アコムは学生でも借りれる?大学生や専門学生でも即日融資は可能?

アコムどうしてもお金が足りないことってありますよね。たとえば、飲み会やコンパでどうしてもあと1万円足りない、友人や知人との旅行で、どうしても3万円足りないということはよくあります。

特に大学生や専門学生、短大生といった学生の方は、社会人よりも使えるお金が限られますので、急な出費でどうしても現金が足りなくなることが多いのです。

では、アコムは学生でもお金を借りることができるのでしょうか。大学生や専門学生、短大生といった学生でも、アコムで即日融資が可能なのでしょうか。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムは学生でも借りれる?

アコムは、テレビCMやインターネット広告でも有名な最大手のカードローンとなりますが、アコムの申し込み条件や審査基準は、20歳以上で毎月安定した収入を得ていることとなります。

そのため、18歳~19歳の未成年の方はアコムのカードローンを利用することはできません。また、何も仕事をしていない方や全く収入がないという方も、アコムでお金を借りることはできません。

アコムに限らず、金融会社でお金を借りる際には遅れずに返済ができることが条件となりますので、何らかの仕事をしていること、毎月収入を得ていることが重要なポイントです。逆に何も仕事をしていない場合、何も収入がない場合には、アコムで融資を受けることができませんので注意が必要です。

そこで、大学生や専門学生、短大生といった学生の方が、アコムでお金を借りれるかどうかは、申込者が20歳以上で何らかの仕事をしていることが重要です。

アコムでお金を借りるには毎月収入を得ていることが絶対条件

アコムは最大手のカードローンということもあり、大学生や専門学生といった学生の方でも、通常どおり融資を受けることができるカードローンです。

ただし、学生の方がアコムでお金を借りるには、「20歳以上であること」「仕事をしていること」が絶対条件となります。

もちろん、学生の方は本業が学生となりますので、正社員としてフルタイムで働くことは困難です。そのため、学生の方がアコムで融資を受けるには、アルバイトやパートとして毎月収入を得ていることが条件となります。アルバイトやパートなどで毎月収入を得ている学生の方なら、通常どおりアコムに申し込みを行うことができます。

お小遣いや仕送りは収入にはならない

学生の方がアコムで融資を受けるには、20歳以上で何らかの仕事をして毎月収入を得ていることが重要です。親・親戚からのお小遣いや仕送りは、毎月の収入とはみなされませんので、あくまでも仕事をして収入を得ていることが条件となります。

アコムは大学生や専門学生でも即日融資は可能?

アコムは、条件を満たすことで大学生や専門学生、短大生といった学生の方でも、通常どおり融資を受けることができるカードローンです。

また、アコムは最短30分で審査結果を回答するカードローンとなりますので、アコムなら学生の方でも即日で融資を受けることができます。しかも、アコムを初めて利用する方は、30日間金利0円サービスを利用することができますので、アコムでお金を借りて30日以内に全額を返済すれば1円の利息も支払わずに済むのです。

アコムは30日以内に返済すれば金利0円

「1週間後には全額返済できるのに・・」「10日後にはまとまった現金が入る予定なのに・・」という経験はないでしょうか。

返済する目途はあるのに、今すぐにお金を用意しなければならない、あと少しお金が足りないということは、誰でも1度や2度は経験があるものです。

アコムには30日間金利0円サービスがありますので、数日だけお金を借りたい時やほんの少しお金が足りないという時に、非常に便利なカードローンなのです。

奨学金の返済が残っていてもアコムで借りれる?

日本学生支援機構(JASSO)学生の方で、奨学金を利用しているという方も多いのではないでしょうか。

奨学金とは、日本学生支援機構(JASSO)が行っている貸与型の制度ですが、奨学金を利用している学生の方でも、通常どおりアコムで融資を受けることができます。

奨学金は国が行っている制度となりますので、奨学金を借りていることがアコムの審査に影響することはありません。そのため、奨学金を利用している学生の方でも、特に問題なくアコムでお金を借りることができます。

ただし、奨学金の支払いで遅れや延滞があると、アコムで融資を受けることができなくなることがあります。

奨学金の延滞でクレジットカードやローンが組めなくなる

個人信用情報機関への登録奨学金は国が行っている制度ではありますが、日本学生支援機構で奨学金を利用すると個人信用情報機関であるCIC(シー・アイ・シー)やJICC(日本信用情報機構)、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)に登録されます。

個人信用情報機関に登録される情報は、奨学金利用者の氏名や生年月日、住所や電話番号、勤務先などの個人情報の他に、契約の情報として貸与額や最終返還期日などが記録されます。

また、個人信用情報機関には奨学金の延滞や代位弁済、完済などの返還状況も登録されます。そのため、仮に奨学金の返済で遅れや延滞があると、CICやJICC、全銀協に延滞の記録が残りますので、今後のクレジットカードやローンの利用、キャッシングやカードローンの利用ができなくなる可能性があります。

奨学金を延滞すると何年にも渡って記録が残り続ける

個人信用情報機関に登録されると?奨学金の延滞で、クレジットカードが作れなかったりカード利用が停止されたり、住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローンが組めなくなることは、日本学生支援機構のホームページ上でも記載されています。

また、個人信用情報機関の記録は、何年にも渡って強制的に登録され続けますので、仮に個人信用情報機関に返済の遅れや延滞といったネガティブな情報が登録されると、いわゆる「ブラック」と呼ばれる状態になります。1度金融ブラックになると、カードを作ることもローンを組むこともお金を借りることもできなくなりますので、奨学金の返済は絶対に遅れてはならないのです。

カードローンは余裕を持って申し込むことが重要

アコムに申し込みを行う際には、余裕を持って手続きを進めることが重要です。

逆に、切羽詰まってから慌てて申し込みを行うことは避けたほうが良いでしょう。特にクレジットカードやローン、奨学金などの支払いが遅れてから、慌てて申し込みをする行為は非常に危険です。

クレジットカードやローンなどで支払いが遅れると個人信用情報機関に延滞の記録が残りますので、その後、カードローンやキャッシングの審査に大きな影響が出るのです。そのため、切羽詰まってから申し込みを行うのではなく、余裕を持ってアコムに申し込みを行うことが重要なのです。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ