三井住友VISAゴールドカードとエグゼクティブカードの違いは?お得なのは?

三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAエグゼクティブカード三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAエグゼクティブカードは、どちらも三井住友カードが発行しているクレジットカードとなりますが、ゴールドカードとエグゼクティブカードはワンランク上のクレジットカードという共通点があります。

また、三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAエグゼクティブカードは、どちらも海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードで、尚且つ家族特約やドクターコール24なども共通していますので、ゴールドカードとエグゼクティブカードのどちらが良いのかと迷われている方も多いのではないでしょうか。

では、三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAエグゼクティブカードは何が違うのでしょうか。ゴールドカードとエグゼクティブカードは、どちらがお得なクレジットカードなのでしょうか。

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

ゴールドカードとエグゼクティブカードの違いは?

三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAエグゼクティブカードは、どちらもワンランク上のクレジットカードということもあり、ゴールドカードとエグゼクティブカードには共通したサービスが数多くあります。

しかし、三井住友VISAゴールドカードは三井住友カードが発行しているプロパーのゴールドカードとなりますが、三井住友VISAエグゼクティブカードはビジネスマン向けの一般カードです。そのため、三井住友VISAゴールドカードは、空港ラウンジサービスやゴールドデスクなどのゴールドカード特典を利用することができるクレジットカードとなります。

年会費の違い

三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAエグゼクティブカードは、どちらも初年度の年会費は無料ですが、翌年以降の年会費が異なります。また、ゴールドカードの家族カードは一人目が年会費無料ですが、エグゼクティブカードの家族カードは有料です。

その他、三井住友カードは年会費割引を利用することができますが、ゴールドカードは年会費割引を利用することで2年目以降の年会費を4,000円+消費税まで引き下げることができます。エグゼクティブカードは1,000円+消費税まで引き下げることが可能です。

旅行傷害保険の違い

三井住友VISAゴールドカードも三井住友VISAエグゼクティブカードも、どちらも家族特約付きの海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯されています。

ただし、ゴールドカードは最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯されていますが、エグゼクティブカードは最高4,000万円の旅行傷害保険となります。ショッピング補償についても、ゴールドカードが最高300万円まで、エグゼクティブカードが最高100万円までとなりますので、ゴールドカードのほうが手厚い補償が受けられるようになっています。

利用限度額の違い

ゴールドカードとエグゼクティブカードは、クレジットカードの利用限度額も大きく異なるようになります。一般的に利用限度額はカード会員ごとに設定金額が異なりますが、基本となる利用限度額はゴールドカードが50万円~200万円、エグゼクティブカードが10万円~80万円です。

そのため、ゴールドカードの利用限度額は、最低でも50万円~100万円の限度額が設定されます。カード会員の信用度によっては、利用限度額が200万円~300万円で設定されることもあります。

逆に、エグゼクティブカードは一般カードとなりますので、場合によっては利用限度額が10万円で設定されることがあります。また、エグゼクティブカードは最高でも80万円~100万円の利用限度額となりますので、100万円以上の限度額を希望する際にはゴールドカードに申し込みを行うこととなります。

申し込み条件の違い

三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAエグゼクティブカードは、一般カードとゴールドカードの違いがあります。

そのため、三井住友VISAゴールドカードは30歳以上の方が対象となりますので、10代~20代の方はゴールドカードに申し込みを行うことができません。逆に、三井住友VISAエグゼクティブカードは20歳以上の方を対象としていますので、エグゼクティブカードなら20代の方でも取得することができます。

また、20代の方がゴールドカードを希望する際には、三井住友VISAプライムゴールドカードに申し込みを行うこととなります。

プライムゴールドカードは、満20歳以上30歳未満の方限定の若者向けゴールドカードということもあり、非常に格安な年会費で、30歳以上の方を対象とした三井住友VISAゴールドカードと、ほぼ同じサービスを利用することができます。

ただし、三井住友VISAゴールドカードも三井住友VISAプライムゴールドカードも、どちらもゴールドカードとして独自の審査基準によって、カード発行が可能かどうかが決まります。アルバイトやパートの方、転職したばかりで勤続年数が短い方などは、ゴールドカードの審査に落ちてしまうことがあります。

ボーナスポイントの違い

三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAエグゼクティブカードは、基本となるポイント還元率は同じですが、三井住友VISAゴールドカードはゴールドカードの優待特典として、一般カードの2倍のボーナスポイントが付与されます。

優待特典の違い

三井住友VISAゴールドカードは、ゴールドカードとして空港ラウンジサービスやゴールドデスクを利用することができます。また、会員制宿泊予約サービスのrelux(リラックス)の割引優待や情報誌「VISA」の無料お届け(通常は年間3,059円+消費税)も利用できます。

空港ラウンジサービスやゴールドデスク、relux(リラックス)の割引優待や情報誌「VISA」の無料送付は、ゴールドカード会員向けの特典となりますので、エグゼクティブカードでは利用することができません。

ゴールドカードとエグゼクティブカードはどっちがお得?

三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAエグゼクティブカードは、どちらも非常に充実したサービスが受けられるお得なクレジットカードとなります。

そこで、ゴールドカードとエグゼクティブカードではどちらがお得なのかとなりますが、年会費や付帯保険などを総合的に判断すると、三井住友VISAゴールドカードのほうがお得です。

特に三井住友VISAカードは、年会費の割引がありますので、割引特典を利用することで4,000円の年会費でゴールドカードを利用することができるようになります。

通常、ゴールドカードの年会費は1万円前後となりますが、三井住友VISAゴールドカードは4,000円の年会費で利用できますので、かなり格安な年会費のゴールドカードです。しかも、三井住友VISAゴールドカードは、空港ラウンジサービスやゴールドデスクといったゴールドカードとしての優待特典も非常に充実していますので、三井住友VISAゴールドカードはお得なゴールドカードなのです。

ゴールドカードとエグゼクティブカードで迷ったら、三井住友VISAゴールドカードに申し込みされることをおすすめします。

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

三井住友VISAエグゼクティブカードは最高クラスの充実した付帯サービス

三井住友VISAカード

WがWでポイント4倍キャンペーン

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ