三井住友カード(旧クラシックカード)とエグゼクティブカードの違いは?

三井住友カード(旧クラシックカード)三井住友カード エグゼクティブと三井住友カード(旧クラシックカード)は何が違うのか、どちらがお得なクレジットカードなのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

また、三井住友カード(旧クラシックカード)には海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されている三井住友カード(旧クラシックカード)Aがラインナップされていますので、三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードのどちらを選べばいいのか迷う方が多いのです。

では、三井住友カード エグゼクティブと三井住友カード(旧クラシックカード)の違いは何でしょうか。三井住友カード エグゼクティブと三井住友カード(旧クラシックカード)はどちらがおすすめのクレジットカードなのでしょうか。

三井住友カード(旧三井住友VISAカード)は安心・信頼の世界ブランド

三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードの違いは?

三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードの違いは?三井住友カード エグゼクティブ三井住友カード(旧クラシックカード)は、どちらも三井住友カードが発行しているクレジットカードですが、三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードは年会費と旅行傷害保険の補償内容が大きく異なります。

また、三井住友カード エグゼクティブは社会人の方を対象としたクレジットカードとなりますので、三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードは年齢条件や申込基準も大きく異なります。

その他、三井住友カード エグゼクティブは24時間・年中無休で医師に無料で電話相談ができるドクターコール24が付帯されていますが、クラシックカードにはドクターコール24は付帯されていません。

年会費の違い

三井住友カード エグゼクティブは年会費が3,000円+消費税となります。クラシックカードは年会費が1,250円+消費税、三井住友カード Aが1,500円+消費税となりますので、三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードは年会費が大きく異なります。また、学生の方がクラシックカードを利用する場合は、在学中は年会費が無料です。

また、三井住友カード エグゼクティブの家族カードの年会費は初年度の年会費が無料で1名に付き250円+消費税です。クラシックカードの家族カードの年会費は初年度の年会費が無料で1名に付き400円+消費税、三井住友カード Aが550円+消費税となります。

年会費無料の条件の違い

三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードは、どちらも年会費割引の特典が利用できるクレジットカードですが、クラシックカードと三井住友カード Aは年会費割引を活用することで、2年目以降の年会費を無料にすることができます。三井住友カード エグゼクティブは年会費が3,000円のクレジットカードとなりますので、年会費割引を利用した場合でも年会費を無料にすることはできません。2年目以降の年会費は最大でも2,000円の割引(年会費1,000円)となります。

申し込み条件、年齢条件の違い

三井住友カード エグゼクティブはビジネスマンを対象としたクレジットカードということもあり、満20歳以上の安定した収入を得ている方が対象となるクレジットカードです。クラシックカードや三井住友カード Aは高校生を除く満18歳以上の方が対象です。

そのため、三井住友カード エグゼクティブは18歳~19歳の未成年の方や学生の方は取得することができません。クラシックカードや三井住友カード Aは18歳~19歳の未成年の方でも大学生・専門学生、短大生といった学生の方でも、特に問題なく取得することができます。

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険の違い

三井住友カード エグゼクティブは最高4,000万円の海外旅行傷害保険と最高3,000万円の国内旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。また、三井住友カード エグゼクティブの海外旅行傷害保険には家族特約が付帯されていますので、三井住友カード エグゼクティブに入会することでご家族も手厚い補償が受けられるようになります。

クラシックカードは最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。三井住友カード Aは最高2,500万円の海外旅行傷害保険と最高2,000万円の国内旅行傷害保険が付帯されています。

旅行傷害保険は、クラシックカード⇒三井住友カード A⇒三井住友カード エグゼクティブの順番で補償内容が充実しますので、手厚い補償を受けたいという方は三井住友カード エグゼクティブがおすすめです。

ドクターコール24の違い

三井住友カード エグゼクティブは24時間・年中無休で医師に電話無料相談ができるドクターコール24が利用できます。クラシックカードや三井住友カード Aにはドクターコール24は付帯されていませんので、ドクターコール24を希望する場合は三井住友カード エグゼクティブに入会することになります。

三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードはどっちがおすすめ?

三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードはどっちがおすすめ?三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードの最も大きな違いは「年会費」と「旅行保険」です。

三井住友カード エグゼクティブは年会費3,000円のクレジットカードとなりますので、一般カードとゴールドカードの中間に位置するクレジットカードです。クラシックカードと三井住友カード Aは条件を満たすことで年会費を無料にすることができますので、最もスタンダードな実質年会費無料のクレジットカードとなります。

では、三井住友カード エグゼクティブとクラシックカードはどちらがおすすめなのかとなりますが、旅行が好きな方や仕事で出張が多い方は三井住友カード エグゼクティブがおすすめです。また、結婚しているビジネスマンの方にも三井住友カード エグゼクティブはおすすめのクレジットカードと言えます。

三井住友カード エグゼクティブは手厚い補償が受けられるクレジットカード

三井住友カード エグゼクティブは、海外旅行・国内旅行のどちらにも旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。三井住友カード エグゼクティブは家族特約も付帯されていますので、格安な年会費で非常に手厚い補償が受けられるクレジットカードとなります。

クラシックカードは最もスタンダードなクレジットカード

三井住友カード(旧クラシックカード)は10代の方でも学生の方でも、あるいは40代~50代以上の方でも、どなたでも申し込みを行うことができる最もスタンダードなクレジットカードです。

また、クラシックカードは実質年会費無料でポイントや旅行傷害保険などの優待特典がバランスよく利用できるクレジットカードです。信頼性やステータス性、セキュリティ面にも優れたクレジットカードとなりますので、初めてクレジットカードを作るという方にも最適です。

三井住友カード(旧三井住友VISAカード)は安心・信頼の世界ブランド

三井住友カード エグゼクティブは最高クラスの充実した付帯サービス

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ