三井住友VISAゴールドカードの審査は厳しい?審査基準・審査期間

三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAカードは、VISAカードと言えば三井住友VISAカードと呼ばれるほど、高い知名度とステータスを誇るクレジットカードですが、これはゴールドカードも同じで、VISAゴールドカードと言えば、三井住友VISAゴールドカードになります。

しかし、ゴールドカードは一般カードよりも審査が厳しい傾向があり、クレジットカードごとに申し込み条件もあります。

では、三井住友VISAゴールドカードの審査はどうなのでしょうか。三井住友VISAゴールドカードの審査基準、審査にかかる時間・期間についてまとめました。

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

三井住友VISAゴールドカードの審査は?

三井住友VISAゴールドカードは、三井住友VISAカードの上位カードとなりますので、三井住友VISAクラシックカードやクラシックカードA、三井住友VISAデビュープラスカードなどに比べると、取得しにくいクレジットカードです。

また、三井住友VISAカードは銀行系のクレジットカードですから、信販系や流通系のクレジットカードよりも、カード審査は厳格に行われている印象があります。

そのため、三井住友VISAゴールドカードの取得では、今までに三井住友VISAカードを1度も利用していないという方には、かなりハードルが高いクレジットカードと言えるでしょう。特に、三井住友VISAカードは、自社の利用実績を重視する傾向がありますので、何も利用実績がない状態で、いきなりゴールドカードの取得を目指すのは、あまりおすすめできません。

年収が500万円~600万円以上で、公務員、又は大手企業に勤めているか、あるいは年収1000万円以上で、士業関係の仕事ということであれば別ですが、年収500万円以下で勤続年数が10年未満ということなら、まずは三井住友VISAクラシックカードを取得して利用実績を高めていくほうが、三井住友VISAゴールドカードをスムーズに取得できる可能性が高くなります。

三井住友VISAゴールドカードの審査基準

三井住友VISAゴールドカードの審査基準は、原則として「30歳以上で安定した収入がある方」が申し込みの条件となります。

これまでの事例では、三井住友VISAカードの利用実績がない状態で直接申し込みをしたケースでも、年収400万円台で取得できた事例、勤続年数が5年~7年程度でも取得できた事例がありますので、三井住友VISAゴールドカードを取得するためのボーダーラインとしては、年収400万円以上、勤続年数5年以上と考えられます。

ただし、勤続年数5年以上、年収400万円台で三井住友VISAゴールドカードを取得できるかどうかは、他社のクレジットカードの利用実績が大きく関係しますので、実際にカードを取得できるかどうかは、かなりギリギリのラインと考えておくほうが良いでしょう。

そのため、三井住友VISAカードの利用実績がない状態で、直接三井住友VISAゴールドカードに申し込みをする際には、できれば年収500万円以上で勤続年数10年以上が理想です。

三井住友VISAゴールドカードでは、三井住友VISAカードで利用実績がない場合、カード取得の条件がかなり厳しくなりますので、直接申し込みをする際には、「現在の年収」「勤続年数」「他社の利用状況」について確認するほうが良いでしょう。

三井住友VISAゴールドカードの審査期間・審査にかかる時間

三井住友VISAゴールドカードの審査期間や審査にかかる時間は、申し込みを行った方の状況によって異なります。

これまでの事例の最短では、WEB申し込みから数十分で審査結果の連絡があり、その後、数日でカードが届いたという事例、WEB申し込みから14日後に審査結果の連絡があり、その後にカードが届いたという事例もあります。

特に、利用実績がない状態で申し込みをした場合には、審査結果の連絡までに、1週間~2週間ほどかかる場合も多く、かなり慎重な審査を行っていることがわかります。

逆に、既存ユーザーで、三井住友VISAゴールドカードに切り替え申し込みのケースでは、早ければ当日中には審査結果の連絡があり、1週間~10日間ほどでカードが到着する流れとなります。

上記でも記載をしましたが、三井住友VISAカードは自社の利用実績を重視しますので、直接ゴールドカードに申し込みがあった場合には、かなり慎重な審査を行っています。その上で、特に問題がなければカードが発行される流れですから、三井住友VISAカードで利用実績があるかどうかによって、その後の審査期間・審査にかかる時間も異なるようになります。

三井住友VISAゴールドカードの審査はどうなの?

三井住友VISAゴールドカードは、翌年以降の年会費を最大4,000円まで引き下げることができるゴールドカードです。年会費4,000円で、充実した付帯サービスを受けられるということを考えると、三井住友VISAゴールドカードは非常にリーズナブルなゴールドカードと言えます。

三井住友VISAゴールドカードの年会費は?年会費が割引になる条件

しかし、三井住友VISAゴールドカードは、利用実績がない状態で直接申し込みを行うと、ゴールドカードの中でも一二を争うほど、非常に取得しにくいクレジットカードとなります。逆に、三井住友VISAクラシックカードなどで利用実績を高めていくと、半年~1年ほどでゴールドカードを取得することができるようになるのです。

三井住友VISAカードで利用実績があれば、年収200万円台後半~年収300万円台前半でも、普通に三井住友VISAゴールドカードを取得することができるようになりますので、ゴールドカードの取得難易度を大幅に引き下げることができます。

三井住友VISAゴールドカードの審査を総合的に判断すると、それほど取得困難なクレジットカードではありません。利用実績があれば、「こんなに簡単に取得できるの?」と不思議に思うほど、スムーズにカードが発行されます。しかし逆に、利用実績がないまま、三井住友VISAゴールドカードに突撃すると、かなりの確率でカード発行が見送られるのも事実です。

どうしても三井住友VISAゴールドカードが欲しい!という方は、一か八かで直接ゴールドカードに申し込みを行うよりも、まずはクラシックカードなどを取得して、利用実績を高めた上でゴールドカードに切り替えを行うと、普通にゴールドカードを取得することができるようになるのです。

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

定番のクレジットカードなら三井住友VISAクラシックカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ