常に危険です。場合によっては、捨てたクレジットカードを悪用されて、後日、不正利用の責任を取らされる可能性もあります。

また、クレジットカードは、会員の名前やカード番号、有効期限やセキュリティコードだけではなく、磁気ストライプやICチップからも情報を盗み取ることができますので、クレジットカードの捨て方を間違えると、その後、大きなトラブルになる場合もあるのです。

そこで、使わなくなったクレジットカードや有効期限が切れたクレジットカードを処分する際には、出来る限り細かく切ることが重要です。可能であれば、シュレッダーで細かくして廃棄することが望ましいのですが、自宅にシュレッダーがない方はハサミで細かく切り刻むことで対応することができます。

クレジットカードには多くの情報が含まれていますので、とにかく細かく切ることが最も重要な捨て方となります。

クレジットカードの安全な処分方法は?

クレジットカードの安全な処分方法は、復元できないように細かく切ることが重要です。

細かく切る時の幅は3mm~4mm以下が良いでしょう。逆に5mm~1cm以上の幅で切るとかなり情報が残りますので、簡単に復元することが可能になります。細かく切る際には、名前やカード番号の箇所だけではなく、磁気ストライプやICチップも意識的に細かく切ることが重要です。

また、クレジットカードを細かく切った後は、全てを1つの袋に入れてまとめて捨てるのではなく、何回かに分けて捨てるほうが無難です。

どれだけ細かく切ったとしても、1つのゴミ袋にまとめて捨ててしまうと、その後にクレジットカードを復元できる可能性があるからです。細かく切ったクレジットカードを何回かに分けて処分することで、悪用される危険性を限りなくゼロにすることができます。

クレジットカードは可燃ごみ?それとも不燃ごみ?

クレジットカードを処分する際に、クレジットカードは可燃ごみなのか、それとも不燃ごみなのか迷いますよね。

基本的にクレジットカードは可燃ごみとして処分することになりますが、クレジットカードの処分方法は各自治体によって異なります。そのため、ある自治体では普通に可燃ごみとして処分できますが、ある自治体では不燃ごみとして処分する自治体もありますし、クレジットカードはプラスチックになりますので資源ごみとして処分する自治体もあります。

そこで、クレジットカードの処分方法については、住んでいる地域ごとに異なるようになりますので、分別方法を確認してから処分されることをおすすめします。

また、クレジットカードの明細書を郵送で受け取っている方は、明細書についてもシュレッダーやハサミで細かく切ってから処分する流れとなります。クレジットカードの明細書は個人情報が含まれていますので、使わなくなったクレジットカードと同じように細かく切ってから処分することが重要です。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ