JCBプラチナの年会費はいくら?ETCカードや家族カードの年会費は?

JCBプラチナJCBプラチナは、JCBゴールドのサービスの他に、プラチナ・コンシェルジュデスクやグルメ・ベネフィット、プライオリティ・パスなどが利用できるJCBオリジナルシリーズのプラチナカードです。

また、JCBプラチナはインビテーションによる招待制のクレジットカードではありませんので、どなたでも安心して申し込みを行うことができる非常に便利なステータスカードなのです。

そこで、JCBプラチナの年会費について、JCBプラチナの家族カードやETCカードについてまとめました。

JCBプラチナは24時間365日プラチナ・コンシェルジュデスクが利用できる!

JCBプラチナの年会費は?

JCBプラチナは、JCBゴールドの上位カードとして新たに開始されたプレミアムカードですが、JCBプラチナの年会費は25,000円+消費税となります。

JCBゴールドの年会費が10,000円(税別)、招待制のJCBゴールド ザ・プレミアの年会費がJCBゴールドの年会費にプラス5,000円(税別)、最上位カードのJCBザ・クラスの年会費が50,000円(税別)ということを考えると、JCBプラチナの年会費は、JCBゴールドとJCBザ・クラスのちょうど中間に位置するクレジットカードとなります。

JCBステータスカードの年会費

JCBゴールド:10,000円(税別)
JCBゴールド ザ・プレミア:JCBゴールドにプラス5,000円(税別)
JCBプラチナ:25,000円(税別)
JCBザ・クラス:50,000円(税別)

JCBプラチナの家族カードやETCカードの年会費は?

JCBプラチナは、追加カードとして家族カードに申し込みを行うことができますが、JCBプラチナの家族カードの年会費は、1人目が年会費無料で、2人目より1名に付き3,000円+消費税となります。

また、JCBプラチナはETCカードを追加することもできますが、JCBプラチナのETCカードは年会費無料で取得することができます。その他、電子マネーのQUICPay(クイックペイ)についても年会費無料で利用することができます。

JCBプラチナの年会費

本会員:25,000円+消費税
家族会員:1人目は年会費無料、2人目から1名に付き3,000円+消費税
ETCカード:年会費無料
QUICPay:年会費無料

JCBプラチナはプラチナ・コンシェルジュデスクが利用できる!

JCBプラチナは、JCBオリジナルシリーズの新たなプレミアムカードとして開始されたプラチナカードとなりますが、JCBプラチナの最大のメリットは、JCBザ・クラスの半分の年会費でプラチナ・コンシェルジュデスクを利用することができることです。

最高のおもてなしのプラチナ・コンシェルジュデスク

JCBのプラチナ・コンシェルジュデスクは、24時間365日対応の非常にクオリティの高いコンシェルジュデスクです。他のカード会社でも同様のサービスを提供しているクレジットカードもありますが、JCBのプラチナ・コンシェルジュデスクと他のコンシェルジュデスクの違いは、JCBのプラチナ・コンシェルジュデスクは非常に難易度の高い予約でも短時間で対応することができることです。

また、JCBのプラチナ・コンシェルジュデスクは、単に言われたことだけを機械的に行うのではなく、会員1人1人に合わせて様々な提案をしてもらえますので、プラチナ・コンシェルジュデスクを利用したいという理由だけでJCBザ・クラスを長期間保有し続けている方も多いのです。

JCBプラチナは、JCBザ・クラスの半額の年会費で最高のおもてなしが受けられるプラチナ・コンシェルジュデスクを利用することができますので、JCBプラチナはかなりお得なプレミアムカードなのです。

JCBプラチナは、25歳以上の方ならどなたでも申し込みを行うことができますので、プラチナ・コンシェルジュデスクやプライオリティ・パスを利用したいという方は、JCBプラチナがおすすめです。

JCBプラチナは24時間365日プラチナ・コンシェルジュデスクが利用できる!

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ